女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【ゲンキの時間】冷え性は病気のサイン?タイプ別改善方法!

   

女性ホルモン 冷え

2月14日放送のTBS『健康カプセル!ゲンキの時間』で紹介された、『恐怖!冷えがサインの病気とは?』について詳しくお伝えします!

一年で今が最も寒い季節ですが、冷え性で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
『冷え性がなかなか治らなくて辛い…』と悩んでいるあなた!
実は、その冷え性の正体が“病気”かもしれない可能性があるってご存知でしたか?

女性だけでなく男性にも、その危険性があるようです。
では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



冷え症はもはや女性だけのものではない!

女性ホルモン向上ラボ

女性の冷え性傾向は“末端冷え症”

一般的に、若い女性を中心に多い冷え性は、手先や足先の末端が冷えるタイプのもの。
この末端冷え症は、ダイエットや運動不足などが原因で体内の熱が不足することが原因です。
体の末端よりも内側を優先して温めようと、末端の血管が狭まり熱が体外へ逃げるのを防ぐために起こる冷え性です。

 

男性にも冷え性がある?

今、男性の中にも冷え性を訴える人が多くなっているのだとか。
女性だけでなく、男性も、身体の冷えは免疫力を低下させ、身体の不調や生活習慣病などの要因にもなりやすくなります。

 

 

あなたの冷えの状態と原因は?

女性ホルモン向上ラボ

今回、番組では冷えに悩む30代~70代の男性6人の検証を行いました。
調査に協力してくださったのは、北里大学東洋医学研究所の臨床准教授伊藤剛先生。

伊藤先生によると、年齢と冷えに関係があるものもあれば、関係ないものもあるのだそう。
冷えを年のせいにして、重要なものを見逃さないようにしなければいけませんね。

 

下半身の冷えは腰や臀部に悪影響が!

女性ホルモン向上ラボ

6名の皮膚の表面温度を計測した結果、共通した傾向があることが判明しました。
それが、“下半身の冷え性”。

 

この下半身の冷えは、腰や臀部(お尻)のコリが原因なのだそう。
伊藤先生によると、腰や臀部の筋肉が硬くなることで神経を刺激し、血管を圧迫してしまうことで、脚の血流が悪くなるのだとか。
神経が血管を締めていると、冷え性を引き起こしてしまうのです。

 

これは、男性に多く見られる冷え性タイプ。
中高年の男性は特に、無自覚のうちに腰や臀部のトラブルを抱えている人が多いため、気が付かないうちに冷え性に悩むことになりやすいのです。

 

 

身体中心部の温度で冷え性をチェック!

実測式の体温計で、正確な腋窩温(えきかおん)を測ろう

【体温計 見やすい 医療用】電子体温計 CT791SP 収納ケース付き【0-3455-11】【…

 

実は、体温計には2種類があるのを知っていましたか?
その2種類を少し比較してみましょう。

  • 予測式…センサーで体温を予測するタイプ。短時間で計測が出来るため、発熱時に便利。
  • 実測式…正確な体温を実測するタイプ。測定時間は約10分で、低い体温でも正確に測定が出来る。

今、主流の体温計は1分ほどで計測可能な予測式のタイプです。
身体の内部の温度を正確に測るには、実測式の体温計で測る必要があります。
(予測式と実測式が併用できるタイプの体温計もあります。)

 

実測式体温計の測り方のポイント

実測式体温計で計測する場合、脇の下に30度くらいの角度で刺すようにいれます。
そして、反対の腕でわきを締めるように抑え、10分ほど計測することがポイントです。
そうすることで、より正確な腋窩温(わきの下の温度)を測ることが出来ます。

 

普段の平熱より高い!?

女性ホルモン向上ラボ

実測式体温計で計測をすると、普段の平熱よりも若干高くなることがあります。
これは、正確な温度を測れたため。
伊藤先生によると、本来人間の中心部は37℃程度あるべきなのだそう。
37.2℃までは平熱と考えて良いそうです。また、微熱は37.3℃以上のことをさすそうです。

 

実測温で深部の冷えをチェック!

腋窩(わきの下)の実測温を測ったら、自分の深部が冷えているかチェックしてみましょう。

  • 36.3℃~37.2℃…正常値(ただし、女性の低温期を除く)
  • 36.2℃以下…深部が冷えています。改善の必要あり

 

 

内臓型冷え性タイプ

女性ホルモンと冷え

手足は温かいのに、実測温が低い

手先や足先は比較的温かいのに、実測式体温計で測った場合に36.2℃以下と低いタイプの方は、中心部が冷えています。
通常、人間の身体は冷たくなると手足の表面の血管を狭め、血液の流れを減らします。
そして、温かい血液を出来るだけ内臓のある中心部に集めようとします。

 

ですが、ストレスや不規則な生活を送ることで、この血流のコントロールがうまくいかなくなることが。
血流のコントロールがうまくいかなくなってしまうと、手足から熱を放出してしまい、身体の中心部が冷えやすくなってしまいます。

 

体型としては、メタボの方がなりやすいのが、この内蔵型冷え性です。
肥満の方はどうしても内臓が冷えやす特徴がありますので、注意が必要ですよ。

 

 

全身型冷え性タイプ

手足が冷え、実測温も低い

体内の温度が低く、手先や足先も冷たいという方は、全身が冷えているタイプです。
この冷え性タイプは、老化などによって身体が熱を生み出しにくくなっていることが、主な原因と考えられます。

 

ですが、年齢的に考えて老化が原因と思えない場合は、違うことが原因になっていることも考えられます。

 

自律神経の乱れが冷えの原因に

全身の冷えがあるタイプの方は、自律神経機能の乱れが原因の場合があります。
交感神経と副交感神経のバランスが偏ることで、自律神経の乱れが起こってしまいます。

 

交感神経は、血管の太さを調節する働きがあります。
この働きが乱れてしまうと、体温調節に異常が表れてしまいます。

 

この自律神経の乱れ、実は男性が好きな“サウナ”が原因になっている場合もあるのだとか。
適度なサウナは、健康に役立つ面がある反面、サウナへの入浴頻度が過度になってしまうと、自律神経のバランスを乱すことにもなってしまいます。
その時は気持ちが良くても、悪循環を生んでしまうこともあるので、穏やかな入浴をするように心がけましょう。

 

 

 

 

ソフトボールでツボ刺激!

MIZUNO サイン用ボール(ソフトボール3号大) 2ZO551

伊藤先生が冷え性の改善にオススメする方法が、“ソフトボールツボ刺激”!
ソフトボールを使って、心臓や腰回りの血行を促すツボを刺激してみましょう。

 

血行改善のツボはここ!

女性ホルモン向上ラボ

下半身の冷えが気になる方は、お尻やふくらはぎのポイントを刺激してみましょう。
その際は、ソフトボールを床に置き、その上に身体をのせて、ゆっくりツボを刺激するようにします。

 

内臓の冷えや全身の冷えが気になる方は、下半身とともに背中のポイントを刺激してみましょう。
背中のポイントを刺激するときは、壁と背中の間にソフトボールを挟むようにすると、刺激しやすくなります。

 

最初のうちはあまり体重をかけずに、1か所30秒程度を目安にツボ刺激をしてください。
ツボを刺激しているうちに、不思議とポカポカしてきますよ。

 

スポンサーリンク



 

衣食住で冷え症改善!

帯山中央病院院長で漢方専門医の渡邉賀子先生が、普段の生活で出来る冷え性改善のポイントを教えてくださいました。

機能性下着が逆効果に!?

どのタイプの冷え性の方にも大切なのが、“お腹周りの保温”です。
その一環で、保温性のある機能性下着をつけている方も多いですよね。
この機能性下着は、保温目的として大変有効なものなのですが、少し注意が必要です。

 

この機能性下着をつけることで、汗をいっぱいかいてしまうと、身体の熱を奪ってしまいます。
そのため、内蔵型の冷え性や、下半身型冷え性の方は汗をかきやすいため、逆効果になってしまうこともあるので特に注意しましょう。
内蔵型冷え性、下半身型冷え性の方は、汗が乾きやすい特徴があるトレッキング用の防寒下着がオススメだそう。

 

 

食事はタンパク質中心の朝食がポイント!

女性ホルモン向上ラボ

食事のポイントは朝ごはんです。
朝ごはんをしっかり食べることで代謝があがるため、冷え性の人は朝食を食べるようにしましょう。
朝食には、卵や豆腐などのタンパク質を摂取すると、より効果的になりオススメです。

 

また、体温を調節する食材として、山椒や唐辛子、ショウガもオススメです。
ただし、過剰に摂取しすぎると、発汗につながって反対に身体の熱を逃がすことにもなるので、注意しましょう。

 

 

入浴はいきなり熱いお湯に入らない!

女性ホルモン向上ラボ

冷え症の改善には、お風呂での行動もポイントになります。
入浴する際、いきなり熱いお湯に入ると、自律神経のバランスを乱す可能性があります。
どうしても熱いお風呂に入りたい方は、入浴中に追い炊き機能などで徐々に温めるようにしましょう。

 

 

冷えがサイン!閉塞動脈硬化症

女性ホルモン向上ラボ

アクション俳優の宮内洋さんも経験

仮面ライダーV3などで活躍した、アクション俳優の宮内洋さんが経験した“冷え”についてお話ししてくださいました。
ある日突然、足の冷えが始まったという宮内さん。
数日たってもその冷えは収まらず、その時は夏だったのに寝る時は靴下を何枚も重ね履きするほどだったそう。
ですが、宮内さんは『たかだか冷え。じきに治るだろう。』と病院には行きませんでした。

 

ですが、その後も足の冷えは収まらず、足に痛みを感じるようになってきました。
その後も様子見の状態を続けましたが、歩くのも難しくなるほどの激痛に襲われ、やっと病院へ。
そこで診断された病名は、“閉塞性動脈硬化症”だったのです。

 

閉塞性動脈硬化症とは?

宮内さんが診断された“閉塞性動脈硬化症”とは、一体どのような病気なのでしょうか。
閉塞性動脈硬化症とは、手や足の血管がコレステロールなどが原因で動脈硬化を起こし、血液が末端まで十分に送られなくなる病気です。

 

その初期症状は、血流不足による冷えや、虚血状態による筋肉の痛みをともないます。
放置し続けると、手や足が壊死し、切断せざるを得ないケースも少なくないのだとか。

 

実際、宮内さんは診断時右足の動脈に血液が十分流れておらず、足の切断を宣告されてもおかしくない状態でした。
驚いた宮内さんは、すぐに人工血管パイパス術の手術を決意します。
この人工血管バイパス術とは、動脈硬化によって血液が流れなくなった部分に、人工血管を用いてバイパス(迂回路)を形成するもの。
この手術の成功により、宮内さんの足に再び血液が流れ始めました。

 

閉塞性動脈硬化症のリスクとは?

女性ホルモン向上ラボ

足の冷えとして現れるこの病気は、足の動脈の病気だけだと思われがちです。
ですが、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの病気になる可能性も高くなります。
これらの病気は命に直結する重大な病気ですから、十分な注意が必要になります。

 

 

冷えがサインの病気は他にも!

女性ホルモン向上ラボ

閉塞性動脈硬化症以外にも、冷えがサインとなって表れる病気があります。
その例を見てみましょう。

 

  • 冷え+しびれ→糖尿病
  • 冷え+こわばり→膠原病(こうげんびょう)
  • 冷え+むくみ→甲状腺機能低下症

 

年齢を重ねたから冷えるのは当たり前だと思い込むことはせず、気になることがあれば医療機関を受診するようにしましょう。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
たかが冷え、されど冷えというのを痛感した回でしたね。
私も、近年冷え性を実感しているので、本気で改善に取り組んでみたいと思っています。
年齢のせい、性別のせいにするのは大変危険ですね。
みなさんも、自分の冷え性タイプに合った改善方法にチャレンジしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , , ,