女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【お灸でダイエット】気になる脚やウエストに効果的なツボはここ!

      2015/11/29

女性ホルモン向上ラボ

お灸と効くと、肩こりや腰痛など、痛いところを治療するものというイメージですよね。
ですが、近年『お灸女子』という言葉が登場するほど、女性にとっても嬉しい効果がお灸にはたくさんあるんですよ!

 

肩こりや腰痛、女性特有の不調を改善するのはもちろんのこと、なんとお灸には美容やダイエット効果も。
じんわり温かいお灸で、気持ちよくリラックスしながらキレイになれるなんて、見逃せませんよね。

 

今回の記事では、女性なら誰もが気にしている体のパーツ別に、ダイエットに効果的なツボをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

ぷよぷよのウエストをキュッと細くしたい!

女性ホルモン向上ラボ

まずは、お腹周り、ウエストに効果的なツボです。
ウェスト周りに脂肪がつきやすい人は、冷たい飲み物や食べ物、またお酒が好きな人が多いのが特徴。
これらは、内臓を冷やしてしまい、脂肪をつきやすくしてしまいます。

 

まずは、お腹を温めるツボにお灸をして、脂肪を燃焼しやすい体質に変化させましょう。
お腹を温めることで代謝があがり、脂肪を燃焼し、また脂肪をつきにくくすることが出来ますよ。

 

合谷(ごうこく)

女性ホルモン向上ラボ

合谷は、人差し指と親指の骨が合流するところにあります。
人差し指側のくぼみを探して、お灸を乗せましょう。
合谷は、代謝を良くしてエネルギーの消費を増やします。

 

大巨(だいこ)

女性ホルモン向上ラボ

大巨は、おへそから左右に指3本分、そこからさらに下に指3本分のところにあるツボ。
内臓を温めて、お腹周りの脂肪を燃焼しやすくしてくれるツボです。
便秘の改善にも効果的な場所です。

 

期門(きもん)

女性ホルモン向上ラボ

期門は、乳頭の真下で、一番したの肋骨(ろっこつ)の下側の内側にあるツボ。
代謝をアップして、痩せやすい体にする効果があります。
お酒を飲み過ぎてしまった時など、肝機能の改善にも使われるツボです。

 

 

 

 

ブーツがきつい!?太いふくらはぎをキュッと細くしたい!

女性ホルモン向上ラボ

ブーツがふくらはぎから上に上がらない、靴下を脱いだらゴムのあとがくっきり残っている…。
これは、どちらもふくらはぎがむくんでしまっている証拠。
血行不良と、水分代謝の悪化がその原因です。

 

冷えをとって血液の循環をよくして、東洋医学で言う『水』の滞りをなくせば、ふくらはぎはかなりほっそりしますよ!
これからご紹介する『承筋』と『承山』のツボで、ふくらはぎの筋肉を直接刺激して働きを高めてあげることで、余分な水分を押し出しちゃいましょう!
これで、靴下のゴム跡も、ブーツとの格闘もおさらばですよ。

 

承筋(しょうきん)

女性ホルモン向上ラボ青色の星の場所。
承筋は、左右のふくらはぎの一番太いところの真ん中あたりにあるツボ。
ふくらはぎが体を支えるのに必要な力を強化するツボ。
足腰のだるさを取るのにも効果的です。

 

承山(しょうざん)

女性ホルモン向上ラボ

青色の星の場所。
承山は、ふくらはぎの中央の線上にあり、ひざの裏とくるぶしの真ん中あたりにあるツボ。
足のだるさの解消にも効果的なツボ。ロングフライト血栓症の予防にも。

承筋、承山は、ヒップアップにも効果的なツボです。

 

委中(いちゅう)

女性ホルモン向上ラボ

青色の星の場所。
委中は、ひざの裏側にあるツボ。
ここは自分でお灸がしにくい場所のため、マッサージがおすすめですよ。
すっきりした脚になれます。

 

脚の前側を親指で、足首、ふくらはぎを他の四本の指で包み込むようにマッサージしてみてください。
下から上に揉んで行って、この委中の場所に来たら、四本の指でツボをじんわり押してみましょう。
お風呂の中でするのも、効果的です。

 

 

照海(しょうかい)

女性ホルモン向上ラボ

照海は、内くるぶしの真下指幅1本分のくぼみにあるツボ。
腎臓を温め、からだの冷えを取る効果があります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

脂肪を燃焼しやすい体になりたい!

女性ホルモン向上ラボ

胃腸の働きが悪いと、消化が悪くなるだけでなく、からだの脂肪を燃焼させる働きも弱くなってしまいます。
お灸によって、胃腸の働きを高めてあげると、体力もつき、いらない脂肪を燃焼しやすい体をつくることが出来るようになりますよ。

 

足三里(あしさんり)

女性ホルモン向上ラボ

足三里は、赤い星のところ。
ひざ裏に手を当てて、親指があたるところにあるツボ。
すねの骨の外側にあります。

 

その足三里から下へ指4本分づつ下にある青い星のツボ2か所。
足三里とこの2つのツボを合わせて、胃の気三点と言います。
胃酸の分泌をコントロールし、胃腸の働きを高めてくれるツボです。

 

中脘(ちゅうかん)

女性ホルモン向上ラボ

からだの中心線で、おへそとみぞおちの真ん中にあるツボ。
おへそから、指四本分上にあります。

 

中脘は、弱った胃腸の働きを整えてくれる効果があります。
胃の痛みや、胃もたれの緩和にも効果的なツボです。

 

厲兌(れいだ)

女性ホルモン向上ラボ

足の人差し指の爪のわき。
厲兌は、からだの中の不要物を排出するツボで、便秘やむくみの解消に効果的です。
デトックスでダイエットを狙えます。

 

 

 

 

 

体をデトックスしてダイエット!

女性ホルモン向上ラボ

便秘になると、胃腸の働きが低下しがち。
そうなると、基礎代謝も低下して、太りやすい体質になってしまいます。
本来、不要な排出すべきものは、早く体の外にださなければいけないのに、いつまでもお腹の中にためておくことで、ますます太ってしまうという悪循環に。

大巨(だいこ)

女性ホルモン向上ラボ

ウエストに効くツボでも紹介した大巨。
便秘の特効ツボとも呼ばれるほど、便秘に効果があるツボです。

 

関元(かんげん)

女性ホルモン向上ラボ

おへそから指四本分下にあるツボ。
関元は、腸が冷えてしまっている人におすすめのツボです。
腸を温め、正常な働きを取り戻してくれます。

 

太衝(たいしょう)

女性ホルモン向上ラボ

足の親指と人差し指の間で、指先からなぞると指がとまるところ。
太衝は、肝臓の働きを助け、『血』を補充してくれるツボ。
すっきり排便できない人や、ガスがたまってお腹が張る人にもおすすめのツボです。
ストレスで便秘になりがちな人にも効果的です。

 

合谷(ごうこく)

女性ホルモン向上ラボ

 

ウエストにも効くツボとしてもご紹介した合谷。
便がコロコロして臭い人や、口臭、吹き出物、ニキビ、肌荒れに悩んでいる女性にも効果的なツボです。

 

神門(しんもん)

女性ホルモン向上ラボ

手首を曲げた時に横に出来るシワの、手のひらの小指側にある小さいくぼみ。
神門は、ストレス系のツボです。

 

副交感神経を優位にし、心身をリラックスさせることで腸の働きを促す効果があります。
旅行中の便秘にもおすすめのツボです。

 

 

 

さいごに

いかがでしたか?
お灸は、一回だけでなく、継続して続けることで体質の改善がされていきます。
とてもリラックス効果の高いものなので、私も大好きです!
お灸でリラックスしながら、体の気になる場所をケアしてみましょう♪

 

こちらの記事もあわせてどうぞ

 

 

 

スポンサーリンク

 

 - ダイエット特集 , , , , ,