女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【妊娠中・産後の痔】妊婦がなりやすい痔の原因は?予防・改善3つのポイント

   

女性ホルモン向上ラボ

妊娠中や産後の女性に多く見られる悩みのひとつが“痔”。
これまで経験がなかった人でも、この時期は痔になりやすい理由があるんです。

 

今回は、妊婦さんや産後ママさんがなぜ痔になりやすいのかについてお話ししていきます。
また、痔の改善方法もご紹介していきます。
では、さっそく詳しくみていきましょう!

 

スポンサーリンク



出産前後は痔を悪化させやすい!

女性ホルモン向上ラボ

女性ホルモンの影響で便秘がちに

女性は妊娠すると、ホルモンの影響で便秘になりやすくなります。
そのうえ、大きくなった子宮の重みや、出産時のいきみなどによっても痔になりやすい状況です。

 

さらに、産後は会陰切開の傷が気になってしまったり、赤ちゃんのお世話に追われて排便のチャンスを逃してしまったり…。
このようなことが重なることで痔を悪化させてしまうことが少なくありません。

 

痔には3種類ある

痔の種類は大きく分けて以下の3つがあります。

  • 痔核(いぼ痔)
  • 裂肛(切れ痔)
  • 痔ろう(あな痔)

 

この中で女性に多く見られるのがいぼ痔と切れ痔の2つです。
その2つについては、次で詳しく解説していきます。

 

 

妊娠中の女性がなりやすい痔の種類

女性ホルモン向上ラボ

痔核(いぼ痔)

女性がなりやすい痔の種類のひとつめが痔核。
通称いぼ痔と呼ばれるものです。

 

肛門周辺には血管があるまって、肛門を閉じる働きをするクッションのような部分があります。
この部分にうっ血が起こって腫れ、いぼのようになったものが痔核です。

 

痔核には、肛門の内部に出来る内痔核と、肛門の外側にできる外痔核があります。
(上図参照)

 

痔核が出来ると、排便時に便が痔核をこすり出血します。
また、排便後に便が残っているような感じ(残便感)もあります。

 

残便感は、便ではなく痔核が腫れている時に感じる場合もあります。
そのため、便が残っていると勘違いすることで、便を出そうと長時間いきんでしまい、痔を悪化させてしまう人が少なくありません。

 

いぼ痔を放置すると?

困る 悩む 女性

痔核を放置していると、痔核が肛門から飛び出してくるようになります。
さらに症状が進行すると、痔核が常に外に飛び出したままの状態に。

 

妊娠中や出産後は、突然肛門のまわりが腫れて、強い痛みを伴う血栓性外痔核になるママも少なくありません。
これは、肛門の周りに血栓(血豆)が出来た状態です。
腫れて強く痛み、時には血栓が破れて出血してしまうこともあります。

 

 

裂肛(切れ痔)

女性ホルモン向上ラボ

裂肛も女性に多く見られる痔のひとつ。
これは、便秘によって硬い便が通るために、肛門の粘膜が傷ついた状態です。
また、下痢によって肛門に負担がかかって切れ痔になってしまう人もいます。

 

痔核(いぼ痔)に比べて出血は少ないですが、痛みが強いのが特徴です。
これは、裂肛が出来る部分には痛みを感じる神経が通っているためで、排便のたびに痛みます。

 

痛みによって肛門括約筋がけいれんするため、さらに痛みが増します。
排便後も痛みがジーンと続く場合もあります。

 

痛みがあることで、ついつい排便を我慢しがちになってしまいます。
そのため、ますます便秘が酷くなり、排便時に肛門が傷つくという悪循環に陥りやすくなります。

 

 

下痢も便秘も痔には悪影響!

女性ホルモン向上ラボ

どちらも肛門にダメージを与えてしまう

便の状態は、痔に大きな影響を与えます。
硬い便は、強くいきまなければ排便できないので、肛門にダメージを与えてしまいます。

 

では、下痢であれば痔に影響がなさそうと考えがちですが、これは違います。
下痢の場合は、一気に排便をするために、その勢いでかえって粘膜を傷つけてしまうことがあるのです。
また、下痢は排便回数が多くなり、未消化便であったりすることも、お尻へのダメージを多くしてしまいます。

 

理想的な便とは?

女性ホルモン向上ラボ

では、理想的な便とはどのようなものなのでしょうか?
形がバナナ状で、練り歯磨き程度の柔らかさの便がベストです。

 

たとえ毎日便通があったとしても、コロコロしていたり、細かったり、太すぎたり、柔らかすぎたりする便ではよい便とは言えません。
毎日ちゃんと自分の便の状態をしっかりチェックしてみてくださいね。

 

 

痔と間違えやすい病気も!

女性ホルモン向上ラボ

直腸がんと痔の区別はつきにくい

実は、痔かも…と思っていたものが直腸がんの症状だったというケースがあります。
痔による出血と、直腸がんによる出血は、同じように鮮血です。

 

そのため、痔の出血だと思っていたらがんだった…という事があります。
出血があったり、便の状態が変わるなど、気になる症状がある場合は、ためらわずに医療機関を受診しましょう。

 

 

スポンサーリンク



 

痔の予防・改善方法は?

妊婦さんや産後ママには、普段から痔の予防に努めてもらいたいと思います。
予防法は改善方法にもつながりますので、ぜひ実践しましょう。

 

痔のNG行為に注意!

お風呂 バスルーム 石鹸

痔の脱出物があると、その分泌物の刺激によって肛門周辺がかぶれたり、痒みがでることがあります。
そのため、ついつい指で掻いてしまいがちなのですが、かくと炎症が悪化しやすいので厳禁です!

 

また、排便後の拭き過ぎにも注意が必要です。
シャワー式(ウォシュレット)トイレの場合は、お尻をキレイにしようとシャワーを強めにしてしまう人もいます。
強い水流はお尻に過度な刺激を与えてしまうので、柔らかめの水流にするようにしましょう。

 

入浴時の肛門の洗い方にも注意してください。
肛門周辺を清潔にしようと、石鹸でゴシゴシしてしまいがちですが、これもNG行為。
肛門周辺はとてもデリケートですから、洗うときは石鹸を使わずに、お湯で優しく汚れを落とす程度にしましょう。

 

トイレ習慣の見直しを

女性ホルモン向上ラボ

 

毎日のトイレも、おしりに負担をかけないようにしましょう。
まず、排便は短時間で済ませて、強くいきまないようにしてください。
2~3分たっても便が出ない場合は、いったんトイレから出るようにします。

 

そして、重要なのが便意を我慢しないこと。
普段から便意を我慢しがちな人は、便意に鈍感になってしまう傾向があります。
それによって便秘になりやすくなるので、我慢は禁物です。

 

痔になっている時も便意は我慢しないでくださいね。
便秘と痔の悪循環に陥ってしまいます。

 

食生活の見直しを

女性ホルモン向上ラボ

普段の食事内容にも気を配りましょう。
まず、食物繊維を積極的に摂るように心がけます。
芋類やこんにゃく、野菜類や果物類はもちろん、海藻類やきのこ類も積極的に食べて欲しいものです。

 

また、アルコールや刺激物の摂りすぎにも注意してください。
妊娠中の方や出産直後のママさんにはあまりアルコールを飲む人はいないと思いますが…。
アルコールや唐辛子などの刺激物は、痔にも悪影響ですから控えましょう。

 

 

 

妊娠中・産後に痔になったら病院に行く?

女性ホルモン向上ラボ

恥ずかしがらずに肛門科を受診して

痔の症状を我慢するのは不快で辛いものです。
場所が場所ですから、恥ずかしいと感じる女性も多いですよね。
また、肛門科の待合室で男性と一緒になるのがイヤという女性も多いようです。

 

ですが、近年では女性だけの診察日を設けている肛門科が増えてきています。
また、女医さんが見る女性専用のクリニックもありますから、探してみましょう。
不快な症状を我慢せずに気軽に肛門科を受診してほしいと思います。

 

病院での診察内容は?内診は痛い?

女性ホルモン向上ラボ

初めて肛門科を受診するときは、どんな姿勢をとらされるのか、痛い思いはしないのか…といった不安を持つママさんも多いです。
その不安を解消しておきましょう。

 

初診では、まず痛みや出血の有無、排便の状態などを問診で聞かれます。
問診票に書く病院もあります。

 

次に診察です。
診察では、横向きになってベッドで寝ることになります。
下着はお尻が見える程度に下げれはOKです。

 

初めに肛門および肛門周辺を観察し、次に指を肛門から挿入して内診を行います。
そこで、腫瘍の有無などを確認します。
触診後は、肛門鏡という機器を入れて痔の有無や程度を調べることもあります。

 

力を入れることなく、リラックスして診てもらいましょう。
そうすれば、痛みはほとんど感じません。

 

痔の場合、治療の基本となるのは薬物療法です。
症状が重い場合は手術が検討されることもありますが、希望しない場合は薬でうまく痔とつきあっていく方法もあります。

 

肛門科は妊娠中はもちろん、便秘中や生理中でも受診して問題ありません。

 

かかりつけの産婦人科に相談してもOK

女性ホルモン向上ラボ

肛門科はやっぱり避けたい…という方は、妊娠中や産後であれば、出産予定または出産した産婦人科に相談してみるのも良いでしょう。
ただし、症状や病院によっては肛門科への受診をすすめられることもあります。

 

 

妊娠中・授乳中でも安心の便秘解消アイテム!



妊娠中の「出な~い!」をお助け!

こちらの“するっと抹茶”は、便秘や下痢で悩む女性に人気の便秘茶で、たまごクラブにも掲載されました。
妊娠中や授乳中のママさんは、口にする物には特に気を使いますよね。
便秘薬やサプリは避けたい…というママさんも多いようです。

 

この“するっと抹茶”は、すべての素材が天然由来成分100%。
しかも、ノンカフェイ、下剤成分ゼロなので妊娠中や授乳中のママさんでも安心して飲めます。

 

乳酸菌や水溶性食物繊維が、腸内環境を整えてくれて、自然なお通じを助けてくれますよ。
コーヒー味(もちろんノンカフェイ)もあるので、お好みの味で便秘解消できます。

 

詳しくは、メーカー公式ホームページをチェックしてみてくださいね。
>>>おつうじ屋のするっと抹茶

 

するっとカフェ(コーヒー味)はこちら。


4つの天然素材でお腹スッキリ【するっとカフェ】

さいごに

いかがでしたか?
妊娠中、私もいぼ痔になった経験があります。
それまでは便秘知らずの女だったんですが、妊娠とほぼ同時に便秘になったんですね。
そして、案の定痔に…。

 

分娩時にも痔が気になっていたほどです笑
分娩時、助産師さんに痔が気になる!と訴えていたら、そっと肛門を抑えててくれました。
お陰でいぼ痔が分娩で悪化することは避けられました^^;
あの時の助産師さんには、本当に感謝です…。

 

痔に悩むママさん、母は強し!です。
すっきり解決して、子育てを頑張れるようになりましょう!

 

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , , , ,