女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【ゲンキの時間】野菜は食べ合わせで栄養UP!フルーツトマトに注目

   

女性ホルモン向上ラボ

6月5日放送のTBS『健康カプセル!ゲンキの時間』で紹介された、『栄養効果が劇的アップ!賢い夏野菜の食べ合わせ』について詳しくお伝えします!

季節を迎えている夏野菜。
旬の野菜はとても美味しいものですが、健康効果も抜群です。
しかも、食べ合わせによってさらに栄養効果がアップするのだそう。

では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



美味しい夏野菜の見分け方とは

女性ホルモン向上ラボ

ナスはトゲ・光沢・ハリがポイント!

今回、野菜の賢い選び方を解説してくださったのは、恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田智先生。
藤田先生によると、夏野菜の特徴は私たちの身体を冷やしてくれることだそう。
暑い夏には夏野菜を食べることで、健康的に夏を乗り切れるのですね。

 

まずは、夏野菜のナスの賢い選び方をみていきましょう。
ナスを選ぶポイントは、ヘタにあるトゲ
このトゲが痛いくらいのものを選ぶようにしましょう。

 

新鮮なナスは、ヘタの部分のトゲが立っています。
さらに、光沢があり、実にハリがあるものを選ぶようにしましょう。

 

また、ガクと呼ばれるヘタの部分の下にも注目してみましょう。
このガクの下の部分が白くなっているものは成長がよい証拠になります。

 

キュウリはト・ツヤ・硬さがポイント!

女性ホルモン向上ラボ

キュウリの場合は、ナスと同様にトゲがあるもの選びましょう。
藤田先生によると、トゲがあることがキュウリの新鮮さの証拠なのだそう。
表面に鋭いトゲがあるものを選ぶようにしましょう。

 

また、ツヤが良くて程よい硬さがあるものを選ぶのがコツ。
時間がたつとしなってしまうので、適度な硬さをもっているキュウリを選びましょう。

 

枝豆は3つ入り・膨らみがポイント!

夏のおつまみと言えば、枝豆ですよね。
こちらは、3つ入りのサヤで、豆がプクっと膨らんでいるものが美味しい枝豆です。

 

この枝豆は、買ったらすぐに固ゆでをしましょう。
その後冷凍庫で保存してあげると鮮度が落ちずに、美味しくいただけます。

 

 

 

ニュー野菜に注目!

ブロッコリースプラウト

女性ホルモン向上ラボ

こちらのカイワレ大根のような野菜は、ブロッコリーの新芽(スプラウト)を進化させたブロッコリースーパースプラウト
この野菜は最新の予防医学が生み出したもので、がん予防に効果的な野菜として注目されている野菜です。

 

ブロッコリースーパースプラウトには、ブロッコリーのスルフォラファンという成分が豊富に含まれています。
スルフォラファンとは、発がん予防物質のこと。
ブロッコリーもこのスルフォラファンの含有量が多いことで有名ですが、その約20倍も多く含んでいるのです。

 

さらに、アンチエイジング肝機能の向上に期待できる野菜になっています。
味が淡白なので、味噌汁や炒め物など、料理に取り入れやすいのが嬉しいポイントです。

 

カリフローレ


こちらは、カリフラワーを品種改良して生まれた、カリフローレ
3年前に出来たばかりのニュー野菜なのだそう。
カリフローレは、生でも茎まで食べられるので、カリフラワーよりも効果的に栄養摂取ができるのが特徴です。

 

ロマネスコ

 

こちらのロマネスコは、カリフラワーの仲間です。
カロリーが低く、ビタミンCカルシウム食物繊維が豊富に含まれているのが特徴です。
そのため、免疫力アップから美肌効果まで期待できるとして注目されている野菜です。

 

こどもピーマン


こちらのこどもピーマンは、ピーマンから品種改良された野菜。
ビタミンCが従来のピーマンの1.5倍、皮膚や粘膜の健康を保つβカロテンは2倍以上も含まれています。
さらに、ピーマン特有の苦みが抑えられているので、子供でも食べやすくなっているのが特徴です。

 

アイスプラント


こちらのアイスプラントは、カリウム・クエン酸・βカロテンなどが豊富に含まれています。
そのため、生活習慣病の予防や、血糖値の低下、抗酸化作用などに効果が期待される野菜です。

 

グラパラリーフ

 

 

 

こちらのグラパラリーフは、サボテンなどの多肉植物を品種改良したもの。
ビタミンやミネラル、カルシウム、マグネシウムなどが豊富に含まれています。
また、抗酸化作用のあるカテキンも緑茶とほぼ同等に含まれているのが特徴になっています。

 

 

食べ合わせで野菜の栄養効果をアップ!

きゅうり+味噌で老化防止

野菜の効果的な食べ合わせについて解説してくださったのは、白澤抗加齢医学研究所所長の白澤卓二先生。
食べ合わせのスペシャリストです。

 

白澤先生によると、夏野菜のきゅうりは、味噌と一緒に食べることがオススメだそう。
キュウリに含まれるビタミンCと、味噌に含まれるコレステロール値をおさえるレシチンのダブルパワーで、老化防止につながるのだそう。

 

にんじん+鶏肉で生活習慣病を予防

にんじんには、βカロテンが豊富に含まれています。
そのため、動脈硬化や生活習慣病に効果的な野菜と言われています。

 

このにんじんと一緒に食べるのがオススメなのが、鶏肉
肉の脂がβカロテンの吸収を促進してくれる働きがあるのです。

 

 

 

注意すべき食べ合わせとは?

女性ホルモン向上ラボ

ほうれん草×ベーコン

定番メニューでもあるこの組み合わせ、実はNGなのだそう。
ベーコンに含まれるリン酸塩が、ほうれん草の鉄分カルシウムの吸収を阻害してしまうのです。
ただし、炒める前にベーコンを茹でると、鉄分やカルシウムの吸収を阻害することがなくなります。

 

長ネギ×わかめ

こちらも、味噌汁の定番具材ですよね。
ネギのリンや硫化アルリが、ワカメのカルシウム吸収を阻害してしまうのだそう。
対策としては、リンとカルシウムのバランスを調節するために、シラスや青魚を一緒に食べることでカバーが出来ます。

 

 

 

トマトは医者が食べてる野菜ナンバー1!

女性ホルモン向上ラボ

 トマトの栄養効果とは?

トマトが人気の理由は、ご存知リコピンの働きのためですよね。
このリコピンは、余分なコレステロールを体外へ排出し、善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあります。
善玉コレステロールが少なくなると、動脈硬化や生活習慣病を引き起こすリスクが高まります。

 

また、悪玉コレステロールは男女ともに30代から急激に増える傾向があります。
日本人の2人に1人はコレステロール値に問題があるとも言われています。
つまり、トマトは中高年にとって救世主とも言える野菜なのですね。

 

さらに、トマトには、美白ダイエット効果ガン予防にも期待が出来ると言われています。

 

徳谷トマトはトマト嫌いの人にもオススメ

 

 

トマトが健康に良いのが分かっていても、ちょっと苦手…という方も少なくはありませんよね。
そんな人にオススメなのが、フルーツトマトです。
フルーツトマトは食べやすいだけでなく、甘みが強く、栄養価を豊富に含むものも。

 

番組では、今注目のフルーツトマトとして、『徳谷トマト』が紹介されました。
このトマトは高知県で生産され、1玉約300円という高級トマトです。

 

一般的なトマトの糖度は5~6%ほど。
それに対して徳谷トマトは10~12%もあります。
これは、イチゴをもしのぐ甘さ!

 

この徳谷地区は、1970年の台風で川が氾濫し、塩分を含む土壌になってしまいました。
塩分が宿り、乾いた地質になったところ、トマトが余分な水分を吸収しなくなったのです。
そのため、甘みがギュッと凝縮したトマトに変化したのだそう。

 

 

新品種:乙女の涙は甘いフルーツトマト

 

 

次に、番組内で紹介されたフルーツトマトが、こちらの乙女の涙
ネーミングがとても素敵ですよね。
突然変異から生まれた珍しいトマトなのだそう。

 

爽やかな甘みが特徴的で、果肉がしっかりしています。
糖度は11.7%と、こちらも甘味のつよいトマトです。

 

甘いトマトの見分け方とは?

女性ホルモン向上ラボ

普段、スーパーに売っているトマトも、甘いものを上手に見極めるようになれたらいいですよね。
甘いトマトは、おしりの部分に放射状に線が入っているのが特徴です。
これは、栄養がトマトの隅々までいっている証拠なので、甘みのあるトマトなのだそう。

 

アボカドとの組み合わせが最強!

女性ホルモン向上ラボ

白澤先生によると、トマトはアボカドと食べることで、さらに栄養効果が高まるのだとか。
アボカドに含まれる脂が、トマトのリコピンの吸収をさらによくしてくれる働きがあるのだそう。
コレステロール値が気になる方に、特にオススメですよ。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
夏野菜、なんとなく食べていましたが、これからは栄養意識しながら家族に出そうと思えました。
私自身、トマトが実は苦手でして…。
フルーツトマトにチャレンジしてみたい!と思います^^

 

スポンサーリンク



 - ダイエット特集, 美容特集 , , , ,