女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【ノンストップ】モートン病の症状と対策!健康的で美しい脚になる3つの方法

   

女性ホルモン向上ラボ

9月7日放送のフジテレビ『ノンストップ!NONSTOP!』内のコーナー『美活やってます!』で紹介された、『女性を悩ますモートン病!症状と対策とは?』について詳しくお伝えします。

 

猛暑が続くこの時期、多くの女性がサンダルやミュールなど足を出す靴を履いていますよね。
じつは、こんな女性が注意すべき病気があるのだそう。
それが、モートン病。

 

酷い人は、痛みで歩けなくなってしまうのだとか。
番組では、モートン病の症状と対策方法について紹介されましたよ。
では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



モートン病ってどんな病気?

女性ホルモン向上ラボ

一点集中の激痛が起こる

モートン病とは、足指の付け根部分の神経が炎症を起こして腫れ、足の裏にしびれや痛みを伴う病気のこと。
酷い場合は、激痛で歩けなくなってしまうこともあります。

 

モートン病で痛くなる場所は、足の中指・薬指の間です。
痛みの特徴として、くぎを刺されたような痛み、脳天に響くような痛みがあると言われています。
一点に集中して激痛が走ることが特徴的です。

 

モートン病の治療方法は?

モートン病になった場合、専用のインソールや足にあった靴を履くことが指導されます。
それでも痛みが治まらない場合は、注射で痛みや腫れを取り除くこともあります。
改善の見込みがない場合は、手術を選択する場合もあります。

 

 

モートン病の原因は足のアーチ崩れ

女性ホルモン向上ラボ

 偏平足の人は要注意!

人間の足には、本来、内側と外側と横の3つのアーチがあります。
その3つのアーチで体重や衝撃などから守るクッションの役割をしています。

 

ですが、このアーチが崩れると、足の横幅が広がったり、神経を圧迫して痛みが出たりするようになります。
女性の場合は、ヒールなどでアーチが崩れやすいので注意しましょう。

 

また、偏平足の人もアーチが崩れている状態です。
偏平足は、土踏まずの部分が平らになっていて、地面についている状態を言います。

 

モートン病だけじゃない!アーチの崩れによる足裏の病気

女性ホルモン向上ラボ

足のアーチが崩れることで起きる足裏の病気は、モートン病だけではありません。
その代表的なものとして、足底筋膜炎巻き爪があります。
足底筋膜炎とは、アーチが崩れることでかかとから伸びる筋肉が張ってしまい、痛みが出たり疲れが出やすかったりします。

 

また、本来足の爪は巻きやすいものですが、体重の圧によって平らに伸びているものです。
ですが、足のアーチが崩れて、足がうまく使えないようになってしまうと、巻き爪になりやすくなってしまいます。

 

 

スポンサーリンク



 

足裏アーチを作ってモートン病を予防!

テニスボールで足裏ストレッチ

テニスボールを1つ用意しましょう。
足裏で体重をかけながらボールを前後に転がします。
足裏の疲れの緩和にもつながります。
いつでも好きな時間にコロコロしてみましょう。

 

タオルギャザー

タオルを1枚用意しましょう。
それを床に広げて置き、足の指でたぐり寄せていきます。
足の指の付け根を使うことを意識しましょう。

 

 

 ノンストップで紹介された最新足裏グッズ!

ペダック ステップ

 

 

こちらは、靴の中の土踏まず部分に入れるインソールです。
アーチをサポートしてくれる効果があります。

 

Ba2ne バネインソール

 

裏側のかかと部分にバネが仕込まれているインソール。
足裏にかかる衝撃を分散してくれる効果があります。

 

ASHIMARU レディースハーフ

 

パンプスの中に入れられるインソール。
穴が開いていることで、足がフィットしやすくなっています。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

足って意外とおざなりにしがちな部分ですよね。
痛くなってからやっとマッサージする、ケアする…というのは私だけではないはず^^;
普段から足のためにケアすることも大切なんですね。

 

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , , ,