女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【ゲンキの時間】怒りは万病の元!アンガーマネジメントで怒りをコントロール

   

女性ホルモン向上ラボ

11月27日放送のTBS『健康カプセル!ゲンキの時間』で特集された、『心筋梗塞のリスクが5倍!?寿命を縮める怒りとの付き合い方』について詳しくご紹介します!

ほんの些細なことなのに怒ってしまう…ありますよね笑
実は、怒りは心筋梗塞を起こしてしまうリスクが5倍にもなるのだとか!

今回番組では、話題のアンガーマネジメント(怒りをコントロールする手法)が紹介されましたよ。
私にもかなりタイムリーな話題でした。

では、上手に怒りをコントロールする方法について詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



最近、怒ってませんか?

女性ホルモン向上ラボ

怒りと健康の関係性とは

今回、怒りと健康の関係について解説してくださったのは、杏林大学名誉教授精神神経科専門医の古賀良彦先生。
古賀先生によると、怒ると血の巡りが悪くなるのだそう。

 

1950年代、アメリカの心臓外科医が心臓疾患と診断された患者の中に、怒りっぽい性格の人が多くいることに気が付きました。
そこで、イライラして怒りっぽい人をタイプA、そうでない穏やかな人をタイプBとして研究したところ、タイプAの方が心筋梗塞など心臓病にかかりやすいことが判明したんです。

 

怒りの感情には自律神経が関係しています。
自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、怒ると交感神経が優位になります。

 

交感神経が活発になると血管にダメージ

女性ホルモン向上ラボ

なぜ交感神経が優位になると、心臓に悪影響が起きるのでしょうか。
交感神経は、血圧をあげる指令を出す性質をもっています。
怒ってばかりいると、血圧が高くなり血管にダメージを与えてしまうのです。

 

すると、血液が十分に心臓や脳に運ばれなくなってしまいます。
その結果、怒りっぽい人は心筋梗塞の発症率はそうでない人の約5倍にまで上がると言われています。
脳梗塞も約2倍になるのだそう。

 

健康に悪いと分かっていてもどうしても怒ってしまう…それは人間ですから仕方がない話です。
ただ、自分を変えていくことは誰にでもできます。
その方法は、次の項で詳しくお話ししていきます。

 

 

アンガーマネジメントで怒りをコントロール

アンガーマネジメントとは

怒りをコントロールすることが出来たら嬉しいですよね。
怒り(anger)をやりくりする(management)手法のアンガーマネジメントは、アメリカ生まれですが日本でも協会があるんです。

 

その手法について解説してくださったのは、日本アンガーマネジメント協会代表の安藤俊介さん。
はじめての「アンガーマネジメント」実践ブックなどアンガーマネジメントの著書を多数出しています。

 

安藤さんによると、怒りの感情はアレルギーに似ている部分があるのだそう。
ある出来事があった時に、怒る人もいれば怒らない人もいます。

 

例えば、花粉症。
花粉に敏感に反応する人と、まるで反応しない人がいますよね。
それと同じで、同じ出来事であってもイライラする人とイライラしない人がいるんです。

 

コアビリーフの幅を広げてみよう

私たちが怒る理由というのは、自分が信じているコアビリーフというものが裏切られた時です。
コアビリーフとは、自分が“こうあるべき”と信じているものを言います。

 

女性ホルモン向上ラボ

 

中央の青い部分は、自分と同じ考えや行動です。これは許せますよね。
次の黄色い部分は、少し違うけれども許せるもの。
それを超えて赤の許せないゾーンに入ってしまった事柄が、その人の許せない事柄になります。

 

理解すべきは、このコアビリーフ(=~べきの境界線)が人それぞれで違うということ。
例えば、“早めにやっておいて”と言われたら、あなたはいつまでにその仕事を終わらせようとしますか?

 

数分でしなければ!と思う人もいれば、2~3時間後までだなと考える人もいますし、その日のうちに済ませればいいと考える人もいます。
数分で早めに終わらせてほしい人が、その日中に終わらせると考える人に仕事を頼めば、イラっとくるに決まっていますよね。

 

こんな時、少し違うが許せるの幅が狭いと、怒ることが多くなります。
自分のコアビリーフの幅を意識的に広げていくことが、アンガーマネジメントがうまくいくコツです。

 

怒りで起きる身体の不調

女性ホルモン向上ラボ

身体のあらゆる部分の働きを自律神経がバランスを取ってくれています。
ですが、怒ることでこのバランスが崩れてしまいます。
具体的には、頭痛がしたり、手足が痺れたり、下痢になったり、便秘になったり…と身体の不調が出てきてしまうんです。

 

それにプラスして怒るのがよく眠れなくなってしまうこと。
私も、夫婦喧嘩をした時は興奮して眠れなくなってしまいます^^;

 

怒って交感神経が高まると寝不足になり、次は昼間の生活がうまくいかなくなります。
そしてストレスがたまる→イライラして怒る→交感神経が再び高まる…と負の連鎖が起きてしまうのです。

 

また、怒りは傷の治癒力にも関係してきます。
傷が治るためには、十分な血液が栄養素や酸素を運ぶことが必要です。

 

ですが、怒りで交感神経が血管を収縮させてしまうと栄養素や酸素が運ばれにくくなってしまいます。
そのため、怒ってばかりいると傷が治りにくいということが起きてしまうのです。
…怒るってやっぱり良くないんですね。

 

怒りを我慢する必要はない!

コアビリーフは、その人が持っている確たる信念のことです。
それを揺るがされてしまっては、誰もが怒ってしまいます。

 

一番悪いのは、怒った時に激昂すること。
でも、怒りを全て我慢する必要はありません。
諭すようにちゃんと言う怒り方であればいいんです。

 

そうすることで、怒られた側も、怒った側のコアビリーフを理解することが出来ます。
うまく怒れるようになる…ここからスタートですね。

 

 

怒りを抑える方法を実践してみよう

女性ホルモン向上ラボ

では、実際にアンガーマネジメントをする方法を見ていきましょう。
自分で実践できそうなものからチャレンジしてみるのがいいですよ。

 

魔法の言葉“6秒数えてください”

これは、自分が怒りそうなときや、怒っている相手に向かって投げかける言葉として有効です。
いきなり自分の感情を爆発させずに、上手にブレーキをかけてあげるのが大切です。
いったんブレーキをかけておいてから、その後に自分の気持ちをゆっくり出していきましょう。

 

※怒り狂っている人に言うと、さらに怒りを買いかねないので注意してくださいね。
その時は、心を無にして聞きましょう。

 

介護現場でも採用されているアンガーログ

女性ホルモン向上ラボ

アンガーマネジメントは大手企業で採用されているだけでなく、医療現場や介護現場にも浸透しつつあります。
ある介護施設では、夜間のコールが多すぎてイライラがたまり1年以内に退職してしまう職員が多かったのだそう。

 

そこで、取り入れたのがアンガーログ、怒りの日記帳です。
イラっとしたことを、その場で書き留めるアンガーマネジメントの手法です。

記録をしておくことで、自分が怒っている傾向が見えてくるようになります。
例えば、朝の通勤電車でイライラすることが分かっていれば、その電車に乗らないという方法がとれます。

 

自分がどのような場面で怒りやすいのか、それを回避するためにはどうすればいいのか…ということが予め分かっていれば、そのようなイライラする状況になることが格段に減ります。

 

このアンガーログを採用した先の介護施設では、残業時間が50%も減りました。
また、施設利用者への対応も良くなり、夜間コールも減少したと言います。
そのため、今では離職率0という結果になりました。
嬉しい連鎖反応が起きたということですね。

 

 自己催眠でアンガーマネジメント

自己催眠で怒りを抑えるという方法もあります。
方法はとても簡単なので、ぜひ実践してみましょう。

 

  1. 椅子に座り、手を左右にだらんと下げる
  2. 目を閉じ、手が重くなってきたと暗示をかける
  3. 額が涼しくなってきたと思う
  4. お腹が温かくなってきたと思う

 

実はこれ、最も副交感神経が優位なときの状態なんです。
怒りっぽいと自覚がある人は、1日数回この自己催眠を行うのがオススメです。

 

あなたも自分のやりやすい方法でアンガーマネジメントをしてみてくださいね。

 

 

アンガーマネジメント関連書籍

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック [ 安藤 俊介 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/11/27時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンガーマネジメント入門 [ 安藤俊介 ]
価格:626円(税込、送料無料) (2016/11/27時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンガーマネジメント怒りやすい子の育て方 [ 菅野昭子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/11/27時点)

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

アンガーマネジメントは、最近私も勉強し始めたところでした。
子育ての講演会に出席した時に、このお話しを聞いた時にアンガーマネジメントというものを初めて知ったんです。

 

最初は怒るのを我慢しろ!というものかと思っていましたが、全く違うんですよね。
怒ってもOK、でもゆっくり怒りましょう…これだと私の中のハードルが低くなりました^^;

 

仕事や子育てでイライラして子供や旦那に八つ当たり…。
まだまだ満足なアンガーマネジメントが出来ていませんが、これからも練習をしていきたいと思います。
自分の心と身体の平穏のためにも、みなさんもアンガーマネジメントにチャレンジしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , , ,