女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【ゲンキの時間】夏の身体トラブル!食中毒・夏型過敏性肺炎に注意!

   

女性ホルモン向上ラボ

6月19日放送のTBS『健康カプセル!ゲンキの時間』で紹介された、『あなたのすぐそばにある!夏の身体事件簿』について詳しくお伝えします!

今回番組では、なぜバーベキューが原因で食中毒が起こるのか、夏風邪と思っていたら実は危険な病気だった!という内容が紹介されましたよ。

では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



バーベキューでは食中毒に注意!

女性ホルモン向上ラボ

バーベキューで体調を崩してしまう!?

消費者庁の意識調査によると、バーベキューで食べたものが原因で、体調を悪くしたことがあると回答したひとは6.6%。
つまり、2000人中132人の人に食中毒の疑いがあるという計算になります。
では、なぜこのような事態になってしまうのでしょうか。

 

食材によって菌が違う

今回、バーベキューでの食中毒について解説してくださったのは、東京顕微鏡院 食と環境の科学センターの伊藤武先生。
実は、牛肉にはO157などの腸管出血性大腸菌、鶏肉にはカンピロバクターサルモネラ属菌、魚類では腸炎ビブリオなどが調理などの過程で付着している可能性があります。

 

潜伏期間は菌によって異なりますが、数時間から数日で発症します。
発症すると、下痢やおう吐、腹痛など辛い症状が数日間続きます。
食べた量や体調によっては、命の危険がある場合も。

 

バーベキューは開放的になって、気も緩みがちです。
特に夏場は食材管理に注意が必要になってきます。

 

冷凍食材を外気温で解凍するのはNG!

女性ホルモン向上ラボ

冷凍した肉類などを、バーベキュー会場で外に放置して解凍させるのはとても危険です。
溶けると同時に、食材も温まってしまいます。
そうすると、その間に菌が増えてしまうのです。

 

では、クーラーボックスに入れておけば大丈夫なのでしょうか?
クーラーボックスに入れるだけでは、大腸菌やO157は増えてしまいます。
増加量が少なくても、子供や高齢者では食中毒になってしまうことも。

 

大切なのは、その保存方法。
クーラーボックスの中に保冷材や氷を必ず入れましょう。
この保冷材の入れ方にも、コツがあるそうですよ。

 

クーラーボックスの理想的な保冷材の入れ方

 

 

 

クーラーボックス内に保冷材をポンと入れただけでは、食中毒対策は完璧とは言えません。
ちょっとしたコツをおさえるだけで、効果的になる方法があるんですよ。

 

まず、冷気は上から下に下がるので、保冷材は一番上に置きましょう。
また、その冷気がまわるように食材は入れ過ぎずに、中に空間を作るようにしましょう。
保冷剤が複数個ある場合は、食材の間に入れるのも効果的です。

 

正しい肉の焼き方をマスター!

では、次は実践編です。
バーベキューをする時に、正しいお肉の焼き方が出来ていますか?

 

トングは使い分けを

まず、トングに注意が必要です。
生肉をつかんだトングで、焼けた肉を掴み、お皿に盛っていませんか?
生肉を触ったトングには、肉から付着した色々ながいる可能性があります。
使用するトングは、焼く用取り分け用を使い分けるようにしましょう。

 

特製タレで肉を漬け込むのはNG

食中毒菌は、通常肉の表面にしか付着しません。
ですが、揉みこむことでタレと一緒に肉の筋から食中毒菌が侵入してきます。
そのため、タレに漬け込んだお肉を食べる際には、中心が褐色になるまで火を通すようにしましょう。

 

肉と野菜は別々の容器に

バーベキューでの手間が省けるからと、自宅で生肉とカット野菜を混ぜて袋でひとまとめにしている人も多いのでは?
これは、生肉の菌が野菜に付着してしまう可能性があるため、NG行為!
肉と野菜は別々の容器や袋に入れて持参するようにしましょう。

 

女性ホルモン向上ラボ

おにぎりでの食中毒に多いのが、手の傷などから付着する黄色ブドウ球菌です。
増殖すると、食材内で毒素を出す特徴を持っています。
通常、菌は加熱することで死滅しますが、この黄色ブドウ球菌は加熱によって死滅しても毒素自体は消えません

 

そのため、保管状態の悪いおにぎりは危険がたくさん。
バーベキューに持って行ったおにぎりを網で焼く人も多いですが、意味のないものだったんですね。
おにぎりを握る際は、ラップビニール手袋で握るようにしましょう。

 

 

食中毒になってしまったら

食中毒になる人とならない人がいるのはナゼ?

女性ホルモン向上ラボ

食中毒になってしまった場合の対処法について、解説してくださったのは慶應義塾大学保健管理センターの森正明先生。
森先生によると、胃酸による殺菌力や腸内環境の抵抗力には個人差があるそうです。
また、夏バテなどその時の体調が影響するので、食中毒になる人とならない人がいるのだそう。

 

食中毒になってしまったらどうする?

女性ホルモン向上ラボ

もしかして食中毒かも!と思った場合、病院につくまでの対処法はどうすればよいのでしょうか。
森先生によると、基本的に下痢は止めないほうが良いそうです。
また、脱水状態にならないために、水分補給をしっかりしましょう。

 

 

ブヨ刺されにも注意を!

女性ホルモン向上ラボ

 

夏場のアウトドアで気になるのが、虫刺され。
特に、ブヨに注意が必要です。
ブヨは蚊とは違い、皮膚を噛みちぎって血を吸う特徴があります。
その際に、毒素を体内に注入するので、かゆみ・痛みを伴うことがあります。

 

ブヨに噛まれると強い反応が起こり、ひどい人では1年後も痒みや痛みが取れないことも。
万が一ブヨに噛まれた場合、毒素をまわらなくさせるために、冷やして血管を収縮させる応急処置をとりましょう。
その後、皮膚科を受診するのがベストです。

 

 

スイセンの食中毒に注意を!

女性ホルモン向上ラボ

 ニラと間違えやすい!

今年に入って、ニラと間違ってスイセンの葉を食べ食中毒になった人は26人にものぼります。
なぜ、ニラとスイセンを間違って食べてしまうのでしょうか。

 

何といっても、その見た目がそっくりなことが原因としてあります。
スイセンの花は5月には散ってしまい、目印がなくなってしまい、見分けがつかなくなります。

 

なぜスイセンを食べると食中毒になるの?

女性ホルモン向上ラボ

スイセンには、リコリンなどのアルカロイド(自然毒)が含まれています。
誤って食べてしまうと、下痢やおう吐などの食中毒症状を起こしてしまいます。

 

 スイセンとニラの見分け方は?

ニラにはあの独特のニオイがあるのに対して、スイセンは無臭です。
そのまま嗅いで分かりずらい場合は、葉をちぎって揉むと、はっきりとニオイの違いが分かります。

 

スポンサーリンク



 

 

夏風邪かも…?実は夏型過敏性肺炎かも!

女性ホルモン向上ラボ

アレルギー性の肺炎

夏風邪に似た症状として、夏に多いのが夏型過敏性肺炎です。
この夏型過敏性肺炎には、カビの一つであるトリコスポロンが関係していると考えられています。
つまり、カビなどを吸い込むと発症するアレルギー性の肺炎です。

 

この病気は、発熱・咳・呼吸困難などの症状が現れ、肺の組織を破壊してしまいます。
そして、入院して症状が改善しても、抗原となるカビがある自宅へ戻ると再発する可能性があります。
この夏型過敏性肺炎は、6月~9月が発症のピークになっています。

 

トリコスポロンとは?

女性ホルモン向上ラボ

夏型過敏性肺炎の主な原因となるカビの一種トリコスポロンとは、どのようなものなのでしょうか。
トリコスポロンは、どこにでもいるカビの一種です。
ですが、気温20度以上、湿度90%以上になると活動をはじめ、高温多湿になるほど繁殖しやすい特徴があります。

 

このトリコスポロンは、家のどのような場所にいるのでしょうか?
代表的な場所としては、以下のような水回り。

  • 洗面所
  • バスルーム
  • 窓のサッシ
  • エアコンの内部

 

洗濯カゴに要注意!


バスルームや洗面所など、目につくカビはキレイにしやすいですよね。
ですが、落とし穴があるんです。
それが、洗濯カゴ

 

洗濯カゴに洗濯物が入ると、湿度が非常に高くなります。
これは、トリコスポロンなどの微生物が発生しやすい環境でもあります。

 

トリコスポロンは、洗濯や天日干しでは死滅しない性質を持っています。
また、トリコスポロンが付着した洗濯カゴに洗濯した衣類を入れたり、干した衣類を入れては、トリコスポロンが減ることはありませんよね。

 

洗濯カゴもアルコール消毒をして、風通しの良いベランダで干すようにしましょう。

 

夏型過敏性肺炎かも…?

女性ホルモン向上ラボ

夏型過敏性肺炎では、鼻水はほとんど出ません。
また、旅行などで自宅を離れると症状が改善したり、夏の時期だけ症状が悪化している場合は、夏型過敏性肺炎を疑いましょう。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
バーベキュー対策、夏型過敏性肺炎の対策、どれもためになるものでしたね。
楽しい夏、しっかり対策をとって健康に過ごしましょう!

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 ,