女性の健康【その他】

夏風邪・夏バテ…あなどると命の危険も!しっかり対策して夏を完璧に乗り切って

投稿日:

風邪というと寒い冬にひくものというイメージが強いですが、 夏も風邪には要注意の季節。そして夏の健康面で風邪とともに気になるのが、夏バテ。この2つを毎回夏になるたびになってしまう…という人も多いのではないでしょうか?

今回は、夏風邪や夏バテについてお話ししていきたいと思います。原因と対策方法についてしっかりチェックしていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

夏風邪ってどんなモノ?

女性ホルモン向上ラボ

夏にひく風邪の代表格には3種類あります。それは、ヘルパンギーナ・手足口病・プール病。どれも子供がかかりやすい病気というイメージがありますよね。ですが、意外と知られていないのが大人もかかるということ。

冬と夏の風邪では病原体となるウイルスが違います。 冬の風邪はインフルエンザが猛威をふるいますが、夏の風邪はエンテロウイルスとアデノウイルスが病原体となります。どちらも感染力が強いウイルスですので注意が必要です。

一般的に風邪のウイルスというものは、低温かつ乾燥した環境を好みます。その例として、冬の風邪の原因となるコロナウイルやRSウイルスなどです。

 

夏には、高温かつ多湿の環境を好むウィルスが活動的になりますので夏風邪の原因になります。ヘルパンギーナや手足口病は、エンテロウイルスに感染することによりなる病気です。そして、プール熱はアデノウイルスによるものです。

どちらのウイルスに感染しても、咽喉に炎症が起ったり、口の中の病気の口内炎になったりします。このような病気は5歳以下の幼児が感染する事が多いとされています。幼稚園など集団で生活する場で発生する場合もありますが、子供だけとは限りません。

抵抗力が落ちている場合は大人でも感染することがあります。また、そういった場合、重症化することもありますので、特に注意が必要です。

 

 

夏風邪の症状とその治療方法

女性ホルモン向上ラボ

ヘルパンギーナと手足口病は、どちらも同じエンテロウイルスによる感染ですが、症状は少し違います 。

 

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナでは、高熱が出ます。また、口の中に水疱ができ喉の痛みがあります。それとは違い、手足口病では熱はそれほど高くなりません。

しかし、水疱は口の中だけでなく病名にもあるように手や足にも水疱ができます。

ヘルパンギーで重症化すると髄膜炎や脳炎になってしまう場合があるので特に注意が必要と言われています。その反面、重症化しにくいのは手足口病ですが、もしエンテロウイルス71に感染してしまうと重症化する恐れがあります。

 

プール熱

プール熱の症状は、喉の腫れと痛み、目のかゆみや痛み結膜の充血で熱を高くなります。病原体であるアデノウイルスは胃腸炎を 起こしやすくします。 それにより、この プール熱でも下痢や腹痛を訴えることがあります。

プール熱もアデノウイルス 7 型というものに感染してしまった場合は、重症化すると分かっています。それに感染すると老人や乳幼児など、抵抗力の弱い人は呼吸障害を起こす可能性があるので注意が必要です。

 

これら3つの病気は 共通してウイルスで発生するものであります。主な治療は熱や痛みに対処するものです。

また口の中に水疱ができるなど、喉に炎症が起こるので食事がしにくくなります。それによりもし脱水症状を起こしていれば、点滴治療が必要になります。

 

 

夏風邪をしっかり予防!

女性ホルモン向上ラボ

感染を防ぐ

これらを予防するには生活習慣を改善する必要があります。手洗いやうがいをする習慣をつけましょう。またトイレの後、食事の前にも必ずうがい手洗いをする習慣をつけましょう。その際、石けんで手の隅々までよく洗うようにしてください。

そしてもし家族に患者がいる場合は、同じタオルは使わず分けるようにしてください。 濡れて汚れたタオルにはウイルスが繁殖しやすいです。

 

抵抗力を低下させない

夏は暑いため食欲が低下しがちですが、抵抗力を低下させないようにバランスの良い食事をすることも必要です。暑くて、冷たいのどごしの良いそうめんやうどんなどばかりを食べてしまうことも多いと思いますが、栄養バランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。

 

また睡眠不足による体力低下にも注意が必要です。夏は蒸し暑く、十分な良質の睡眠を取ることが難しいですよね。出来るだけ早めに寝たり、冷却機能のあるマットレスを使用するなどして、日中の疲れを取る工夫をしましょう。

 

寝苦しい時は就寝の1時間前にぬるめのお風呂に浸かり体を温めておくことも夏風邪予防に効果があります。夏は暑いので簡単にシャワーだけで済ませたいという方も多いと思いますが、出来るだけお風呂に入って疲れを取るよう心がけましょう。

暑い季節なので一度夏風邪をひくと症状が長引きやすいので、疲れをためずに予防することがポイントです。

 

 

夏風邪をひいた…そんな時に注意すべきこと

女性ホルモン向上ラボ

発熱がある場合、市販の解熱剤鎮痛剤や風邪薬を服用する人が多いかもしれません。 しかし、腹痛や下痢がある場合注意したいのは、薬局などの市販薬です。

市販薬の中には、胃や腸の運動機能等に障害が起こることで胃もたれや痛みを感じたり、便秘を起こしやすいものもあるので気をつける必要があります。

腹痛や下痢が長引いた時には、早めに病院などの医療機関を受診して、適切な薬を処方してもらうことが大切です。

 

また下痢をとめると脱水症状を起こしやすくなります。特に高齢の方は発熱で体がだるくても、それに気付くのが遅くなります。出来るだけこまめな水分補給を心がけましょう。

そして食事は脂っこいものは控えて、胃腸にやさしく喉の通りが良いものを食べるようにしてください。

 

のどの痛みには濡れマスクが効果的です。早めの処置を心がけましょう。喉が腫れて飲み物などが飲みにくい症状にまで悪化しまった場合は、すぐに近くの病院を受診して、それ以上悪化させないようにすることが大切です。

夏風邪の場合少し高めの熱が、2、3日続くこともあります。そんな時、無理に布団をかぶって汗をかいて治そうとしないで下さい。夏場は体力を消耗してしまうので、十分な注意が必要です。必ず水分を十分にとってぐっすり眠り、心身共に回復を心がけましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

気が付かないうちになっている“夏バテ”

女性ホルモン向上ラボ

夏バテの症状とは、体がだるい重いというような状態です。食欲もなくなり疲れやすくなってきます。そして、夜なっても暑さが残り、寝苦しいので寝つきが悪くなります。それにより、全体的な体力が低下していきます。

体内のたんぱく質が消費していき 、その供給が追いつかなくなります。このような状態を 夏バテといいます。

 

夏バテの対処法

女性ホルモン向上ラボ

暑い夏は 基礎代謝が高まります。それによってたんぱく質を多く消費する事になります。また、エネルギーの代謝に欠かせないビタミンB1が必須となります。

体力が落ちてきているので、部屋は寒すぎないように、エアコンをつけても扇風機で冷気を回すようにしたり、除湿機などもうまく利用しましょう。良い環境を作り、十分な休養を取るように心がけましょう。

 

意外と怖い夏バテですが、どうしても暑いので冷たいアイスや飲み物をいつも以上に取ってしまう傾向にあります。そういう事を繰り返しているうちに、夏バテになってしまいます。

自分でも知らない間に深刻な状況になることもあるので、いつもの季節以上に気をつけて、しっかりとバランスのとれた食事とこまめな水分補給が必要です。一日一日を気を付けて過ごすことが夏バテ予防のコツになります。

 

 

まとめ

夏風邪だからといって、油断しないように注意しましょう。日頃から予防のためにも、手洗いやうがいを心がけることが大切です。夏の暑さに負けないようにしっかりとバランスのとれた食事をとり、健康なカラダづくりをしていきましょうね!

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

-女性の健康【その他】
-,

Copyright© 女性ホルモン向上ラボ , 2017 AllRights Reserved.