女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【この差】髪の毛の傷みをチェック!プロ伝授の洗い方・乾かし方5つのコツ

   

女性ホルモン向上ラボ

11月1日放送のTBS『この差ってなんですか?』で紹介された、『傷んでいる髪の毛と傷んでいない髪の毛の見分け方』について詳しくお伝えします!

今回、番組では髪の毛のスペシャリスト、花王ビューティーケア研究センターの主任研究員寺田栄治さんが、痛んでいる髪の毛の見分け方を伝授してくださいました。
しかも、美しい髪の毛を作るヘアケア方法も紹介されましたよ。

では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



髪の毛が傷んでいるかをチェックしよう!

女性ホルモン向上ラボ

水に浮かべることで見分けられる!

番組では水槽で実験しましたが、家では洗面器やお風呂場で実験できます。
まず、抜け落ちた髪の毛でいいので、自分の髪の毛を用意しましょう。

 

その髪の毛を水に浮かべるだけで、チェックは完了です。
あなたの髪の毛は浮きましたか?沈みましたか?

 

健康的な傷んでいない髪の毛は水面に浮かびますが、傷んでいる髪の毛は沈んでいきます。

 

キューティクルが美髪のカギ!

女性ホルモン向上ラボ

なぜ、健康的な髪の毛は水に浮き、傷んでいる髪の毛は沈んだのでしょうか。
その差は、キューティクルです。

 

髪の毛の表面には、キューティクルと呼ばれるうろこ状のようなものがあります。
このキューティクルの表面には油分がコーティングされており、傷んでいない髪の毛はこの油分が水分をはじいています。
そのため、油分が水をはじいて水の中に沈まないのです。

 

一方、傷んだ髪の毛はキューティクルが傷んでしまい、油分も抜け落ちてしまっています。
そのため、水を弾けなくなっており、水に沈んでしまうのです。

 

スポンサーリンク



 

キューティクルを傷めない!洗い方・乾かし方

 

髪の毛を濡らす前にブラシでとかす

女性ホルモン向上ラボ

では、キューティクルを傷めないためには、どうしたらよいのでしょうか。
そのためには、髪の毛の洗い方乾かし方にコツが必要です。

 

キューティクルは、髪の毛のまとまりやツヤを決める部分です。
キューティクルが剥がれてしまう最大の要因として、摩擦があります。

 

絡まった髪の毛は、洗髪前にほどいておく必要があります。
濡らす前に髪の毛をブラシやクシでとかすことで、髪の毛の摩擦を減らすことが出来ます。

 

シャンプー前にコンディショナーを

女性ホルモン向上ラボ

普通はシャンプー後にコンディショナーを使用しますよね。
ですが、整髪料を多く使った日や絡まった髪の毛がとかせないという時は、シャンプー前にコンディショナーを使用しましょう。

 

コンディショナーは油分で髪の毛をコーティングするので、指通りが良くなります。
髪の毛の摩擦を防ぐことが出来るので、シャンプー前にも使用するのがオススメ。

 

もちろん、シャンプー後はコンディショナーをもう一度使用してくださいね。

 

タオルでゴシゴシはNG行為!

アロマと女性ホルモン

洗髪後は、髪の毛を乾かす段階に入ります。
この時、タオルで髪の毛をゴシゴシ拭いてしまうのはNG。

 

塗れた髪の毛は非常にデリケートで摩擦で傷みやすい状況です。
タオルで水分を取るときは、髪の毛を包み込み、押すように水気を取るように意識しましょう。

 

ドライヤーで必ず髪を乾かして!

女性ホルモン向上ラボ

 

ドライヤーを使うと髪の毛が傷んでしまうのでは?と心配する方も多いですよね。
ですが、髪の毛はドライヤーで乾かすことは必須なんです。

 

塗れた髪の毛は、水分を含んでふやけているような状態です。
このような状態でいると、摩擦でキューティクルがはがれやすくなってしまいます。

 

そのため濡れたままにせず、ドライヤーで早く乾かしてあげるのが大切。
それによって、キューティクルがはがれにくくなります。

 

ドライヤーの冷風機能で仕上げを

女性ホルモン向上ラボ

髪の毛全体をドライヤーの温風で乾かした後、最後の仕上げに冷風機能を使って仕上げましょう。
そうすることで、キューティクルを引き締めることが出来るんです。
その後も、髪の毛が傷みにくくなりますよ。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

今回は、髪の毛の傷みチェックと、美髪をつくる方法についてお話ししてきましたが、いかがでしたか?
私も、毎晩ドライヤー後の冷風はしっかり実践しています。
冷風で仕上げると、ツルツルヘアになれるので、たまらないのです笑
みなさんも、美髪目指してヘアケアにチャレンジしてみてくださいね!

 

 

スポンサーリンク



 - 美容特集 , , ,