女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

末端冷え性を改善するお灸のツボはここ!ホルモンバランスも整える

      2015/11/29

これから冷え性の女性にとっては辛い季節ですね。
特に、末端冷え性に悩んでらっしゃる方はいませんか?

 

私も、昔からつま先の冷えに悩んでいた一人です。
冷え切ると、痛みさえも感じてしまいますよね。

 

オシャレのためだったり、仕事柄しょうがなく、冬でもヒールのブーツやパンプスなどを履いている女性も多いと思います。
そのまま我慢するのは、冷え性を悪化させることにもなりかねません。

 

今回の記事では、末端冷え性の方におすすめのお灸のツボを、4つご紹介します。
もちろん、お灸が怖いと感じる方もいると思いますので、その場合は指でゆっくり押したり、ドライヤーの温風でツボを刺激するだけでも効果はありますよ。

 

初心者さんは、お灸のやり方については、こちらの記事『お灸女子のすすめ』を参考にしてみてくださいね。
では末端冷え性の改善に効果のある、お灸のツボを見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

三陰交(さんいんこう)

冷え性お灸ツボ

 

内側のくるぶしから指4本分上にあるツボ。

この三陰交は、ホルモンバランスの調整をしてくれるツボ。
骨盤内の血流をよくして、体の中から温めてくれます。

子宮や卵巣も温めてくれるため、冷え性だけでなく生理痛や更年期症状も緩和してくれます。

 

 

血海(けっかい)

冷え性お灸ツボ

膝のお皿の骨(膝蓋骨)の内側の上から、指3本分のところにあるツボ。

血海は、血液の流れを改善してくれるツボ。
冷えで滞った血液の流れを改善し、全身に巡らせる効果があります。

そのため、冷え性だけではなく、生理痛やのぼせの改善にも効果のあるツボです。

 

 

照海(しょうかい)

冷え性お灸ツボ

内くるぶしの真下の、親指1本分下のくぼみ。

照海は自分で体を温める力をつけてくれるツボです。

腎臓も温めてくれる効果もあるため、腎臓と関係する『水』の代謝を高めてくれます。
それにより、冷えとむくみを同時に改善してくれるツボです。

 

 

湧泉(ゆうせん)

冷え性お灸ツボ

足の人さし指と中指の骨の間で、少しくぼんでいるところ。

湧泉という漢字からも分かるように、エネルギーが泉のように湧いてくるという意味のツボ。
内臓を活性化させ、全身の代謝をアップしてくれます。

 

 

まとめ

冷え性お灸ツボ

いかがでしたか?

この4つのツボを覚えれば、末端冷え性の改善に効果があるだけでなく、全身の冷えも取ることができます。
体の冷えをそのままにしておくと、代謝が落ち、脂肪がもえにくくなり、太ってしますことも。
女性としては、これは嫌ですよね。

 

また、お灸は全体のバランスを整えるという東洋医学を元にしています。
お灸をすることによって、自律神経や女性ホルモンの乱れを整えることが出来るのです。

 

お灸は自宅で気軽に出来る、健康・美容の方法です。
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

 

【こちらの記事も参考にどうぞ】

 

スポンサーリンク

 - 女性の健康【その他】, 生活で女性ホルモンアップ , , ,