女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【ノンストップ】美肌になれる温泉の入り方!-5歳肌に!飲む温泉も

   

女性ホルモン向上ラボ

2月17日放送のフジテレビ『ノンストップ!NONSTOP!』内のコーナー『美活☆やってます!』で紹介された、『マイナス5歳肌!温泉で美肌になれる入浴術』について詳しくお伝えします!

寒さが厳しいこの季節、恋しくなるのが温泉。
今回は温泉ソムリエの岡村麻純さんが、マイナス5歳の美肌になれる温泉の入り方を教えてくれましたよ。
温泉はそのまま入っても美肌効果はありますが、その効果をさらにアップする方法があるのだそう。

では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



-5歳肌!美肌になれる温泉の入り方

女性ホルモン向上ラボ

日本の温泉は泉質が9種類

温泉の泉質を気にして入ったことはありますか?
日本には、温泉の泉質が9種類もあるのだそう。
泉質の種類によって、入り方を変えるのが美肌への近道になるようです。

 

まずは、9種類の泉質にはどのようなものがあるのか、見てみましょう。

  • 単純温泉
  • 塩化物泉
  • 硫黄泉
  • 炭酸水素塩泉
  • 硫酸塩泉
  • 含鉄泉
  • 放射能泉
  • 二酸化炭素泉
  • 酸性泉

 

漢字ばかりで難しい感じがしますね。
肌や身体にいい天然成分が温泉には含まれていますが、その性質や量で泉質の名前が変わってくるそうです。

 

美肌になれる温泉の泉質は3種類!

さきほどの9種類の泉質の中で、昔から特に肌にいい泉質が下の3種類のものになります。

 

  • 硫黄泉(いおうせん)
  • 炭酸水素塩泉(たんさんすいそえんせん)
  • 硫酸塩泉(りゅうさんえんせん)

 

これらは、温泉ソムリエ協会が、“美肌の湯”としている泉質でもあるのだそう。
この3つの泉質を“3大美人の湯”とも呼ぶそうですよ。
これらの泉質、それぞれ違う美肌効果があるようです。

 

 

“3大美人の湯”泉質別の美肌効果をチェック

女性ホルモン向上ラボ

 硫黄泉は“シミ予防の湯”

硫黄泉は、私たちが温泉の匂い!と感じる硫化水素の香りがする温泉です。
この硫黄泉は、新陳代謝を高めてくれる効能があるため、シミの予防に適した泉質です。
また、メラニンの分解を促進してくれる働きがあり、美白効果も期待できる温泉です。

 

この硫黄泉の代表的な温泉地は、山形の銀山温泉長野県の別所温泉があります。

 

 炭酸水素塩泉は“クレンジングの湯”

炭酸水素塩泉は、肌の余分な角質や、皮脂を取る働きがあると言われている泉質です。

この炭酸水素塩泉の代表的な温泉地は、大分県の別府温泉宮城県の鳴子温泉郷があります。

 

硫酸塩泉は“若返りの湯”

硫酸塩泉は、若返りの湯としても有名ですが、“傷の湯”とも呼ばれるのが一般的。
肌の火傷や皮膚病の治癒に効能があると言われています。
肌の組成効果から、肌のハリや弾力をアップするのに効果が期待できる温泉です。

この硫酸塩泉の代表的な温泉地は、群馬県の伊香保温泉静岡県の堂ヶ島温泉があります。

 

 

美肌になれる温泉の入り方のコツ

箱根・芦之湯温泉“きのくにや”で美肌に!

芦之湯温泉 美肌の湯 きのくにや(本館)
今回、番組で阿佐ヶ谷姉妹が訪れたのは、芦之湯温泉の旅館“きのくにや”さん。
芦之湯は、去年『国民保養温泉地』に認定されました。
この国民保養温泉地は、効能が十分にあり、環境も優れた温泉地にのみ認定されるもの。
認定されている温泉地は、全体の3%未満と非常に少ないそうですよ。

 

旅館“きのくにや”さんでは、美白&シミ予防の湯である『硫黄泉』と、クレンジングの湯『炭酸水素塩泉』の2種類の泉質に入れる、非常にお得感のある温泉です。

 

 かけ湯後は身体を洗わず湯船へ

温泉ソムリエの岡村さんによると、まずは温泉に浸かって毛穴を開き、汚れを落とす態勢を整えることが大切だそう。
そのため、かけ湯をした後に、身体を洗うのではなく、先に温泉に入るのがポイントになります。

 

硫黄泉は浸透力が凄い!

硫黄泉は、肌への浸透力が水の10倍もあると言われています。
硫黄泉に入ることで、温泉が肌にしっかり浸透して、潤い肌になれちゃいます。

 

3回入浴で美肌効果アップ!

温泉の美肌効果を実感するには、服を脱いでから上がるまで約1時間程度の時間をかけることがポイントになります。
1時間も!?と思ってしまいますよね。これも、対処法があるので心配なしです!

 

のぼせやすい方は、水で冷たくしたタオルを頭に乗せて入浴しましょう。
そうすることで、のぼせを防ぐことが出来るようになります。

 

次に、入浴から約10分経つと、汗がにじんでくるので、ここで1回休憩をします。
5分ほど休憩をすることで、バテずに温泉に入り続けることができるようになります。
このタイミングで髪を洗ってもOKです。

 

身体を洗うときは手で洗って!

女性ホルモン向上ラボ

美肌の湯で主な角質が取れているため、身体を洗うときは手だけで洗うようにしましょう。
間違っても、タオルなどで身体をゴシゴシこすりながら洗うのはNGです!

 

素手で石鹸を泡立てて、優しく洗うようにしてくださいね。
温泉に入っている時点で、肌にはある程度刺激になっています。
それ以上に刺激を与えると肌への負担が増えるため、素手で洗うのがベストです。

 

 

入浴前後のケアも大切!

女性ホルモン向上ラボ

 湯上がり10分以内に即保湿を!

美肌の湯は、汚れを落としたり肌をキレイにする効果が期待できるものの、保湿は別の話です。
湯上がり後は、どんどん肌の乾燥が進むため、すぐに保湿ケアをするように心がけましょう。
これは、普段の入浴にも言えることですよ。

 

入浴前にコップ1杯の緑茶でアンチエイジング&ダイエット!

入浴中は、800mlもの水分が身体から出ていくと言われています。
そのため、入浴前の水分補給はとても重要なので、最低でもコップ1杯分の水分を摂るようにしましょう。

 

飲むものは、水でもいいのですが、特にオススメなのが『緑茶』です。
緑茶にはビタミンCが豊富に含まれています。
温泉に入ると、水分と同時にビタミンCも失います。そのビタミンCを補うには、水分も同時に摂れる緑茶が適しています。

 

また、緑茶には茶カテキンも含まれているため、脂肪燃焼効果や、酸化防止効果も期待できるので、ダイエットやお肌の老化防止をしたい方にはオススメです。

 

スポンサーリンク



 

美肌になれる“組み合わせ入浴”

 

 それぞれの美肌効果を最大限にアップする

阿佐ヶ谷姉妹が次に訪れたのが、箱根湯本にある“星野リゾート 界 箱根”。
客室は全室リバービューと、贅沢な温泉ホテルになっています。

 

この温泉は、塩化物泉という泉質で、塩が含まれている温泉になっています。
塩化物泉は、肌に被膜をつくり、水分をカバーしてくれる効能があり、肌をしっかり保湿してくれるのです。

 

肌の角質や汚れ、油脂を取ってくれる硫黄泉や炭酸水素塩泉などに入った後に、この塩化物泉に入浴することで、肌のパックが出来ることになります。
このように、美肌効果をさらにアップさせよう、というのが組み合わせ入浴になります。

 

 泉質が豊富な温泉地に行ってみよう!

女性ホルモン向上ラボ

この組み合わせ入浴を実践するためには、様々な泉質が楽しめる温泉地に行くことです。
泉質が豊富な温泉地の代表例としては、北海道の登別温泉宮城県の鳴子温泉郷熊本の黒川温泉などがあります。

 

 

 

上級者は飲泉にチャレンジ!

飲泉ってなに?

温泉上級者にオススメなのが、『飲泉(いんせん)』つまり温泉をのむこと。
温泉地によっては、温泉を飲むことが出来る泉質があり、飲む場所があることも。
飲泉が出来る温泉地であれば、ぜひチャレンジしてみましょう。
身体の内側から美肌成分を摂取することが出来ますよ。

 

ただし、注意点としては、飲泉の初心者さんは『コップ1杯の量から』スタートしましょう。
温泉はやはり強いものですから、ガブガブ飲むのは体への負担も大きくなってしまいます。

 

番組で紹介された『飲む温泉 観音温泉』はコレ!

伊豆より直送!【送料込み】【保存水3年】飲む温泉 観音温泉2L×6本

 

こちらは、ノンストップ番組内でも紹介された『飲む温泉』。
伊豆にある観音温泉の温泉水をボトリングしたものです。
自宅でも手軽に飲泉を楽しむことができます。

 

 

自宅でも温泉効果で美肌に!

行きたくてもなかなか行けないのが温泉ですよね。
温泉に行かずとも、家族でうる肌になれる天然温泉成分入りの入浴剤を見つけたのでご紹介します。



アトピー肌専用入浴剤『みんなの肌潤風呂』

 

こちらは、アトピーの方、アトピーのお子さん向けの入浴剤です。
モニター調査で86%もの方がアトピー肌の改善を実感したという実績を持っている入浴剤です。
もちろん、肌の乾燥によるかゆみ、赤みが気になる方にも使っていただけます。

 

こちらの入浴剤は、天然温泉成分である別府明礬(みょうばん)温泉の“湯の花”が配合されています。
それにより、皮膚や汗腺の汚れや油脂を除去しながらも肌にミネラルを与えてくれますよ。

 

化学成分が入っていないので、お子さんはもちろんご家族で安心して入浴ができます。
自然素材による微発砲で、お湯も柔らかくなりお肌の潤い感もアップ!

 

みんなの肌潤風呂は、このカサカサ季節、もっとうる肌になりたい!という方向けの入浴剤になります。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
3大美人の湯、我が家の近くにも実はあるんです。
やはり、入るとスベスベつるつるの美肌になれるので、定期的に通っています。
残念ながら飲泉がない温泉地なので、飲泉にもチャレンジできる温泉地に行ってみたいなと思います。
みなさんも、温泉に行った際は、美肌になれるコツを参考にしてみてくださいね!

 

 

スポンサーリンク



 - 美容特集 , , , , ,