女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【カラーヒーリング】色のパワーを味方にして心を元気に!キレイに!

   

女性ホルモン向上ラボ

あなたは、何色が好きですか?
その好きな色を身につけることで、気分が良くなったり、やる気が満ちてきたりしませんか?
実は、色にはそれぞれ、隠された力、パワーがあるんですよ。
色を上手に使って、毎日の生活を快適に過ごしてみませんか?
それには、カラーセラピーがオススメです。
カラーセラピーとはどのようなものか、詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク



 

カラーセラピーとは?

女性ホルモン向上ラボ色は、“光の波動”とも言えます。
波長が長い『赤』から、短い『青』や『紫』まで、つまりは光の波動数の違いが色の違いということになるのです。

 

この光の波動は、私たちの身体の細胞の振動と響き合って、体調や精神状態にも影響を与えることが分かっています。
『カラーヒーリング』は、波動が身体に与える影響を利用して、身体に負担をかけることなく心身を癒すもの。
その時々に合った色を、“着る”、“塗る”、“食べる”ことによって、体調をととのえ、気持ちを変えることに効果を期待出来るのです。

 

色を味方につけると、自分自身が外部から受ける刺激をコントロールしたり、相手に与える刺激もコントロール出来るようになります。
それによって、ストレスや不安の少ない生活を送れるようになってきますよ。

 

 

カラーヒーリングをスタートしよう!

では、カラーヒーリングをスタートするために、まずは様々な色のパワーを知りましょう。
今のあなたに必要な色が見つかると思いますよ。

 

『ピンク』で幸せな気持ちに

女性ホルモン向上ラボ

 

おだやかで、満ち足りた気分を作ってくれるのが『ピンク』。
ピンクから赤紫にかけてのカラーは、女性ホルモンの分泌を促進させます。
また、β-エンドルフィンやドーパミンなど、快感をもたらすホルモンの分泌も盛んにしてくれる効果も。

 

ピンクを使うことで、周囲の人や物に優しく接することが出来るようになりますよ。
また、母性本能も刺激されるため、人を励ましたり愛を伝える気持ちを作りやすくなります。

 

病気の時や、体調が優れない時にも、ピンクはオススメの色です。
パジャマやベッドのシーツ、枕カバーにピンクを取り入れてみたり、ピンクの花を飾ることも、幸福感を感じるため、回復が促されます。

 

 

『ブルー』で休息を

女性ホルモン向上ラボ

短い波長の光である『青』は、私たちの心身を穏やかにし、高ぶった神経や筋肉をしずめてくれる働きがあります。
人間の身体には、一日の活動と休息のリズムをきちんと作ってあげることが、精神面でも健康面でも重要です。
そのリズムを作り出すのに、青は不可欠な色であるといっても過言ではありません。

 

青は副交感神経に作用して心身をリラックスさせ、ストレスや疲れを和らげてくれる働きがあります。
また、痛みの感じ方を弱めることも可能です。
余計な緊張を取り除き、睡眠へ入りやすくしてくれるので、寝る1~2時間前に青いものを見ると、安眠できるようになりますよ。

 

 

『グリーン』で治癒力をアップ

女性ホルモン向上ラボ

グリーンも、青と同じく休息の色です。
グリーンのものを取り入れたり、植物の多い環境に身を置くと、心が穏やかになっていくのが実感できるでしょう。
グリーンは、目のピントが合いやすい色です。
肩こりや身体の血行を良くする働きもあります。

 

穏やかで、優しい気持ちになれるので、家族やパートナーとの関係がうまくいかないときに、グリーンのアイテムを使うと、自然と譲り合う気持ちが生まれて来ます。
グリーンがあることで、お互いに折り合いが付けられるようになりますよ。

 

『紫』で回復を促して

女性ホルモン向上ラボ

私たち人間は、体調が低下すると、紫色(パープル)が『見ていて気持ちの良い色』になってきます。
ストレスなどで傷ついた細胞を修復するのに、紫を見ることの刺激は大変有効です。
なんとなく、調子が悪い時には、紫色の花を飾ったり、なすやブドウなどの紫色の食べ物を食べたりと、衣食住で使ってみるのもオススメです。

 

 

『白』で心を浄化

女性ホルモン向上ラボ

白には、『浄化』の役目があります。
嫌な出来事を忘れたい時、精神力を強くしたい時に有効なカラーです。
また、目標に向かって頑張りたい時にも、白はオススメな色です。

 

白い下着や洋服を身につけたり、白い紙に目標を書くのも、効果的でしょう。
また、『白すぎる白』だと、疲れ気味の人には少々刺激が強い場合も。
そんな時には、オフホワイトやアイボリーで代用するのも可能ですよ。

 

 

『オレンジ』で前向きな心に

女性ホルモン向上ラボ

人を積極的にしてくれる『赤』と、明るく知的にする『黄色』が混ざった色がオレンジです。
オレンジは、あなたを明るく前向きにしてくれる効果があります。

 

明るくなりたい、もっと行動的になりたい、人に好かれたいと思ったら、オレンジ色のアイテムを身につけてみましょう。
また、オレンジ色の食べ物にも、同じ効果があるので、オススメですよ。

 

 

『ワインレッド』で人をねたむ気持ちを消して

女性ホルモン向上ラボ人をうらやんでしまったり、妬んでしまったりする気持ちは、誰しもが持っているものです。
でも、そんな気持ちを持ってしまった自分を、『なんて嫌な人間なんだろう』と責めたりしていませんか?

 

そんな気持ちを持ってしまった時には、ワインレッドやえんじ色を使って気持ちを切り替えてみましょう。
一人になって、ゆったりと自分に向き合える時間にワインレッドを使うと、より効果がアップします。
バスグッズやトイレの小物などに取り入れるのもオススメです。
くすんだ赤が、あなたのイライラや妬み、そねみを吸い取ってくれますよ。

 

スポンサーリンク



 

黒やグレーばかり使うのは避けて!

女性ホルモン向上ラボ黒やグレーの服ばかり着ていたり、黒やグレーの小物類ばかり揃えている人も多いのでは?
黒は落ち着きたい時に、グレーは刺激を和らげたい時に、ベージュはリラックスするのにそれぞれ有効なカラーです。

 

ですが、これらの色ばかり使っていると、実は弊害の方が大きくなりがち。
黒ずくめの人は孤独を好み、気分が高揚しなくなってしまいます。
また、グレーは無気力になってしまうことも。
下着にベージュを取り入れている人は、リラックスし過ぎて心身ともにオバサン化が進んでしまいますよ。
普段着ている服の色も、意識してみるといいですよ。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
色の持つパワーが理解できれば、あとは実際に生活の中に取り入れていくだけです。

 

自分をいたわるために、食事や睡眠時間に気を配るのと同じように、周りを取り囲む色にも気を配ってみてください。
色は、皆さんが思っている以上に、身体の奥深くにまで関わっており、体調を左右するだけでなく、心も癒してくれる存在です。
カラーヒーリングについての書籍も、出版されていますので、本格的に実践してみたい方は参考にしてもいいかもしれません。

バーゲンブック / 住まいのカラーヒーリング / キャサリン・カミング / 住まい・インテリア…

今よりも、もっと魅力的な女性になるために、もっと毎日をハツラツと過ごすためにも、色を使ってみましょう!

 

 

 

 

スポンサーリンク



 - 生活で女性ホルモンアップ, 美容特集