女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【ゲンキの時間】免疫力の差で風邪をひく!4つの免疫力アップ術!

   

女性ホルモン向上ラボ

1月24日放送のTBS『健康カプセル!元気の時間』で紹介された、『風邪をひく人とひかない人は何が違う?徹底調査!免疫力の秘密』について、詳しくお伝えします!

 

風邪をひくひとが多くなるこの季節。
でも、風邪をひきやすい人と、ひきにくい人がいますよね。
その差には、『免疫力』があるそうですよ!

 

また、免疫力をアップする方法も紹介されました。
では、詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク



風邪をひく人・ひかない人の差は免疫力!

女性ホルモン向上ラボ

免疫力ってそもそも何?

免疫力について解説してくださったのは、東京理科大学生命医科学研究所教授の安部良医学博士。
安部先生によると免疫力とは、免疫力を構成する免疫細胞や身体の体力などの、免疫機能の総合力のこと。
その人の体調や生活習慣を見ることで、その免疫力が分かるのだとか。

 

免疫には、自然免疫と獲得免疫の2種類があります。

  • 自然免疫(マクロファージ・好中球・NK細胞など)まれながらに備わっている免疫細胞。体内に入ってきた異物を全て排除する働きがある。体内の『警察官』的な役割。
  • 獲得免疫(キラーT細胞・B細胞など)…防接種やその病気に一度かかることで得られる免疫細胞。自然免疫ではかなわない強敵に攻撃をしかける、来内の『軍隊』的な役割。

 

免疫力は加齢とともに低下

あなたは50歳以上でしょうか?
実は、免疫力は加齢とともに低下していくものなのです。
免疫力は、生命が生殖能力のある期間に命を守るために進化したものでもあります。
人類の生殖期間は約40年と考えられ、子育て期間の10年を足して、50歳が大きな分岐点になるのです。

 

20前後で免疫力はピークを迎え、その後徐々に下がり、50歳以降は著しい低下がみられます。
それによって、感染症やガンなどにかかってしまうリスクが高まってしまうのです。

 

50歳以降はこれまで活躍してきた免疫力に長く働いてもらうための努力が必要になってきます。

 

いびきをかく人は免疫力が落ちやすい

鼻は空気中の細菌やウイルスを取り除くフィルターの役割をしています。
ところが、いびきをかくことで口呼吸となり、細菌やウイルス、冷たい空気が直接体内に入ってしまい、病気になりやすくなります。

 

大便やおならが悪臭の人は免疫力が落ちている

女性ホルモン向上ラボ

体内の免疫細胞の6~7割が腸内に集まっていると言われています。
善玉菌や悪玉菌などのバランスが崩れ、腸内環境が乱れてしまうと、免疫力が低下してしまうのです。
腸内環境のバランスが乱れると、下痢や便秘、大便やおならの匂いが臭くなるなどの症状がみられるようにまります。

 

 

 

免疫力チェック!あなたの免疫力は?

女性ホルモン向上ラボ

番組では、安部先生が作成した53項目の免疫力チェックシートを使用していました。
質問の内容は、体調・食習慣・睡眠・生活習慣・運動・ストレスの6つのジャンル。
その中でも免疫力のカギとなる8項目をチェックすることで、簡単に自分の免疫力をチェックすることが出来ます。
では、チェック項目を見ていきましょう。

 

  • 50歳以上である
  • 大便やおならの匂いが悪臭
  • 満腹になるまで食べる
  • 睡眠時にいびきをかく
  • 喫煙または毎日飲酒する習慣がある
  • 運動不足を実感している
  • よくダイエットをする
  • 起床後何をやるか思い浮かばない

 

以上の項目が、4つ以上該当すると『危険信号』です!
私も危険信号でした…あらら…。

 

飲酒で免疫力がダウン?

女性ホルモン向上ラボ

適度な飲酒は体に良い部分もありますが、やはり過度な飲酒は避けたほうが良いようです。
過度な飲酒は肝臓に負担をかけ、免疫細胞への栄養が行きわたらなくなってしまいます。

 

ダイエットを繰り返すと免疫力がダウン?

女性ホルモン向上ラボ

また、よくダイエットする人も免疫力が下がりがち。
免疫細胞は、タンパク質から作られるもの。
ダイエットをして食事量を減らすと、摂取するタンパク質量が低下してしまいますよね。
そうなると、免疫力がダウンしてしまうのです。
ダイエットするときは、タンパク質の摂取量を維持することに注意する必要があります。

 

目的を持たない生活で免疫力がダウン?

女性ホルモン向上ラボ

朝、起きた時に何もやることが思いつかない…。
そんな人も免疫力が低下しているかもしれません。
常に目的を持ち、その目的を達成したときに免疫力がアップします。

 

何もせず、だらーっとしていては、どんどん免疫力は低下します。
ストレスを溜めない程度の目的をもち、生活にメリハリをつけて過ごすことで、免疫力は自然と高まっていきますよ。

 

 

スポンサーリンク



 

免疫力をアップする秘訣

では、実際に免疫力をアップするためには、どのようにすればいいのでしょうか?
免疫力を向上させるためには、様々なポイントから生活の質を向上させていく必要があるようです。

睡眠の質を向上させて免疫力アップ

女性ホルモン向上ラボ

規則正しい生活を毎日送ることで、睡眠の質を向上させることが出来ます。
質の高い睡眠をとると、体内の血流量が増え、栄養が身体の隅々にまで行きわたります。

 

また、質の高い睡眠をとることで、細菌やウィルスから身体を守るリンパ球も増加します。
リンパ球とは、白血球の一種で、免疫を担当する細胞です。
遺伝的な要因や体調、疾患の影響で増減すると言われています。

 

 

 継続的な運動で免疫力アップ

女性ホルモン向上ラボ

これは、極端な運動でなくても構いません。
日ごろから階段を使うようにしたり、歩く習慣を身につけるだけでも効果的です。

 

適度な運動によって、免疫力はアップしますが、激しい運動を長時間すると免疫力は逆に低下してしまいます。
その場合は、身体を十分に休ませてあげることで、免疫力が増えるのを維持することが出来ますよ。

 

 

しっかり湯船に入って免疫力アップ

女性ホルモン向上ラボ

入浴をシャワーだけで済ませてしまっている方はいませんか?
シャワーと湯船の違いは、まず『リラックス効果』です。
湯船で身体全体を温めると、血液の循環が増え、新陳代謝が高まり、疲労も早く回復することができます。

 

湯船に入ることで、リンパの流れも促進することが出来ます。
リンパ系とは、免疫に関する器官や組織の総称のこと。
免疫細胞は、血管やこのリンパ管を通じて全身に運ばれます。

 

 

ストレスを解消して免疫力アップ

女性ホルモン向上ラボ

ストレスは、免疫力の最大の敵とも言われています。
安部先生によると、ストレスというのは、免疫にとって非常にダメージが大きいものなのだそう。
人はストレスを感じると、脳の視床下部や副腎と呼ばれる臓器に指令が出て、ストレスホルモンを分泌させます。
このホルモンが体内のリンパ球の働きを抑制してしまい、免疫力を低下させてしまうのです。

 

番組でも、好きな趣味をやっている人は免疫力が高いという調査結果が出ていました。
ストレス解消をすることで、免疫力をアップさせましょう!

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
免疫力が高いほど風邪をひいたり、体調を崩すことが少ないのは知っている人は多いはずですよね。
ですが、実際その免疫力を高めて健康的に生活するためには、どのような方法を取るべきかは知らない人が多いのも事実です。
今回、体調・食習慣・睡眠・生活習慣・ストレス・運動の6つをクリアにすることが免疫力を高める上で大切なことが分かりました。
まだまだ、寒い日が続きます。
普段の生活から少しずつでも、見直して健康的な毎日を送りたいものですね。

 

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , , , ,