女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

イライラやストレス解消にチョコレートは逆効果!?糖質制限がおすすめ

      2015/11/29

女性ホルモン向上ラボ

お腹がすくと、なんだかイライラして集中力なんてなくなっちゃう!
感情の起伏が激しくて突然キレたかと思えば、次は無気力になって何もやる気がなくなる…。

 

あなたにも、こんな症状が出ていませんか?
巷でまことしやかに囁かれている『甘いチョコレートを一粒食べればストレス軽減!』、『イライラの解消にはチョコが一番』、『疲れた時には甘いものを食べるといい』という情報。
それを鵜呑みにして、チョコレートや甘いものを食べていませんか?

 

それって、本当に効果がありましたか?
効果があっても一時的で、すぐにまたイライラしませんでしたか?

 

実は、チョコを食べるとストレス解消になる、イライラが消えるという話は大間違いなんです。
むしろ、逆効果でイライラが終わらない負の連鎖の原因になってしまいます。

 

では、どうしたらイライラやストレスをなくせるのでしょうか?
今回は、そのイライラの原因と解消方法についてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

そのイライラ、実は低血糖が原因かも!

 

低血糖ってなに?

女性ホルモン向上ラボ

私たちの体には、血糖値を一定のレベルにする機能が備わっています。
血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度を示す数値のことです。
この血糖値は、食事によって上昇し、その後約3時間で食事をする前の値にゆっくり下がっていきます。

 

低血糖症は、糖質が多すぎる食事をとっているせいで、血糖のコントロールがうまくいかなくなっている状態のこと。
それによって、アドレナリンやノルアドレナリンといった興奮系の脳内ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。
つまり、糖質が多すぎる食事は、イライラや怒りを引き起こす原因になってしまうのです。

 

あなたは大丈夫?低血糖症チェック!

女性ホルモン向上ラボ

どの項目も、低血糖症を引き起こす原因となるものや、低血糖症の症状になっています。
当てはまる項目が多いほど、低血糖タイプということになります。

 

  • 夕方になるとイライラする
  • 些細なことでカッとなる
  • 食事の時間が不規則だ
  • 食後眠くなりやすい
  • 食事の後に甘いものが食べたくなる
  • 『頑張った自分にご褒美!』と言って毎日スイーツを食べている
  • 甘い清涼飲料水をよく飲む
  • 昼食はコンビニのサンドイッチやおにぎりばかりだ
  • 飴やガム、チョコが手放せない、会社のデスクに常備してある
  • 空腹になると冷や汗をかくことがある
  • 空腹になると貧血になることがある
  • 手が震えることがある

 

いかがでしたか?
このような症状がでている場合は、あなたのイライラは低血糖症が原因かもしれません。
一緒に改善していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

イライラと血糖値の関係

 

糖質過多の食事がイライラを引き起こす

女性ホルモン向上ラボ

私たちの体内では、食後に血糖値が上がると、これを下げるために膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。
このインスリンによって、血糖値は少しずつ下がりはじめます。
これが、正常な血糖値の状態です。

 

では、糖質がたっぷりの食事をとった場合はどうでしょうか。
すると、血糖値は一気に上昇していきます。
この一気に上がった血糖値を下げるために、インスリンも大量に分泌されるため、今度は血糖値が急激に下がってしまいます。

 

血糖値が急激に下がってからが、問題です。
下がりすぎた血糖値をあげるために、今度はアドレナリンやノルアドレナリンといった興奮系の脳内ホルモンが分泌されます。
これが、イライラや怒り、不安感の正体なのです。

 

日常的に、糖質の摂取量が多すぎる食事を続けていると、先ほどのような血糖値の激しい変動が繰り返されることになります。
そうすると、次第に血糖調節機能は低下してしまいます。
気分の波が激しくなり、感情のコントロールがきかなくなるなどの症状が、表に出てきてしまうのです。

 

周りの人や環境のせいでイライラしてストレスがたまっていると思っていませんか?
たしかに、それも一因としてあるでしょうが、その思いを加速させている原因はあなたの食べ方にあるのです。

 

 

イライラすると甘いものを食べたくなるのはどうして?

女性ホルモン向上ラボ

『低血糖』の字面を見てしまうと、どうしても『甘いものを食べれば治る』と思いがちですよね。
でも、それは全くの逆効果になってしまうのは、先ほどの説明通り。
糖質を過剰に摂取することで引き起こされるのが低血糖なのですから、甘いものを食べるのはもってのほか。

 

イライラしたときに甘いものが欲しくなってしまうのは、血糖値が急激に下がっている証拠。
だからと言ってその欲求のままにチョコレートや飴など、甘いものを摂取してばかりいると、低血糖症へまっしぐらです。

 

実際に、甘いものを食べると、ほっとしたり、イライラしている気分が和らいだり、甘い物の効果を感じている人もいると思います。
ですが、それはあくまで一時的なもの。
しかも、実際にそう感じているならば、あなたはもうすでに立派な低血糖症と言えます。

 

イライラやストレスから逃れるために甘いものを口に入れてリラックスできても、血糖値は再び急上昇と急降下を繰り返します。
それによって、またイライラする、甘いものが欲しくなるといった負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

 

低血糖症が原因のイライラには糖質制限がおすすめ

女性ホルモン向上ラボ

では、その負のスパイラルを断ち切り、低血糖症の症状を改善するにはどうしたら良いのでしょうか?
答えは簡単です。
糖質を制限して血糖値を急激にあげない食生活を送るようにすればいいのです。

 

糖質制限は、イライラを改善してくれるだけでなく、ダイエットや美容にも効果があります。
糖質制限の方法については、次回の記事『糖質制限ダイエットで一カ月で確実に3キロやせる方法』で詳しくお話ししていきます。

 

 

スポンサーリンク

 - ダイエット特集, 生理前・生理中の不調改善 , , , , ,