女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【林修の今でしょ講座】肌のシミはAGEが原因!夏後のアフターケア方法とは?

   

 

女性ホルモン向上ラボ

8月30日放送のテレビ朝日『林修の今でしょ!講座』で紹介された、『肌、目、脳、猛暑の後のアフターケアSP』について詳しくお伝えします!

今年の夏は猛暑とも言われていますが、そんな時にダメージを受けやすいのが肌。
深刻なダメージをそのまま放置して秋に落ち越してしまうと、シミやシワなど肌の老化が加速してしまいます。

夏のダメージは夏のうちにケアをしておくのがベスト。
今回番組では、まだ間に合う肌のアフターケア方法が紹介されましたよ!
では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



シミができやすい人・できにくい人の差は?

女性ホルモン向上ラボ

紫外線は1カ月でシミに

今回、肌のシミ対策について解説してくださったのは、久留米大学医学部教授の山岸昌一先生です。
山岸先生は、老化の研究で医学賞を多数受賞している名医なのだそう。

 

女性にとって最大の悲劇とも言えるのが、肌にシミが出来てしまうことと言っても過言ではありません。
紫外線を浴びてから肌にシミが出来るまで、約1カ月かかると言われています。

 

つまり、7月・8月に浴びた紫外線によって、今まさに肌の中でシミが作られていることになります。
残念ながら、紫外線を浴びなかったことには出来ないので、そのシミの発生を最小限抑えることが大切になります。

 

どうしてシミが出来るの?

女性ホルモン向上ラボ

そもそも、シミはどうして出来るのでしょうか?
肌は強い紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニン色素を出します。
メラニン色素は聞いたことがある人も多いかもしれませんね。

 

メラニン色素とは、黒い色素で、本来は有害な紫外線から肌を守るという重要な役割を担っています。
ですが、その働きが必要がない時は消えるはずなのですが、それが消えない状態がシミなのです。

 

番組では、このメラニン色素が発生している状態を黒い日傘を広げている状態と例えていました。
そして、傘を広げっぱなしになっている状態が、シミなのです。
つまり、この傘をすぐに閉じてあげるようにすれば、シミが消えるということです。

 

 

シミの原因物質は“AGE”!

女性ホルモン向上ラボ

身体の中にパンの焦げのようなものが発生

先ほど、シミが肌にある状態は、肌を守る黒い日傘が開きっぱなしになっているのが原因だとお話ししました。
ですが、この日傘を閉じたくても閉じれないように邪魔をする物質がいるのです。

 

その物質が、AGEと呼ばれるものです。
このAGEは近年の研究で発見され、新たなシミの原因物質として医学界で注目を集めています。

 

このAGEは、実はパンの焦げに似ていると言われています。
パンをトースターで焼くと、色が茶色に変化しますよね。
このように、加熱で色が変わる反応のことをメイラード反応と言います。

 

このメイラード反応が身体の中でも起こることで、シミやシワなどの老化現象を引き起こしていると考えられています。
身体の中のパンの焦げが、AGEなのです。

 

シミを肌に残さないためには体内のAGEを減らす!

女性ホルモン向上ラボ

山岸先生によると、肌を老化から守る夏のアフターケアは、AGEを溜め込まないことなのだそう。
それは一体どういうことなのでしょうか。

 

AGEは、コラーゲン(タンパク質)に糖がこびりつくことで変化したものです。
AGEが体内に大量にあると、ほんの少ししか紫外線を浴びていなくてもシミが出来やすくなってしまうのだそう。
つまり、肌の中のメラニン色素が過剰に分泌されてしまうのです。

 

怖いな~と思うかも知れませんが、反対に考えればシミが予防できることになります。
体内のAGEを減らすようにすることで、シミを肌に残りにくくすることが出来るのです。

 

AGEは、食べ物から体内に入ってきます。
そのため、肌の老化を予防するためにも、そして肌状態を改善するためには、AGEが多く含まれる食材を避けるのが重要になります。

 

それを実践すれば、すでに紫外線を浴びてしまった肌でも、まだシミを予防できる可能性があるのだとか。
では、AGEを多く含む食材とはどのようなものがあるのでしょうか?
それについては、次項で詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク



 

AGEが多い食べ物は肉料理だった!

女性ホルモン向上ラボ

肉類にAGEが最も多く含まれる

食材に含まれるAGEの含有量は、おおまかに野菜<炭水化物<魚<肉の順に多くなります。
だからといって、肉料理を我慢するのはキツイですよね。
私には到底ムリです…。

 

ですが、ちょっとした工夫をするだけで肉料理もOKになるそうです。
それは助かりますね~。

 

AGE量を下げる調理法は“ゆで&蒸し”

女性ホルモン向上ラボ

同じ肉料理でも、調理法を工夫するだけでAGEの含有量を減らすことが出来ます。
山岸先生によると、ゆでたり、蒸したりした料理は、揚げた時と比べてAGEが10分の1になるのだそう。

 

例えば、鶏肉での調理例を見てみましょう。

  • バンバンジー(蒸し料理)…1
  • 焼き鳥(焼き料理)…5
  • 唐揚げ(揚げ料理)…10

 

鶏肉を蒸した料理であるバンバンジーを食べた時に、体内に入ってくるAGE量を1とすると、焼き鳥では5倍、唐揚げは10倍になります。
調理法を工夫するだけで、AGEをぐっと下げることが出来るのです。

 

酢で下ごしらえすれば唐揚げもOK!

女性ホルモン向上ラボ

いくら健康&美容に良いからって、唐揚げも食べたいよー!!!と考える人は私以外にもいるはずです。
番組では、揚げ物でもAGEを減らす方法が紹介されました。

 

唐揚げを作るときに酢で下ごしらえをすると、AGEが増えるのを軽減できるのだそう。
それが出来ない人は、レモンを絞ってかけるようにしましょう。

 

酢やレモンなどの食材を唐揚げなどの揚げ物と一緒に摂ることで、コラーゲンに糖がつきにくくなります。
そのため、AGEの摂りすぎ防止につながるのです。
これなら簡単に出来ますよね。

 

きのこ料理でAGEの吸収を抑えよう!

女性ホルモン向上ラボ

山岸先生がさらにオススメするのが、きのこ料理です。
きのこ類に含まれるキチン・キトサンがAGEの吸収を抑える効果が期待できるのだそう。
肉料理には、きのこ料理とレモンを添えればバッチリですね!

 

 

管理人愛用のシミ対策アイテム



目元のお悩みを根本から改善する話題のアイクリーム!『アイキララ』


私が最近愛用している、シミ対策アイテムがこちらの『アイキララ』。
最初は目元のクマを改善しようと使い始めたのですが、目元のタルミとシミの改善にまで効果的でした。
詳しくは姉妹サイト『ルナビジュ』でレビューを書いています。

 

その場しのぎの目元ケアだけではなく、根本的な改善をしたい!という女性向けのコスメです。
私はアイキララのおかげで、目元のシミやクマをコンシーラーで隠すことがなくなりました。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
夏も終わりが見えてきましたが、今になって身体がガタガタになってきているのを実感しています。
夏のツケを秋に持ち越さないために、今からしっかりケアしたいと思います!
みなさんも、シミを作らないためにアフターケアを実践してみてくださいね。

 

スポンサーリンク



 - 美容特集 , , , , , ,