女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【ガッテン】口内フローラは緑茶うがいで改善!口内環境を整える3つの方法

   

女性ホルモン向上ラボ

11月30日放送のNHK『ガッテン!』で特集された、『口内フローラ 新健康術SP』について詳しくご紹介します!

腸内フローラは聞いたことはあるけれど、口内フローラは初耳!という人も多いのではないでしょうか。
実は、私たちの口の中には善玉菌と悪玉菌が存在しています。

このバランスが崩れてしまうと、心筋梗塞や動脈硬化など命にも関わる病気をも引き起こしてしまうのだとか。
今回番組では、口内フローラのバランスを整える方法について紹介されましたよ。

では、早速詳しくみていきましょう!

 

スポンサーリンク



口内フローラってそもそも何?

女性ホルモン向上ラボ

腸内フローラと口内フローラ

私たちの腸の中には、様々な細菌が存在しているという事実は皆さんもご存知の通り。
食べ物の消化や吸収を助けてくれる一方、そのバランスが崩れると様々な病気を引き起こしてしまいます。

 

腸内フローラのフローラとは、お花畑のこと。
腸内細菌が花畑のように群像している様子から、この名称がつけられました。

 

今回のテーマは、もう一つのフローラ、口内フローラです。
口内にも、腸内と同様に、様々な細菌が存在しています。

 

善玉菌・悪玉菌のバランスが崩れると…

では、口内フローラのバランスが崩れてしまうと、どのような影響が出てくるのでしょうか。
まずひとつめは、血管がボロボロになってしまうこと。

 

  • 脳梗塞
  • 認知症
  • 大動脈瘤の破裂
  • 心筋梗塞
  • がん
  • 糖尿病

 

一歩間違えば命を奪ってしまうこれらの病気は、血管がボロボロになってしまうことが原因です。
その血管ボロボロ現象を引き起こしてしまうのが、口内フローラの乱れ…というわけなんです。

 

 

口の中の最近はとっても重要!

女性ホルモン向上ラボ

口内細菌は体を守ってくれている

私たちの口の中には、約1000億個の細菌が存在していて、種類としては約500種類と言われています。
早く消えて欲しい!と思ってしまいそうですが、それはちょっと違うんです。

 

これらの細菌たちは、口の中に有害なウイルスが入ってきたり、増殖することを防ぐ働きを担っています。
食中毒や肺炎の菌も、口内の細菌たちが追い出してくれているんです。

 

善玉菌・悪玉菌の理想的なバランスは?

身体を守ってくれている細菌は、善玉菌とよばれる菌たちです。
一方、身体に悪さをしてしまう悪玉菌も存在しています。

 

一般的に、健康な人の口内フローラは善玉菌:悪玉菌=9:1となっています。
悪玉菌は1割以下に抑えるのが理想的なのですが、その割合が増えてしまったら…。
詳しくは、次の項でお話ししていきます。

 

 

口内の悪玉菌の増加は病気の引き金に!

女性ホルモン向上ラボ

大動脈に入り込んでいた歯周病菌

口内フローラのバランスが乱れ、口内細菌の悪玉菌が1割以上に増えてしまうと、突然死の引き金になると言われています。
…ちょっと怖い話になってきましたね。

 

この主な原因とされるのが、大動脈です。
丈夫なはずの大動脈がなぜかコブのように膨らんでしまうと、大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)が突然破裂してしまいます。
こうなると、9割の人が命を落としてしまうのです。

 

この大動脈瘤の破裂は、口内フローラの悪玉菌が関係しているのです。
大阪大学歯学部の天野敦雄教授の研究で、大動脈瘤の中に悪玉菌のジンジバリス菌がいることが判明しました。

 

このジンジバリス菌は、歯周病を引き起こす歯周病菌のひとつ。
血管壁の部分がジンジバリス菌の攻撃によって傷んでしまい、やがて大動脈瘤になってしまうと考えられているのだとか。

 

でも、口にいるはずの細菌がなぜ大動脈にいるのでしょうか…。

 

ジンジバリス菌が引き起こす病気とは

先ほどの大動脈瘤以外に、ジンジバリス菌が引き起こすとされている病気が以下のものです。

  • 脳梗塞
  • 認知症
  • 心筋梗塞
  • 肝炎
  • がん
  • 関節リュウマチ

これらはまだほんの一部だと考えられています。
歯周病菌のジンジバリス菌が病気を引き起こすメカニズムは、まだ詳しく解明されていません。
ですが、これだけ多くの病気を引き起こすことから、それ以上の病気でも関わっているかもしれない…と考えられています。

 

スポンサーリンク



 

歯周病菌が体内に入るメカニズムとは?

女性ホルモン向上ラボ

ジンジバリス菌が血管内に入り込むワケ

歯周病菌のジンジバリス菌が多くの病気を引き起こすと聞いて、まずは歯磨きを!と思ってしまいますよね。
もちろん、それは有効なのですが、実はジンジバリス菌は歯を磨かなくても体内には侵入してきません。

 

ジンジバリス菌をはじめとした歯周病菌は、歯と歯の間や、歯と歯茎の間を好む性質があります。
これは、ジンジバリス菌が空気が嫌いなためなのです。
そのため、隙間に隠れようとするんですね。

 

ジンジバリス菌を放置してしまうと、ジンジバリス菌は歯茎を浸食しはじめます。
いわゆる歯周ポケットは、その浸食の跡のことを言うのです。

 

どんどん掘り進めて行くと、どうなるでしょうか?
歯茎の一番下の方には、血管が流れています。
掘っているうちに血管に当たると、ジンジバリス菌は血管に穴をあけて血管の中に入り込んで全身をめぐるのです。
いやぁぁぁぁ!これはぞわっとしますよね。

 

歯ブラシをしているときに、歯茎から血が出たりすることはありませんか?
それは、ジンジバリス菌によって歯茎が炎症を起こしているためです。
そこからでもジンジバリス菌が血管内に入ることもありますが、一時的なものですぐに傷口がふさがるため、それほど心配する必要はありません。

 

歯周病菌増加のサインを見逃さないで!

女性ホルモン向上ラボ

歯周病菌が増えているサインは、いくつかあります。
自分に当てはまるものはないか、チェックしてみましょう。

 

  1. 歯茎がはれる
  2. 毎回歯ブラシで出血する
  3. 急に口が臭くなった
  4. 口がよく乾燥する

 

ちなみに、日本赤十字社のホームページには『出血を伴う歯科治療の後には3日間献血ができません』と明記されています。
これは、血液の中に細菌が入っていると輸血に使えないためです。

 

口内フローラ改善に!3つの対策方法

歯間ブラシや糸ようじを活用して

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デンタルプロ 歯間ブラシ L字型 10本入【メール便6個までOK】
価格:286円(税込、送料別) (2016/11/30時点)

やはり、口内フローラを適正な状態で維持するためには、日頃の歯ブラシが重要になります。
ですが、歯周病菌は隙間に逃げ込んでいるため、歯ブラシだけではなかなか除去ができません。

 

そこで、歯ブラシと併用してほしいのが歯間ブラシや糸ようじなどのアイテム。
小さな隙間に入り込むので、歯周病菌をしっかり取り除くことができます。
少なくても1週間に1回は行いましょう。

 

定期的に歯科検診を

女性ホルモン向上ラボ

日頃の歯ブラシにプラスして、定期的に歯科医院へ検診に行けば完璧です。
歯周病菌が増えていないかチェックしてもらうことが出来ますから、予防のためにも受けましょう。

 

歯科検診は、1年に1回でOK。
ちょっと心配だなという方は、半年に1回受ければ心配ありません。

 

緑茶うがいで口内フローラを整える

女性ホルモン向上ラボ

日本大学特任教授の落合邦康先生によると、口内フローラを整えるとっておきの方法が『緑茶うがい』なのだとか。
お茶の成分のカテキンは、抗菌作用がある成分です。
カテキンがしっかり入っている緑茶は、悪玉菌の繁殖を抑えるのにベストなのだそう。

 

ウーロン茶やコーヒー、紅茶など、他の飲み物にもカテキンは大なり小なり含まれていますが、緑茶が最も効果が高いです。
ですが、飲むだけではすぐに唾液で洗い流されてしまうので、注意が必要です。

 

緑茶うがいの方法はとても簡単ですから、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
用意するものは、100mlの水かぬるま湯、そして粉末緑茶をスプーン山盛り1杯のみ。

 

それらを加えて混ぜ合わせるだけで、うがい液が完成します。
飲んでもOKですが、とても濃いので無理はなさらないように!

この緑茶うがいは、就寝前に行うのがベストなタイミングです。
緑茶のカテキンは歯に着色する心配はほとんどないので、緑茶うがいの後にそのまま寝て大丈夫です。

 

もちろん、この緑茶うがいは、しっかり歯磨きをしたあと…というのが大前提です。
しっか歯ブラシを終わらせた後に実践するようにしてくださいね。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

口内フローラ、以前このブログでも記事に書きましたが、やはり気になりますよね。
腸内フローラだけじゃなくて口内フローラのことも考えないと…と疲れてしまいそうですが^^;

 

みなさんも、病気予防のため、健康維持のためにも、口内フローラを整えるようにしてみてくださいね!
私も緑茶うがいをスタートしたいと思います!

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , , ,