女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【ゲンキの時間】血管年齢を若返らせる一酸化窒素NOを運動・食事で増やす!

   

女性ホルモン向上ラボ

9月4日に放送されたTBS『健康カプセル!ゲンキの時間』で紹介された、『血管老化は万病のもと!血管年齢若返り大作戦』について詳しくお伝えします!

最近、よく耳にするようになった『血管年齢』。
実年齢よりも高い血管年齢は様々な病気を引き起こす原因になります。

今回、番組では血管年齢が若返る方法が特集されましたよ。
では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



なぜ血管年齢が高いと危険なの?

女性ホルモン向上ラボ

血管は老いると硬くなる

今回、血管年齢のリスクと改善方法について解説してくださったのは、東京医科大学病院の高沢謙二先生。
高沢先生によると、血管は老化で硬くなってくると、血圧があがったり破れやすく、詰まりやすくなるリスクが高まるのだそう。
血管が若いと柔らかくしなやかなので、そういった危険を回避することが出来るのだとか。

 

血管が破れ、外側に血液が漏れることは脳出血や脳梗塞、心筋梗塞が起こる状態です。
血管の内側には知覚神経がないため、プラークが出来たり血管が老化してしまっても、自覚症状が出ません。

 

前屈で自分の血管年齢を調べられる!

女性ホルモン向上ラボ

自覚症状がない血管年齢の老化は、そのまま進行すると大きな病気に繋がります。
でも、自分の血管年齢が気になるという人はたくさんいますよね。

 

高沢先生が、自宅で気軽に出来る血管年齢のチェック方法を紹介してくださいましたよ。
それが、前屈
これで、血管年齢がおおよそで分かるのだそう。

 

高沢先生によると、身体が硬い人ほど、血管年齢も高くなる傾向があるのだとか。
身体が硬い人は、普段からあまり身体を動かしていないことが多いことが原因です。
そのため、血流が滞って遅くなり、その結果血管の柔らかさが失われて老化してしまうのです。

 

 

 

ストレスが多い生活は血管年齢を老化させる

女性ホルモン向上ラボ

血管年齢の老化の原因は?

血管年齢が高まる原因として、運動不足食生活の乱れが挙げられます。
そして、さらに血管年齢の強敵として存在しているのが、ストレス

 

人間は、ストレスを受けることで血管が縮みます。
それによって血圧があがり、血管の内壁にも傷がつきやすくなります。
血管内に傷がつくと、そこを修復しようとしてさらに血管が硬くなります。
これを繰り返すことで、コレステロール値が高くなくても、血管は老化しやすくなってしまうのです。

 

血管が老ける主な原因は以下の4つと言われています。

  1. 食事
  2. 運動不足
  3. 睡眠不足
  4. ストレス

血管年齢の老化が心配な方は、これらの項目を改善するようにしましょう。

 

積極的にストレスを回避しよう

現代では、ストレスを避けると言うのはなかなか難しいものがありますよね。
ストレスは誰もが受けざるをえない状況なので、大切なのはストレスを引っ張りすぎないこと。

 

もし、ストレスを受けた場合は早めに寝るのがオススメです。
寝ることで交感神経の働きでリラックス状態になり、血管が開きやすくなります。

 

次に大切なのが笑うこと。
笑うとアセチルコリンという脳内物質が分泌され、血管を開いてくれます。
ストレスを感じたら、面白いテレビ番組を見るなどして、ストレスを積極的に回避するようにしましょう。

 

 

 

NO(一酸化窒素)で血管年齢を若返らせる!

女性ホルモン向上ラボ

一酸化窒素と血管年齢の関係とは?

高沢先生によると、血管年齢を若返らせるための方法として注目されているのが、一酸化窒素=NO(エヌオー)なのだそう。
一酸化窒素というと悪いイメージが強いですが、体内で血管に働く一酸化窒素には良い効果があるのだとか。

 

一酸化窒素には、血管を開いて血管を柔らかくしてくれる作用があるのです。
一酸化窒素は、血管の内側で作られる物質です。
血流が増えると分泌され、血管を開いたり柔らかくしたりします。

 

海女さんもNOのおかげで血管年齢が若い!

番組では、海女さんが登場。
彼女たちの血管年齢を測定したところ、平均で約10歳も実年齢より若いことが判明しました。

 

高沢先生によると、海女さん達の血管年齢が若かったのは、潜水によって一酸化窒素が多く分泌されたためと考えられるそう。
深いところで約20メートルも潜水する海女さんにかかる水圧は、通常よりも心臓を大きく伸縮させます。

 

それによって、1回に送り出される血液の量が増えます。
血流が速くなると、その分一酸化窒素NOが増え、血管が広がって柔らかくなり、血管年齢が若くなったと考えられます。

 

 

NO(一酸化窒素)を増やす!運動編

血管年齢の若返りが出来る下半身運動

海女さんのように、私たちは毎日潜水することは出来ませんよね。
そこで、高沢先生が自宅で出来る血管年齢の若返り法を伝授してくれましたよ。

 

まずは下半身の運動を行いましょう。
立った状態で、床にかかとをつけたり離したりしましょう。
かかとの上げ下げがポンプの役割をして、血液を上半身に送ってくれます。

 

いばったポーズ

続いては、上半身の運動です。
腕を組んだいばったポーズをして、腕を上下に動かします。

 

女性ホルモン向上ラボ

 

Oh!No!ポーズ

次は腕を開き、ひじを後ろにぐっと持っていきます。
その状態で肩の上げ下げを行います。

 

女性ホルモン向上ラボ

 

この動きは肩甲骨が動くように意識しましょう。
下半身の運動と、この上半身運動の2つのポーズを一緒に行います。
同時に行うことで、全身の血流量をアップすることが出来ますよ。

 

目安は、いばったポーズとOh!No!のポーズを下半身の動きと一緒に朝晩それぞれ10回ずつ
この動きをすることで、一酸化窒素を分泌することができ、一酸化窒素がさらに働きやすくなります。

 

スポンサーリンク



 

食事で血管年齢を若返らせる!

女性ホルモン向上ラボ

食前に野菜を食べよう

高沢先生によると、食事の時に野菜を最初に食べるのが重要なのだそう。
そうすることで、食物繊維が先に腸に入るので、脂肪や糖の吸収を抑えることが出来ます。

 

また、血糖値が急激に上がるのを防ぐ効果もあります。
血糖値が急激に上昇すると、インスリンという物質が分泌されて血管の壁を攻撃してしまいます。
そうなると、一酸化窒素NOが効きづらくなってしまうので、それを防ぐ効果もあります。

 

先ほどの海女さん達は、食事の時にところてんを食べていました。
このところてんも水溶性食物繊維が豊富で、余分な脂肪や糖を排出してくれる働きがあります。
それによって、血管へのダメージを減らすことが出来るのです。

 

タマネギで血管若返り!

女性ホルモン向上ラボ

高沢先生がオススメする食材が、タマネギです。
食べる20~30分前に玉ねぎを切っておくのが効果的なのだとか。

 

玉ねぎを切ってから、しばらくそのままにしておくと化学反応でセパエン類などが作られます。
セパエン類には、血液が固まるのを抑える働きがあるので、しばらく置いてから食べるようにしましょう。

 

玉ねぎを生で食べる時、水にさらす人が多いかと思いますが、高沢先生によると、それは避けた方が良いのだそう。
水にさらすことで含硫化合物が流れ出てしまい、成分が少し出てしまうのだそう。
もし、水にさらしてしまっても、食物繊維やビタミン、ケルセチンなど健康成分がタマネギに含まれているので、それほど神経質にならなくてもOKだそうです。

 

切ってから放置するのが面倒だと感じる人は、切った後に電子レンジで15秒間チンするだけでも大丈夫です。
30分放置したときと同様な効果が得られます。

 

 

血管年齢の若返りをサプリメントで!



青魚のサラサラパワー


番組では、運動と食事が血管年齢の若返りに重要と言われていました。
でも、毎日理想的な食事を摂るのは難しい、魚よりお肉が好き、でも生活習慣も気になる…という人には、サプリメントで補助するのがお手軽です。

 

こちらの『DHA&EPA』はテレビCMでもお馴染みのやわたから発売されているサプリメント。
良質なカツオからとった高濃度の国産DHAを配合し、サラサラ習慣に効果的です。
1日2粒で不足しがちなDHAとEPAを摂取することが出来ます。

 

詳しくは、やわた公式ホームページをチェックしてみてくださいね。
>>>不足しがちなDHA&EPAを手軽に!サラサラ習慣を始めませんか?<やわた>

 

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
高沢先生によると、血管年齢の若返りが継続することが一番大事なことなのだそう。
リバウンドするとさらにコレステロール値が高くなってしまうので、注意するようにしましょう。
そのためには、自分にあった方法を見つけて、継続するようにしましょう!

 

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , ,