女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【ガッテン】血液のチカラ向上!1日30分有酸素運動で血栓を溶かす

   

女性ホルモン向上ラボ

5月11日放送のNHK『ガッテン!(旧ためしてガッテン)』で紹介された、『血液のチカラ向上作戦!脳梗塞・心筋梗塞で死なないために』について詳しくお伝えします!

 

私たちの血液の驚きのパワーは、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす恐ろしい血栓をキレイに溶かして命を守ること。
今回、ガッテンでは健康を支える血液のチカラの向上の秘訣が徹底紹介されました。

 

実は、『あること』を心掛けるだけで、血栓を溶かすパワーが急激に向上するらしいのです。
では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



 

血栓はなぜ出来るの?

女性ホルモン向上ラボ

血栓で命に危険が!

血栓というワードはよく聞きますが、そもそも血栓とは何のことでしょうか?
血栓とは、その名の通り、血の蓋のこと。

 

血が固まることで血管の中に出来る血栓は、知らず知らずのうちに体の中で成長していきます。
その結果、心臓の血管を塞ぐ心筋梗塞や、脳細胞に回復不能のダメージを与える脳梗塞を引き起こします。
血栓による病気のために、年間10万人もの人が命を落としています。

 

梅干し程度の大きさになる血栓も!

血栓というと、とても小さいものというイメージですよね。
ですが、実は大きめの梅干し程度の大きさになることもあるんです。
これは、心臓の心房室と呼ばれる場所に出来たもの。
この血栓が何かの拍子に、血管にいってしまったらとても危険ですよね。

 

恐怖を感じることで血栓が出来やすくなる!?

女性ホルモン向上ラボ

血栓は、血液がドロドロの人や、生活習慣が乱れている人に出来やすいと思いがちですよね。
ですが、それは間違い!
誰にでも、あることがきっかけで血栓が出来てしまう可能性があるんです。

 

そのあることとは、恐怖
人は強烈な恐怖を感じることで血栓が出来てしまうのだそう。
番組では、お化け屋敷やライオンとの対面での実験がされました。

 

極度の恐怖を感じたあとの血液検査では、血液自体が固まりやすくなり、血栓が出来やすくなっていました。
実験前よりも、実験後の方が30%も血液が固まりやすくなったという結果になったのです。

 

 

血栓の正体ってなに?

女性ホルモン向上ラボ

血栓の元になるものは何?

血栓をには、赤電子顕微鏡で見ると、赤血球の周りに網目状のものが絡んでいます。
この網目状のものは、フィブリンと呼ばれるもの。

 

フィブリンは、元々私たちの血管の中に存在しています。
血管の中で、血管に傷がないかを見回っています。
血管の傷に気付いたフィブリンは、網目状の物質を出して傷口をばんそうこうのようにカバーして手当てをしてくれるのです。
だから、私たちは怪我をしても血液が自然と止まるんですね。

 

一方、フィブリンは恐怖やストレスなどの刺激で固まりやすい性質を持ち合わせています。
私たちの感情が高ぶると、フィブリンは血管の中で血液が固まる物質を放出しやすくなってしまうのです。
喜んでいるときでも、そのリスクはあるのだそう。
アメリカでは、クリスマスの時期に血栓で病院に運ばれる人が多いというデータもあるほどなのです。

 

人間は元々血栓ができやすいメカニズムだった

女性ホルモン向上ラボ

血栓は、生活習慣が偏っていたり、乱れていると出来ると考えられてきました。
もちろん、それも原因のひとつになるものですが、元々血栓ができやすいメカニズムを私たちは持っているということになります。
血栓はフィブリンが働き過ぎることによって、過剰に成長してしまうのです。

 

私たちの祖先が人類の道を歩んでいた太古の時代、祖先たちは自分たちよりも遥かに強い野生動物たちと日々戦っていました。
全身に出来る生傷は絶えることがなく、そこで血液は命を支えるための進化を遂げたのです。

 

血液はケガをする前から危険を察知し、固まる準備をするようになりました。
血が早く止まって戦闘にすぐ復帰できる人が生き残り、それが遺伝して恐怖を感じたりすると血が固まりやすくなったのです。
人間が生き残るための戦術として、このメカニズムが出来たんですね。

 

ですが、現代に生きる私たちにとって、必要以上に血液が固まることは大問題です。
ストレスが多いと感じている人は要注意ですよ!

 

 

スポンサーリンク



 

血栓を溶かす薬&自力で溶かす方法とは

血栓ができた時の特効薬t-PA

女性ホルモン向上ラボ

医療現場で実際に使われている脳の血栓を溶かす特効薬として、t-PAが紹介されました。
正式名称は、ティシュー・プラスミノージェン・アクチベイターです。

 

t-PAは、一度脳に詰まってしまった血栓を溶かして後遺症を防ぐことが出来る特効薬です。
ただし、このt-PAは4時間半以内にしか効果はないため、早めに病院へ行くことが重要になってきます。
1瓶20万円もする高価なお薬でもあります。
命と比較すれば、安いかもしれませんね。

 

有酸素運動で血栓を溶かす!

女性ホルモン向上ラボ

先ほどのt-PAは、実はもともと血管の内側で作られている物質で、血液の中を流れています。
つまり、自力で血栓を溶かす物質を私たちは持っていることになります。
この体内のt-PAを増やすには、運動がポイントになってきます。

 

1日30分の軽い有酸素運動3週間継続するだけで、血栓を溶かす力はアップすることが可能です。
この運動は散歩程度でもOKです。
息が上がらない程度の軽い運動を目安にしてください。

 

番組では、モニターさんたちが軒並み血栓を溶かす力が上昇していました。
一番多い方だと4.2倍に、少ない人でも1.5倍に増えていたという結果になりました。
それまで運動してこなかった人ほど、その効果は大きくなるそうです。
運動を継続することで、血栓を溶かす力も持続するようになってきます。

 

血栓を溶かす力が高まると、けがをしたときに血が止まらないのでは?と思いますよね。
この運動を継続しても、フィブリンの良い働き=傷がついたところでは血液が固まるというのは持続し、必要がないところでは血栓の巨大化を防いで溶かす働きをしてくれるようになります。

 

有酸素運動をすることで、不要な血栓を早く溶かし、健康な血液になれるということですね。

 

ハードな運動ほど血栓を溶かす力はアップ!

女性ホルモン向上ラボ

 

軽い有酸素運動を30分するのがオススメということでしたが、激しい運動をした場合はどうでしょうか?
番組では、ハードな運動をした場合は、21倍にも血栓を溶かす力がアップしたという実験結果がでました。

 

ですが、やはりここに落とし穴があるんです。
実は、強い運動で生まれる血栓を溶かす力の効果は、一時的なのだそう。
そのため、継続した効果を得たい場合には、やはり継続的な有酸素運動が一番になります。

 

体重を減らすことで血栓を溶かす力がアップ

ダイエット 体重

 

ストレスが多い人は血栓ができやすいというお話はしましたが、同じく太っている人も要注意です。
太っている人は血管に炎症が出来ていることが多く、フィブリンが必要以上に働いてしまうのです。

 

体重を1キロ減らすだけで、血栓を溶かす力は2割アップすると言われています。
体重を減らすということも、血液の改善にはとても有効な方法と言えます。

 

また、有酸素運動に最適な時間としては、もしくは午前中です。
この時間帯は血栓症が多い時間なため、起床後コップ1杯の水分を摂り、1時間程度経ってから運動を行うようにしましょう。

 

 

 

 

もっと手軽にサラサラ生活を送りたい!



不足しがちなDHA&EPAを手軽に!サラサラ習慣を始めませんか?<やわた>

 

こちらは、テレビでもお馴染みのやわたから発売されている『やわたDHA&EPA』サプリメント。
年齢とともに気になってくるサラサラ成分ですが、毎日青魚を摂取し続けるのはやはり大変ですよね。

 

やわたのDHA&EPAは、良質なカツオから抽出された高濃度のDHAを配合。
さらに、1日2粒で手軽にサラサラ成分DHAとEPAを400mgも摂取できるので、健康が気になる方々に支持されています。

 

魚よりも肉が好き、生活習慣が気になる、年齢によるうっかりが気になる…という方向けのサプリです。
国産DHAが配合されているというのも、安心して飲めるポイントです。

 

詳しくは、やわた公式ホームページをチェックしてみてくださいね。
>>>【やわたのDHA&EPA】

 

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

 

いかがでしたか?
朝の30分程度の運動…散歩でもいい…。
個人的にはとても嬉しい情報でした!
飼い犬の散歩を毎朝しているので、とても嬉しかったですね。
でも、起床後のコップ1杯の水、たまにしていませんでした^^;
危ないですね~。
みなさんも、血栓を溶かすパワーを手に入れましょう!

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , , , , ,