女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

希少糖のダイエット・美容効果が凄い!もう、甘い物を我慢しない!

      2015/11/29

女性ホルモン向上ラボ

ダイエットをしよう!となったら、まず行動に移しがちなのが『甘いものを控える』こと。
あま~いスイーツは、女性にとってとても魅力的ですよね。

 

でも、お菓子や菓子パン、ケーキなど、女性が好きなものに入っている上白糖がたっぷり。
上白糖は血糖値を急上昇させてしまう働きがあり、その後また甘いものが食べたくなってしまう悪循環に。

 

仕事や人間関係でのストレスやイライラを、甘いものを食べて解消している女性も中にはいらっしゃるでしょう。
でも、これは一時的な効果で、こちらも悪循環に。
さらにイライラが酷くなる可能性が高いというお話は、こちらの記事でも以前お話しした通り。

 

でも、ダイエット中でも甘いものが食べたいという女性の気持ちは自然なもの。
甘いものを摂取してしまったからと、ダイエットを挫折してしまってはもったいないですよね。

 

そこで、今回おすすめするのが、『希少糖』。
別名レアシュガーとも呼ばれています。

 

健康食材として注目されている希少糖ですが、もちろんダイエットにも効果的!
それでは、希少糖について、詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

希少糖のカロリーはほぼゼロ!

女性ホルモン向上ラボ
希少糖は、砂糖(ショ糖)のもとになるブドウ糖などと同じ糖の仲間。
だから、希少糖を舐めてみると、砂糖とほとんど変わらない自然な甘みがあります。
ただし、ブドウ糖のようなカロリーはほとんどなし!

 

ですが、カロリーゼロだから太らない…というだけではないのです。

 

糖の分解や吸収をおさえる効果

女性ホルモン向上ラボ

希少糖のダイエット効果は、ノンカロリーによるものだけではありません。

 

希少糖には、糖の分解や糖が小腸から吸収されるのを抑える働きがあります。
つまり、糖質や甘い物を食べても、血糖値が上がりにくいということ。
そして、太りにくくなる効果があるのです。

 

他にもある様々な希少糖の効果

女性ホルモン向上ラボ

ダイエット効果だけでなく、他にも様々な健康効果が期待できるのが希少糖のすごいところ。
希少糖を摂取することで期待できる効果をまとめてみました。

  • 食後の血糖値の上昇をおさえる(プシコース)
  • 内臓脂肪の蓄積をおさえる(プシコース)
  • 動脈硬化を予防する(プシコース)
  • 活性酸素の発生をおさえ、若さを保つ(アロース)
  • 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を予防する(アロース)

※プシコース、アロースについては、次項で詳しく説明します。

 

希少糖を上手に利用することで、ダイエットや健康管理がグッと楽になり、食事制限や激しい運動が必ずしも必要ではなくなるでしょう。
美味しい物を食べながら、楽しく健康的な身体に近づくことができるようになりますよ。

 

スポンサーリンク

 

希少糖はプシコースとアロースに注目

女性ホルモン向上ラボ

ご飯やパン、麺類などの炭水化物を摂取することで体内で出来るブドウ糖、果物類に含まれる果糖。
それらと比較し、自然界に存在する量が圧倒的に少ない希少糖。

 

その希少糖には、およそ50もの種類があると言われています。
その中で、今もっとも注目されているのが、『プシコース』と『アロース』。

 

プシコースとアロースは、砂糖のように甘さ(砂糖の7割の甘さ)があるのに、ともにノンカロリー。
そして、それぞれに特徴があります。

 

希少糖プシコースは血糖値の上昇を緩和させる

女性ホルモン向上ラボ

砂糖の7割の甘さがありながら、血糖値の上昇をおさえる効果があるのは、ご飯好きや甘いもの好きな人には嬉しい効果ですよね。

 

香川大学医学部の研究チームが行った実験でも、その効果が表れています。
2型糖尿病境界領域の人に、1日5gのプシコースを加えた食事をとってもらいました。
その結果、同程度の甘さの食事をとった時よりも、食後の血糖値の上昇がおさえられることが分かりました。

 

香川大学医学部付属病院では、一定の制限はあるものの、病院食のデザートに希少糖含有シロップを使いはじめたそうです。
大学病院でも、安全性が確認され使用されている希少糖だと分かれば、安心して摂取できそうですね。

 

 

希少糖アロースは活性酸素の発生をおさえる

女性ホルモン向上ラボ

甘いものを食べて、美しくなる…。
そんな夢みたいな話ないない!と思いますが、希少糖アロースではそれが可能です。
希少糖アロースは、砂糖の8割程度の甘さを持ち、ノンカロリー。

 

このアロースの注目すべき点は、抗酸化作用です。
美容に興味がある人であれば、一度は効いたことのあるフレーズではないでしょうか?

 

活性酸素は、体内で必要以上に増えると、強い酸化作用で健康な細胞までを攻撃し、代謝や免疫力を低下させてしまいます。
活性酸素を放置すると、皮膚や内臓などがどんどん老化してしまいます。
肌のシミやシワの原因も、活性酸素が細胞を攻撃するせい。
化粧品でしっかりケアしても、体の内側が活性酸素でいっぱいだとしたら、肌をきれいなまま保つというのは難しいのです。

 

この活性酸素の発生を抑える、抗酸化作用を希少糖アロースが持っているのです。
活性酸素の発生が抑えられると、健康な細胞が攻撃されるリスクが減ります。
これで、若さを保つことができるようになるのです。

 

 

希少糖の摂取量の目安は?

 

食生活の中に希少糖を入れて、体重や内臓脂肪を減らしたい!
では、どのくらいの量を摂取すれば、希少糖の効果が実感できるようになるのでしょうか。

1日あたりの摂取量は2~5gを目安に

女性ホルモン向上ラボ

たくさん摂れば効果があるのでは?と思う人も少なくないでしょう。
ですが、希少糖は一度にたくさん摂る必要はありません。
1日に2~5gを目安とするようにしましょう。

 

もっと細かく設定するならば、体重1キロにつき、0.6g以内を限度としてください。
例えば、体重50キロの人であれば、30gが1日の限度です。

 

希少糖はノンカロリーの天然の糖なので、摂り過ぎても害になることはありません。
しかし、一度に大量の希少糖を摂取すると、体質や体調によっては、一時的にお腹がゆるくなってしまう場合もあるので注意しましょう。

 

希少糖含有シロップを活用すれば必要量が簡単に摂れる

女性ホルモン向上ラボ

希少糖が含まれる商品は実に多く販売されています。
その中で、もっとも簡単に希少糖を摂取できるのが、希少糖含有シロップ。

 

希少糖入りのシロップは様々な商品が販売されていますが、希少糖含有シロップとして最初に作られたのは、『レアシュガースウィート』です。
これは、希少糖生産技術研究所などが開発した、希少糖の機能を活かしたバランス甘味料です。

 

約5%のプシコースとごく微量のアロースなどの希少糖を13~15%含んだ、全く新しい機能性シロップとして登場して以来、とても売れている商品です。
レアシュガースウィートは、希少糖含有シロップの商品名であり、市販されている他の希少糖入りシロップの原材料にもなっています。

 

現在、希少糖100%の食品は市販されていない

女性ホルモン向上ラボ

残念ながら、研究段階の試薬以外では希少糖100%の食品は市販されていません。
希少糖含有シロップが、唯一希少糖を直接摂れる食品になります。
また、現在販売されている希少糖入りのスイーツや、調味料なども、この希少糖含有シロップ(レアシュガースウィート)を使って作られています。

 

 

レアシュガースウィートの特徴

 


さっそく、希少糖を食生活に取り入れてみたい!と思っている方も多いのではないでしょうか。
実際に使用する前に、その特徴について見ていきましょう。

 

  • 砂糖と同じように使える
  • カロリーは1gあたり3kcal
  • 1日の摂取量の目安は多さじ3杯
  • 肥満の改善

 

ほかにも、このような特徴があります。

  1. コクがあり、すっきりした甘さを与える
    …レアシュガースウィートの甘さは砂糖の9割ほど。べっこう飴のようなコクがありながらも、すっきりした後味が特徴です。ドリンクにはもちろん、料理に使っても美味しいです。
  2. 卵のくさみを軽減する
    …希少糖とタンパク質が結びついた物質の抗酸化作用により、卵のくさみを抑えられます。卵料理や焼き菓子の風味をよくし、ワンランク上の仕上がりに効果を発揮します。
  3. 酢をまろやかにする
    …希少糖プシコースには、酢の酸味をおさえ、まろやかにする働きがあります。ビネガードリンクや酢の物の甘味料としてもおすすめ。
  4. 短時間で味がしみ込む
    …レアシュガースウィートは単糖という性質からも、短時間で味がしっかり染み込みます。色づきも良く、じっくり煮込んだような仕上がりになります。
  5. しっとりとつややかに仕上げる
    …しっかりと水分を抱え込み、ジャムやコンポート、卵焼きなどをつやよく仕上げます。スポンジケーキなどもしっとり、柔らかい食感になります。

 

 

まとめ

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか。
希少糖100%の商品がまだないと言うのはとても残念ですが、シロップを普段の食生活に使うのは簡単そうですよね。
特に女性には、甘い物を我慢しなくていいと言うのは、とてもありがたいこと。
上手に活用して、素敵な体を手に入れましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 - ダイエット特集, 美容特集 , , , ,