美容特集

【セラミドの保湿効果】種類を上手に選んでシワや乾燥が気にならない美肌に

投稿日:

乾燥で肌がカサカサの砂漠状態では、せっかく綺麗にメイクをしてもメイクのりが悪くなって台無し。それだけでなく、シミやシワなどのエイジングトラブルも乾燥が原因で起こることも。

乾燥対策の第一歩として、肌の保湿に欠かせない成分についてしっかり知っておくことは大切です。

 

どのような成分が肌を潤すのか知ることで、正しい化粧品選びができますよ。今回のテーマは、保湿成分の一つのセラミド。身近な保湿成分として愛用している方も多いかと思いますが、そのセラミドにもいくつも種類があり、その保湿効果も違ってきます。

セラミドの効果と、その上手な取り入れ方についてお話していきます。

 

スポンサーリンク

 

肌のカサつきが止まらない!原因はセラミド不足かも?

女性ホルモン向上ラボ

肌が乾燥する主な原因は、外部からの刺激と水分不足です。外部からの刺激というのは、紫外線、冷房による乾燥した空気、摩擦など。水分不足は肌内部の水分が足りなくなることで起こります。

肌内部には、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、セラミドという保湿成分が含まれており、それぞれが肌の潤いをキープするための役割を果たしています。

 

中でも、セラミドは高い保湿性の高い成分です。保湿ケアはしっかり行なっているのに、乾燥肌が改善されないという方は、セラミドをはじめ肌の保湿成分が減少または不足しているのかもしれません。

 

 

肌の潤いに欠かせない成分セラミド

女性ホルモン向上ラボ

セラミドの役割

肌内部にある保湿成分には、以下の三つの働きがあると言われています。

  • 水分を肌内部にある層の間にはさみ込む
  • 水分を抱え込む
  • 水分を吸着する

この三つの働きにより、肌の潤いがキープされているのです。

 

セラミドは、水分をはさみ込む働きをします。肌の一番上にある層、角質層でセラミドが層を作り、水分をサンドイッチのようにはさみ込んで水分をキープするというメカニズムです。

この働きは保湿成分の中で最も水分キープ力が強いと言われているので、保湿ケアアイテムを選ぶときはセラミドが配合されているかどうかを基準にすると良いでしょう。

 

セラミドの種類

女性ホルモン向上ラボ

セラミド入りのアイテムを選ぶときに、どのようなセラミドが使われているかをチェックしてみてください。セラミドは、大きく分けて四つの種類があり、それぞれ異なる特徴があるのです。

天然、合成、ヒト型、植物性の四つの種類、それぞれの特徴を以下にまとめました。

  • 天然セラミド…動物由来のセラミド。原料は主に馬の脳や脊髄で、肌に浸透しやすいと言われています。
  • 合成セラミド…科学的に合成したセラミド。肌内部にあるセラミドの構造とは異なります。安価に大量生産ができるため、多くの化粧品に使用されています。
  • ヒト型セラミド…酵母を原料に作ったセラミド。肌内部にあるセラミドと構造が同じと言われており、保湿力や浸透力が高く、刺激が少なく肌に優しいという特徴があります。
  • 植物性セラミド…コメなどの穀物、こんにゃくを原料に作られるセラミド。アレルゲンになりにくいと言われています。

 

上の四つのセラミドの特徴をご覧になって、どのセラミドが乾燥対策に有効かお分かりになると思います。特に有効であると考えられるのは、ヒト型セラミドまたは天然セラミドです。

ヒト型セラミドには、セラミド1とセラミド6の二つの種類があります。1は保水効果と刺激から肌を守るバリア機能を高める効果、6は保水効果と肌のターンオーバーを促進させる効果があると言われています。

乾燥対策にセラミド配合のアイテムを選ぶ際は、成分表示を見てどのようなセラミドが配合されているのか、チェックしましょう。

 

セラミドの成分表示を覚えておこう

セラミドは成分表示では表記が異なります。

以下を参考に、気になるアイテムの成分表示をチェックしてみましょう。

  • 天然セラミド→ウマスフィンゴ資質
  • ヒト型セラミド→セラミド1はセラミドEOP、セラミド6はセラミドAP
  • 合成セラミド→セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド
  • 植物性セラミド→コメヌカスフィンゴ糖物質

 

 

セラミドが減少する理由

肌内部にあるセラミドをはじめ、保湿成分は様々な原因で減少してしまいます。保湿成分の減少は乾燥、たるみを引き起こすので原因を知り、しっかりと対策しましょう。

加齢によるセラミド量の減少

女性ホルモン向上ラボ

年齢を重ねるにつれて減少するセラミド。40代になる頃にはおよそ半分が失われると言われています。

セラミドが減少すると肌の保水機能が衰えて乾燥が進み、たるみやシミ、シワなど様々な肌のエイジングトラブルの原因になってしまうのです。

それを防ぐために、セラミドの減少に合わせて化粧品でセラミドを補いましょう。セラミドは角質層にある成分なので、他の保湿成分と比べて角質層に浸透しやすいので、不足した分のセラミドを化粧品で補えることが可能なのです。

 

ターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバー(生まれ変わり)が不規則な生活習慣や食生活で乱れると、セラミドの生産がスムーズに行われなくなります。朝はできるだけ早く起きて陽の光を浴び、夜はしっかり入浴してぐっすり眠る。これだけで乱れたターンオーバーが修復されやすくなります。

特に眠りの質を高める努力は大切です。就寝後3時間の眠りの質が高ければ、成長ホルモンの分泌がスムーズに行われ、セラミドをはじめ肌内部の様々な成分の生産、ダメージの修復を進めます。

就寝前はアロマや音楽などでリラックスできる環境を作り、神経を落ち着かせて過ごしましょう。

 

間違ったスキンケアしてない?

無意識にしてしまっている人が多いのが、過度な摩擦をともなうスキンケア。少ない泡でゴシゴシ洗顔、化粧水をパンパン叩き込む、保湿クリームでグリグリ過度なマッサージ…。そのようなスキンケアはセラミドにも悪影響を与えてしまいます。

強い摩擦を与えると、角質層がダメージを受けて角質層にあるセラミドが洗い流されてしまうのです。

洗顔はたっぷりの泡で優しく行ったり、スキンケアはオールインワンジェルを使って肌への摩擦回数を最低限にする…これだけでもかなり違ってきます。

乾燥が気になる場合は、朝はぬるま湯だけで洗顔し、夜のみ洗顔料を使用するのもオススメです。

 

 

保湿ケアにはセラミド配合アイテムをチョイス!

女性ホルモン向上ラボ

加齢と共に減少し、ターンオーバーの乱れでさらに不足しやすくなるセラミドは、日頃のスキンケアで積極的に取り入れたい成分の一つです。

スキンケアアイテムを選ぶときに、セラミドが配合されているかどうか。配合されているセラミドの種類は何か。しっかり吟味して選びましょう。

化粧品を選ぶときは口コミを参考にすることが多いと思いますが、それ以外にも成分表示を見てどのような有効成分が配合されているのかを理解することが大切なのです。

 

セラミドの高い保湿効果で乾燥を防ぐ

セラミド配合の化粧品は様々なものがありますが、どのようなセラミドを配合しているのか成分表示をしっかり表示しているメーカーを選びましょう。

セラミド配合といっても、保湿力が比較的弱い合成セラミドを配合しているだけかもしれません。高い保湿効果を期待するなら、天然セラミドやヒト型セラミドを配合しているものを選んでください。

 

女性ホルモン向上ラボ

私が現在愛用中のオールインワンジェルにも、ヒト型セラミドが配合されています。

こちらのメディプラスゲルは、3種類の高濃度セラミドの他にも、3種類のヒアルロン酸、2種類のコラーゲン、プラセンタエキスなどの保湿成分など、美容成分がたっぷり66種類も配合されています。

 

しかも、オールインワンジェルなので洗顔後はコレ1本でスキンケアが完了。1本でしっかり保湿!乾燥に負けない肌にしてくれるんです。摩擦による肌ダメージを軽減できるのでしっかりエイジングケアをすることが出来ます。

特に嬉しいのがお手頃なお値段。2か月分の容量で通常価格3,996円(税込)とこれでも安いんですが、初回は1000円オフ2,996円(税込)とさらにお得に購入できるんです。

あれこれ化粧品をそろえることなく、メディプラスゲルだけでスキンケアを完了できるので、1ヵ月あたりのスキンケア代が1,498円となりお財布にも優しいですよね。

 

もちろん、コスパだけでなく使い心地や実力も◎。オールインワンジェルにありがちな重いテクスチャーでなく、軽い使い心地なのが個人的にはツボ。しかもしっかり潤い肌に変化していくのを実感できるのは、高濃度セラミドをはじめとした美容成分のおかげ。

レビュー記事も掲載していますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

>>>初回限定1,000円引き!メディプラスゲル

 

 

セラミドを増やす食材を摂って内側から保湿ケア

スキンケアアイテムだけではなく、普段の食生活でもセラミドを取り込むように意識しましょう。

セラミドを豊富に含む食品、セラミドの生産をサポートする食品を積極的に摂取してください。当然ですが、特定の食品ばかり食べるのはNGです。栄養バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

 

  • セラミドを豊富に含む食品…生芋こんにゃく、コメ、小麦、大豆、牛乳
  • セラミドの生産をサポートする食品…玉ねぎ、白菜、人参、トマト、カボチャなど緑黄色野菜

 

 

スキンケアと規則的な生活習慣で肌の潤いをキープ!

女性ホルモン向上ラボ

セラミドの効果から取り入れ方まで解説しましたが、いかがでしたか?

意識しなければ年齢とともに失われてしまうセラミドですが、スキンケアや食生活で取り入れるように意識したり、セラミド減少を招く日頃の行動を改善すれば肌の潤いはキープできます。

肌内部のセラミドを守りながら、不足しないように日々の生活で積極的に取り入れていきましょう。

 

バナー原稿imp

あなたにオススメの記事

-美容特集
-, , , ,

Copyright© 女性ホルモン向上ラボ , 2017 AllRights Reserved.