女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【更年期障害】めまいの症状 自分のタイプに合わせた改善方法

      2015/11/29

『めまい』も主な更年期障害の一つです。なかには、いつどこでふらつくか分からないからと、外出が怖いと訴える女性もいます。

『電車をホームで待っているときにめまいが起こったら…』、『外で具合が悪くなったら、人様に迷惑がかかるんじゃ…』と考えてますます外に出なくなることも。
更年期に多いめまいの症状は、ストレスや自律神経の乱れからくる脳の血行不良が原因と考えられています。
今回は、自分のめまいの原因を把握し、それに対してどのような改善方法をとっていけばいいのか、お話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

あなたのめまいタイプは?

女性ホルモン向上ラボ

3種類のめまいのタイプがあるということはご存知ですか?
めまいには、天井がグルグル回るような感覚の『回転性めまい』と、ふわふわ浮いた感覚になる『浮遊性めまい』、目の前がスーッと暗くなる『立ちくらみ』があります。

 

回転性めまい

『グルグルと目がまわる』『ぐらぐらと頭がゆれる』そう感じるのがこのタイプです。

 

原因の多くは三半規管にあります。三半規管とは、内耳にある平衡感覚をつかさどる小さな器官のことです。この三半規管に問題が起こると、回転性のめまいが発生します。

 

また、脳に病気がある場合にも、回転性めまいが起こることもあるそうです。

 

浮動性めまい

『船に乗っているみたいにユラユラする』『身体に力が入らなくて、雲の上をフワフワ歩いてるみたい』と感じるのが、こちらのタイプです。

 

過労やホルモンバランスの崩れによって自律神経が乱れると起こりやすいと言われているめまいです。精神的要因が関係しやすいことから、心因性のめまいと呼ばれることもあります。

 

立ちくらみ

『急に立ち上がるとクラクラする』『目の前がスーッと暗くなったように感じる』となるのがこのタイプです。

 

貧血や低血圧など、血液の循環が悪い人に起こりやすいめまいです。
更年期の女性の中には、生理中の出血量が多くなったり、生理の頻度が多くなる人もいます。そのような人は貧血になりやすいので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

めまいの改善方法

 

めまいが起きたら、すぐに楽な姿勢で安静に

女性ホルモン向上ラボ

クラっと来たら、無理に動かずその場にしゃがむか、手すりなどにつかまりましょう。交通の多い道や人込みなどで危険な場合は、安全な場所に移動してください。

 

そして、なるべく頭を動かさないようにします。横になれる場所があれば、横にさせてもらいましょう。自分が楽になる姿勢や態勢が分かっていれば、一番楽な姿勢になりましょう。
もし、めまい以外に次のような症状があらわれたら、速やかに病院を受診しましょう。

 

  • めまいが20~30分以上続く
  • ひどい頭痛をともなう、もしくは頭痛が悪化している
  • 手足のしびれや麻痺がある
  • ろれつが回らない
  • ものが二重になって見える
  • 意識がもうろうとする

 

普段から脳の血行を良くしよう

女性ホルモン向上ラボ

 

脳には、全身の血液のうち15%が流れていると言われています。かなりの量ですよね。
つまり、脳の血行をよくするには、全身の血行を良くすればいいわけです。

 

運動をしたり、入浴をしたり、足湯をしたり、温かい服装にしたり、ストレスをなくしたり…。また、頭を良く使って脳を活性化することも、脳の血行をよくする方法のひとつです。

 

身体の血行を良くする方法は、こちらの記事
手足のほてりは冷えが原因!改善方法をご紹介
女性ホルモンも関係している冷え性 原因と対策を知って今年の冬は快適に!
で詳しくお話ししていますので、参考にしてみてください。

 

めまいの原因になっている病気を治す

女性ホルモン向上ラボ

もし、あなたが不整脈や貧血、高血圧、難聴、脱水などめまいを引き起こす病気を患っていた場合には、まずそれを治療しましょう。
また、降圧剤や利尿剤、向精神薬などの副作用にめまいがあります。服用している薬で疑わしいものがある場合は、医師や薬剤師に相談をしましょう。

 

症状がひどいときは外出を控える

めまいが頻繁に起きていたり、ふらつきが酷い日は外出を控えましょう。
車やバイク、自転車での事故は自分だけでなく、人を巻き込んでしまう可能性の高いものです。絶対、やめましょう。

 

スポンサーリンク

 - 更年期症状とその改善法 , ,