女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【ゲンキの時間】黒ニンニク・ホエー・ヨガの効果が凄い!農家が伝授

   

女性ホルモン向上ラボ

7月3日放送のTBS『健康カプセル!ゲンキの時間』で紹介された、『夏バテ・熱中症・ダイエットにも!農家に学ぶ健康法』について詳しくお伝えします!

今回番組では、過酷な仕事ながら健康に過ごしている農家さんが登場しました。
農家のみなさんの元気の秘密を教えてもらいましたよ。

では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



黒にんにくで動脈硬化・認知症予防!

女性ホルモン向上ラボ

79歳の元気の秘密は黒ニンニクだった!

1人目のゲンキマイスターは桑田俊夫さん。
桑田さんは御年79歳。
神奈川県で直売所やそこでレストランなどがある農業施設を経営しています。
毎日、元気に野菜を作っています。

 

桑田さんは、夏バテ知らずで、風邪をひくこともないのだそう。
健康診断の数値も毎年正常値なんだとか!
桑田さんいわく、その秘密は黒ニンニクなのだそう。

 

黒ニンニクって何?

女性ホルモン向上ラボ

黒ニンニクとは、一体どんなものなのでしょうか。

 

生のニンニクを専用の窯に入れ、70℃で加熱します。
その状態で1カ月間熟成させると、化学変化でニオイが薄まり、黒く変色します。
こうして出来たものが黒ニンニクなのです。

 

味は、ドライフルーツのような香りと、食感になるそうです。
生のニンニクとは全く違うものになるようですね。

 

黒ニンニクの健康効果は?

 

 

毎日黒ニンニクを食べている桑田さんいわく、黒ニンニクのおかげで風邪をひかなくなったのだとか。
他にも、便秘しない、寒さを感じない、夏バテもしないなどの効果を感じているようです。

 

実際の黒ニンニクの健康効果について、白澤抗加齢医学研究所の白澤卓二先生が解説してくださいました。
長寿に詳しい白澤先生によると、黒ニンニクは元々健康的な食材の生のニンニクよりも、さらに健康的なものなのだそう。

 

生のニンニクはニオイがきついですよね。
このニオイはアリシンと呼ばれるニオイ成分から来ています。
ですが、黒ニンニクになると、このニオイ成分S-アリルシステインという物質に変化します。
このS-アリルシステインには、強い抗酸化作用があります。

 

生のニンニクも抗酸化力がある食品として知られていますが、黒ニンニクは約1.3倍もの抗酸化力を持っています。
しかも、生だとアリシンの刺激によって胃の粘膜を痛めてしまうことも。
ですが、黒ニンニクはニオイ成分自体が変化しているので、胃の粘膜を強く刺激せず、ニオイもかなり薄くなることが特徴となっています。
1日数かけ食べても、胃を荒らす心配はありません。

 

黒ニンニクの健康効果としては、高血圧認知症動脈硬化心筋梗塞の予防効果が期待できるそうですよ。
実に様々な病気の予防に効果的なんですね。

 

黒ニンニクの作り方

炊飯器

黒ニンニクは自宅でも簡単に作ることが出来ます。
用意するものは炊飯器と生のニンニクのみ。

 

  1. 炊飯器に、生のニンニクを皮ごと入れる
  2. 保温スイッチを入れ、保温機能でニンニクを加熱
  3. ムラなく熟成させるために、1日から2日おきにニンニクの位置を入れ替える
  4. 10日から1カ月ほどで完成!

 

炊飯器にニンニクの臭いがつく場合があるので、使用しなくなった炊飯器を使用したり、専用の炊飯器を用意することをオススメします。

 

黒ニンニクサプリでもっと手軽に!



やわたの【黒香醋にんにく】


こちらは、テレビCMでもお馴染みのやわたから発売されている“黒香醋にんにく”。
健康効果が高いと人気の鎮江の黒香醋と、熟成させた黒にんにくを配合。
黒にんにくを直接食べるよりも、さらに継続しやすいのがポイントです。

 

黒香醋にんにくは、身体の基礎をサポートする有機酸アミノ酸がたっぷりのサプリメント。
毎日を健康的に、活動的な日々を過ごしたい!という方向けのサプリメントです。
詳しくは、やわた公式ホームページをチェックしてみてくださいね。
>>>「もっと元気な毎日を過ごしたい!」やわたの『黒香醋にんにく』

 

 

 

ホエーで筋肉増強・疲労回復!

女性ホルモン向上ラボ

82歳の酪農家は骨密度が凄い!

2人目のゲンキマイスターは、酪農を営んでいる名津井萬さん。
名津井さんは82歳の現在でも現役の酪農家です。
酪農は休みなしの仕事ですし、かなり重労働です。

 

名津井さんは、実は骨密度が凄いんです。
生涯で最も骨密度が高いと言われているのが32歳なのですが、名津井さんはその1.2倍の数値です。
同年代の平均値と比較しても、約1.5倍なのだそう。

 

なぜ、これほどまでに骨密度が高いのでしょうか?
名津井さんいわく、その秘密は牛乳とホエーなのだそう。

 

牛乳の健康効果とは?

女性ホルモン向上ラボ

名津井さんの健康のひみつ一つ目が牛乳。
名津井さんはやはり酪農家ということもあって、頻繁に牛乳を飲んでいます。
新鮮な牛乳が飲めて、羨ましいですね。

 

牛乳はみなさんもご存知の通り、骨粗しょう症予防に効果的な食材です。
牛乳に含まれる豊富なカルシウムはもちろんのこと、それを骨へと定着させるリンが理想的なバランスで含まれています。
名津井さんの場合、肉体労働でかかる骨への適度な刺激と牛乳による効果で、骨密度が高いと考えられます。

 

また、牛乳は熱中症になりにくい身体作りにも適しています。
根中小にかかりにくくなるには、たくさんの汗がかける身体である必要があります。
つまり、皮膚表面にかいた汗の気化熱で体温調節できる身体が理想的なのです。

 

そのような身体になるために重要となるのが、血中の水分量です。
実は、体を動かしたあとに牛乳を飲むと、その量が7.6%もアップします。
これは、牛乳に含まれるたんぱく質の働きで、血中に水分を引き寄せるアルブミンが増えることで、血中の水分量が増すため。
この結果、汗をかきやすい身体になり、体温調節機能が向上します。

 

ホエーの健康効果とは?

女性ホルモン向上ラボ

また、名津井さんは牛乳をただ飲むだけでなく、さらに活用することでさらなる健康効果を得ていたのです。
それが、ホエーと呼ばれる液体。
このホエーは、ヨーグルトの上澄みにある、透明の液体(若干黄色みがかっていることも)でも目にすることがあります。

 

白澤先生によると、このホエーには良質なタンパク質が豊富に含まれているのだそう。
ホエーたんぱく質は、非常に消化吸収の効率が良いので、筋肉の増強効果や、疲労回復効果が期待できるます。

 

ホエーはその吸収率の高さから、アスリートのサプリメントにも使用されているほど。
つまり、ホエーの摂取で年齢に伴う筋肉の減少を防ぐことが出来るというわけなんですね。

 

ホエーの作り方

女性ホルモン向上ラボ

ホエーは自宅でも簡単に作ることが出来ます。
名津井さんのお宅では、このホエーを人工的に作っています。

 

作り方はいたって簡単。
鍋で温めた牛乳1ℓに対し、酢大さじ3杯を加えます。
酸の作用で乳脂肪などが固まってくるため、それをこし取りましょう。
これだけで、ホエーが出来上がります。

 

ホエーは、ヨーグルトのような香りと酸味が特徴です。

 

ホエー料理のレシピ

ホエーは料理に使うと、冷たい牛乳が苦手と言う人でも気にすることなく食べることができるのだそう。
名津井さんの奥様が、ホエー料理のレシピを教えてくださいました。

 

  • みそ汁…水:ホエー=2:1の割合で作る
  • 豆ごはん…米2合とホエー180ccで炊く

 

ホエーは味や香りを邪魔しないので、どんな料理とも合うそうですよ。
そのため、食事内容を変えることなく、健康効果を得られます。

 

また、ホエーは低カロリー、無脂肪です。
糖の吸収を抑える働きがあるため、糖尿病対策ダイエットにもオススメです。

 

ホエーは美容アイテムとしても人気



北海道からの直送洗顔石けん『二十年ほいっぷ』

ホエーは美容成分としても今注目されています。
こちらの“二十年ホイップ”は、北海道産のホエーを使用した洗顔料。

 

肌のくすみを取り、ワントーン明るい肌になれると人気の出ているアイテムです。
モデルのくみっきーこと舟山久美子さんも愛用していることで人気の商品になっています。
洗顔せっけんとしては異例の3分に1個売れているのだそう。

 

詳しくは、メーカー公式ホームページをチェックしてみてくださいね。
>>>北海道のホエイ配合洗顔石けん『二十年ホイップ』

 

 

スポンサーリンク



 

ヨガで腰痛対策&ダイエット効果!

女性ホルモン向上ラボ

農作業中にヨガ!?

3人目のゲンキマイスターは、溝口裕子さん。
溝口さんは以前都内でOLをしていたそうですが、7年前に農業のお嫁さんとして嫁ぎました。
有機農業を夫婦で営んでいます。

 

溝口さんが農業の合間に行っているのが、ヨガの動き。
腰痛になる前にこのヨガを取り入れているのだとか。
これが、溝口さんの元気の秘密のようです。

 

ヨガの健康効果とは?

ヨガの健康効果について、松浦整形外科院長の井上留美子先生が解説してくださいました。

 

井上先生によると、日常の生活の中でヨガのようなストレッチ運動を取り入れることで、腰痛予防につながるのだそう。
腰痛が起きる前に、ヨガなどで腰痛が起きない身体作りをすることは重要なのだとか。
同じ姿勢が続いていると感じたら、疲労がたまる前に、滞った血流を改善してあげることが大切です。

 

ヨガはダイエット効果も!

女性ホルモン向上ラボ

ヨガの健康効果はそれだけではありません。
なんとダイエット効果も高いのです。

 

溝口さんの旦那さんは、結婚後にヨガを始めて体重が約20kgも減ったのだそう。
結婚前の体重は96kg。
ご主人いわく、結婚前より若返ったと実感しているそうです。

 

ヨガは、全身の筋肉を使うため、代謝がアップします。
そのため、ダイエット効果も期待できるのです。

 

さらに、奥様のつくる美味しい野菜料理もダイエット効果をさらに高めたようです。
食事と運動、ダイエットの基本ということですね。

 

肩こり解消ヨガのやり方

溝口さんが実際にやっている、肩こり解消のヨガが紹介されました。
実際にやってみましょう!

 

  1. 顔の前で右腕を立てる
  2. 立てた右腕の下から左腕を回し、両手のひらを合わせる
  3. 鼻から息を吸いながら両腕をゆっくり上げる
  4. その状態のまま、ゆっくりと鼻で5回呼吸をする
  5. 左右の腕を替えて行う

 

肩甲骨が動いていることを意識して、肩に力が入らないようにするのがポイントです。
身体が硬い方は、無理のない範囲で行ってくださいね。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
黒ニンニク、近所の直売所で1度試食をしたことがあったのですが、ここまで健康食材だとは思いませんでした!
どうりで、直売所のおばちゃんが元気なわけです(笑)
みなさんも、農家さんを見習って、元気に夏を乗り切りましょう!

 

スポンサーリンク



 - ダイエット特集 , , ,