女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

鉄欠乏性貧血を改善する7つの方法【原因と症状チェック】

      2015/11/29

女性ホルモン向上ラボ

普段の生活のなかで、『なんとなく疲れやすい』『なんだか気分がすぐれない』と感じてはいませんか?
これは、実は貧血の初期症状の可能性が高いんです。

 

貧血というと、めまいや立ちくらみなどのイメージが強いものですが、このようなはっきりした症状でなくても、なんとなくダルさを日々感じていたり、集中力がなくなったりと自分では自覚がないまま貧血が悪化していく女性もたくさんいます。
自分は貧血と関係ないと思っていても、血液検査などで貧血と言われて驚く女性も少なくはありません。

 

今回の記事では、貧血(鉄欠乏性貧血)になってしまう原因と、その貧血を改善して治していくための方法についてまとめました。
女性に多い貧血を早期に改善、予防して健康的な美しさを手に入れましょう!

 

スポンサーリンク

あなたは大丈夫?貧血の症状をチェック!

女性ホルモン向上ラボ

まずは、あなたも無意識のうちに貧血になっていないか、重症化していないかをチェックしていきましょう。

  • 疲れやすい、だるい
  • 気分がすぐれない
  • めまいがする
  • 動悸、息切れがする
  • 頭が重い、頭が痛い
  • 食欲不振
  • 顔面が青白い
  • 爪が白っぽい
  • まぶたの裏が白っぽい
  • 微熱がある
  • 舌や喉が荒れる

 

顔が青白くなったり、まぶたの裏が白っぽくなるなど、典型的な症状が出ている場合は、かなり貧血が進行している状態です。

 

 

どうして貧血になってしまうの?

貧血の原因①:生理

女性ホルモン向上ラボ

鉄分の不足によって起こる鉄欠乏性貧血になるのは、圧倒的に女性が多いと言われています。
その原因のうちの一つが『生理』。
生理によって、私たちはほぼ毎月鉄を排出しています。
子宮筋腫がある人は、出血量がさらに増えることにもなります。
また、月経血が多量に排出される月経過多(過多月経)の人も、貧血になりやすいです。

 

 

貧血の原因②:妊娠、授乳

女性ホルモン向上ラボ

妊娠中には、胎児へ鉄分を供給するために母体の鉄分が不足気味になります。
また、授乳中も母乳の中に鉄分が含まれており、赤ちゃんへ鉄分を供給するために、お母さん側は貧血になりやすいです。

 

 

貧血の原因③:偏食やダイエット

女性ホルモン向上ラボ

炭水化物や脂肪を極端に減らした食事は、タンパク質がエネルギー源として消費されるため、栄養バランスが崩れ、貧血が進行または悪化する原因となります。
また、現代女性は仕事や育児、家事など時間に追われることも多くなり、インスタント食品などの加工食品をとりすぎている傾向があります。
これも、鉄分不足を引き起こす要因になっています。

 

 

貧血の原因④:婦人科系や消化器系の病気

稀ですが、婦人科系や消化器系のがん、血液の疾患がある場合にも貧血がおこる場合があります。
その場合は、その病気に対する治療が必要になるため、気になる方は医療機関を受診して検査をしましょう。

 

 

 

 

 

低血圧と貧血の違いは?

女性ホルモン向上ラボ

疲れやすかったり、めまいがしたり…と、低血圧と貧血は症状も言葉も似ているため、混同している人も多いようです。
ですが、低血圧と貧血はまったくの別物なんです。

 

血液を赤くしているヘモグロビンの不足によって引き起こされるのが貧血(鉄欠乏性貧血)。
ヘモグロビンは、血の流れとともに、体の隅々まで酸素を運ぶ重要な役割を担っています。
ヘモグロビンが減ると、それにともなって、体内の酸素が不足して貧血が起きてしまいます。

 

そして、心臓から流れ出る血液の圧力がひくいものが低血圧。というわけです。
『脳貧血』という言葉があるのですが、これは低血圧の一種。
貧血という言葉が入っているため、誤解する人が多くなるんですよね。
脳貧血は、自律神経のバランスが崩れ、調節がうまくいかず、一時的に脳に送られる血液の循環がストップ、もしくは少なくなってしまうために、めまいや立ちくらみが起こります。

 

貧血か低血圧か。
自分で判断が難しいと感じる場合は、一度医療機関で検査をして、原因を調べてみるのもおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

 

貧血を改善する7つの方法

 

それでは、本題の貧血を治す方法を7つに分けてお話ししていきます。
これを実践すると、貧血の改善だけではなく、今後の貧血予防にもなるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

貧血を改善する食事方法

女性ホルモン向上ラボ

 

規則正しい食生活を

食事の改善が貧血対策の基本中の基本。
無理なダイエット、朝食抜き、偏った食事内容はもうやめましょう。
3度の食事をバランスよく適度に摂取することが基本です。

 

特に、インスタント食品や、加工食品は、栄養バランスを崩す元になるので避けます。
美容にも良くないものですからね。
出来るだけ、外食やお惣菜の購入は控えて、手作りでバランスのとれた食事を心掛けましょう。

 

 

貧血に効果的な食べ物

バランスのとれた食事を、といってもなかなか難しいと感じる人もいるかと思います。
ヘルシーだからと、野菜中心の食事になってしまうと、鉄不足になりがちに。

 

この場合は、血のもとになる動物性たんぱく質の摂取が重要です。
鉄が多く含まれ体内への吸収率が高いのは、レバー、牛乳、卵、貝類です。

 

また、植物性タンパク質もおすすめです。
大豆やその加工品が特に効果的です。

 

また、同時にビタミンCを摂取することで、鉄の吸収率が高まります。
キャベツやブロッコリーなどの野菜にビタミンCが含まれているため、それらも一緒に食事に取り入れると貧血の改善に効果があります。

 

 

香辛料で鉄の吸収アップ

香辛料や薬味は胃液の分泌を高める作用があります。
それによって、鉄の体内への吸収が効率的になりやすい特徴があります。
また、貧血の女性の中には、食欲不振の場合も多いので、ハーブ類やコショウ、しょうがなどを上手に取り入れるのも効果的ですよ。

 

 

鉄製の鍋で料理作り

鉄製の鍋やフライパンを使って肉や野菜を料理するのも貧血の改善につながります。
鍋やフライパンの鉄分が、調理中に食べ物にも吸収されるので、そのまま体内へ取り込むことができます。
ちょっと古風ですが、鉄瓶でお湯を沸かして飲むのも、鉄分が溶けだすので効果的です。

 

 

食後のティータイムは30分後に

女性ホルモン向上ラボ

食事は、よく噛んで食べると、胃液の分泌が高まり、鉄の吸収を高めます。
腹八分目を心掛け、アルコールの飲みすぎにも注意が必要です。

 

また、食後のコーヒーや紅茶、緑茶は食後30分おいてからにしましょう。
お茶の中に含まれるタンニンという成分は、鉄の吸収を妨げてしまう働きがあるためです。

 

食後すぐに水分をとりたい場合は、これらを避けるようにしてください。
また、下記にタンニンを含まないハーブティーを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

 

ストレスをためない

女性ホルモン向上ラボ

ストレスは、胃腸の働きを低下させ、食欲不振を加速させてしまいます。
この状態では、鉄分たっぷりの食事もとれないですよね。
食事中は楽しい会話を心掛け、ゆったりとした気分で食事を楽しみましょう。

 

 

鉄分を豊富に含んでいるハーブティーを飲む

女性ホルモン向上ラボ

先ほど言ったように、食後30分間は、鉄の吸収を阻害する成分であるタンニンを含む、コーヒーや紅茶、緑茶の摂取は避けましょう。
その代わりにおすすめなのが、ハーブティーです。
鉄分やビタミンCが豊富に含まれているハーブティーで、楽しみながら貧血対策が出来ます。
1日3回程度、毎日続けて飲むと、効果が期待出来ます。

  • ネトル
    …鉄分とビタミンCを豊富に含んでいます。ヨーロッパでも、貧血対策として使用されている有名なハーブです。
  • ローズヒップ
    …レモンの約30倍ものビタミンCが含まれているとも言われるハーブ。貧血対策としてだけでなく、美肌効果もあり。
  • アルファルファ
    …鉄、ミネラル、カルシウム、マグネシウムなど様々な栄養素が豊富に含まれているハーブです。アンチエイジング効果もある若返りハーブとしても有名です。

 

 

 

貧血に効果のある漢方薬で改善

女性ホルモン向上ラボ

漢方薬を処方する東洋医学の世界では、貧血がおこる原因として、栄養不足、胃腸の消化吸収の不良、過多月経などによって、血が不足する血虚(けっきょ)の状態だと考えられています。
漢方薬で改善したい場合は、長期間にわたって根気よく体質を改善する必要があります。
これまで挙げた改善方法と併用すると、効果的です。

 

では、貧血の症状別におすすめの漢方薬をご紹介します。

疲れやすく、顔色が悪い人には『十全大補湯』

体力が衰えている人におすすめなのが、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)です。
この漢方薬に使われている生薬の地黄、芍薬は、いずれも血を補う作用があり、大病後の体力回復にも使用されている漢方です。

 

疲れやすく、食欲不振の人には『四君子湯』

体力が弱く、食後に胃もたれや下痢などがある人には、消化不良による胃腸の調子を整えてくれる作用のある四君子湯(しくんしとう)がおすすめです。
四君子湯には、余分な水分を取り除いてくれる働きもあり、全身のバランスが整うことで、体内の消化吸収機能が改善されます。

 

食欲不振、不眠、不安感がある人には『加味帰脾湯』

加味帰脾湯(かみきひとう)には、貧血の症状を改善するだけでなく、精神的な興奮を抑える作用もあります。

 

月経量が多い、もしくは冷えがある人には『当帰芍薬散』

冷えや、月経不順を中心とした体調不良にともなう諸症状には、婦人科系の疾患の多くに使用される当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)がおすすめです。
婦人科系の疾患に処方される代表的な漢方薬で、血を補い、体の余分な水分を排出してくれ、体を温めてくれる作用があります。

 

 

 

さいごに

いかがでしたか。
この記事を読んでいただいている方の中には、なんとなく貧血かな?という人から、貧血が悪化していると自覚がある人まで様々だとは思いますが、改善方法は基本的には同じです。
日常生活に支障がある場合は、医療機関で鉄剤を処方してもらったり、サプリメントで鉄分を補うのが手っ取り早いとは思いますが、基本は普段の生活です。
日頃の行動の中で、貧血は改善することは可能ですので、女性は特に鉄分には気を配りたいところですね。
今回紹介した改善方法が、少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 - 女性の健康【その他】, 生理前・生理中の不調改善 , , , , ,