女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【サタデープラス】4つの最新医療が凄い!注射針・長寿・心臓病・いびき

   

女性ホルモン向上ラボ

8月20日放送のTBS『サタデープラス』内のコーナー『ドクタープラス』で紹介された『医療の最前線を大公開!知っているだけで必ず役に立つ!』について詳しくお伝えします。

今回番組では、最新医療の最前線が紹介されました。
注射針、長寿、心臓病、いびきに悩む方には必見の内容ですよ!
では、さっそく詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク



痛くもかゆくもない注射針!

女性ホルモン向上ラボ

蚊を真似た注射針!?

注射って、子供はもちろん、大人になっても嫌ですよね。
あの痛みや不快感が全くない注射針が開発されているのだそう!
しかも、3年後の実用化を目指している段階なのだとか。

 

その注射針は、蚊を真似した針になっているのだとか。
蚊に刺されても私たちは気が付かないですよね。

 

一般的な注射針は、直径約0.7mmほど。
それに対して蚊の口先は0.08mmほどで、注射針の約1/10の細さです。
その蚊の口先を真似して作られた注射針は、なんと直径が0.1mm
痛みを全く感じないのだそう。

 

細すぎても採決出来るの?

女性ホルモン向上ラボ

ですが、こんなに細くても注射針としての機能は果たせるのでしょうか。
蚊はわずか1mmの深さで毛細血管から血を吸っています。
この針も、しっかり採血できることが成功済み。

 

将来的には採血だけでなく、局所麻酔や薬品を入れるのにも使えると考えられています。
3年後に研究費がついてしまうそうです(笑)
それまでに実用化を目指すという目標になっています。

 

 

 

不老長寿物質NMNで老化を食い止める!

女性ホルモン向上ラボ

長寿遺伝子を活性化してくれる!

『いつまでも美しくいたい!』『いつまでも若くありたい!』と思うのは女性だけでなく男性にとっても夢のような話ですよね。
実は、それを実現してくれるかも知れないNMNという物質が発見されたのだそう。

 

NMNは、もともと私たちの身体の中にある物質です。
このNMNは、サーチュイン(長寿遺伝子)を活性化する働きがあると考えられています。
このサーチュインが、老化を食い止める鍵となります。

 

そもそも老化とは、細胞内に活性酸素が発生し、細胞そのものに元気がなくなって体中の機能が低下してしまうこと。
この老化を食い止めてくれるのが、サーチュイン=長寿遺伝子なのです。
このサーチュインを活性化してくれるのが、NMNです。
つまり、NMNを体内に増やすことが、老化防止への近道になるのだそう。

 

いつから実用化されるの?

女性ホルモン向上ラボ

このNMNのヒトに対する検証は始まったばかり。
そのため、実用化されるには少なくとも5年先になるのではと考えられています。

 

NMNの効果が実現すれば、70歳、80歳まで現役バリバリに働けるようになるかもしれません。
しかも、高齢出産も安全になるというメリットも考えられているのだそう。
加齢とともに増える疾患の、がんや認知症も予防・克服できるのではと考えられています。

 

30%のカロリーカットでNMNを活性化できる!

女性ホルモン向上ラボ

NMNの実用化まで待てない!という方には、今日から出来るNMN活性化の方法があるんです。
それが、食事の30%のカロリーをカットすること。
ご飯を7分目で食べ終わるということですね。
『もう少し食べたいな…』という程度で食事を終わらせるだけで、長寿遺伝子が活性化してくれるのだそう。

 

ヒトや動物は、空腹感を感じると、『なんとかして身体を元気に保とう』とサーチュインが活性化します。
これはサルを使った実験で実証されている効果なのだそう。
腹8分目ではなく、7分目を実践してみましょう!

 

※基本的には、3食すべてを7分目にするのが効果的です。夜だけでもOKだそう。
高齢者や普段から食が細い方は、カロリー制限をすると危険なので注意してください。

 

 

心臓移植に代わる貼るだけシート!

女性ホルモン向上ラボ

細胞シートを心臓に貼るだけ

今年1月から保険適用が認められた最新の治療法が、細胞シートです。
これまで、心臓疾患の患者に行われてきた人工心臓や心臓移植は置換型治療と呼ばれます。

 

この細胞シートを使った治療法は、自分の心臓をそのまま活かし、自分の心臓の機能を回復させることができます。
人工心臓、心臓移植に次ぐ第三の治療法として期待されています。

 

この細胞シートとは、いったいどのようなものなのでしょうか。
まず、自分の太ももの筋肉から筋芽(きんが)細胞を採取します。
この細胞を培養し、シート状にしたものが細胞シートになります。

 

この細胞シートを、動きの弱った心臓に絆創膏のように直接貼るだけです。
この細胞シートから心筋を元気にする栄養(サイトカイン)が放出されます。
その結果、弱った心臓が元気になるという仕組みです。

 

細胞シート手術にかかる費用は?

女性ホルモン向上ラボ

保険適用になっている細胞シートによる治療ですが、高額医療費制度などの保険適用を受ければ、23万円程度で受けられるそうです。
ただし、この細胞シートを使用した手術は、現在は大阪大学付属病院のみで行われています。
今後、全国の医療機関に広がっていく予定だそう。

 

心筋シートで心臓病でなくならない!?

女性ホルモン向上ラボ

細胞シートに次いで、今開発されているのが心筋シートです。
iPS細胞を心筋細胞に変化させ、先ほどの細胞シート同様にシート状に培養させます。

 

細胞シートでは、心筋に栄養を送るのみでしたが、こちらの心筋シートは違います。
心筋シートは、それ自体が動き、心臓の動きを助けてくれるのです!
かなり驚きですよね…。

 

この心筋シートは、来年度から臨床試験が開始される予定になっています。
2020年度までの実用化を目指しています。

 

スポンサーリンク



 

いびき&無呼吸対策が600円で可能!

女性ホルモン向上ラボ

“ナステント”を使ったらいびきが軽減!

いびきや無呼吸症候群で悩んでいる方に、その悩みを解消できる医療機器が発売されています。
それが、ナステントと呼ばれるもの。
チューブ型の医療機器になっています。
1本あたり600円、7本セットで4200円の販売になっています。

 

番組では、いびきに悩む男性が登場して、実際にナステントを試しました。
電車と同じ騒音並みのいびき、無呼吸症候群も発症している男性でも、いびきが軽減されていました。
奥さんも無呼吸の心配がなくなったと安心していましたね。

 

なぜいびきに効果があるの?

なぜナステントがいびきや無呼吸症候群に効果があるのでしょうか。
そもそも、いびきは鼻からのどにかけての気道が狭いほどかきやすいと考えられています。

 

睡眠中に筋肉がゆるみ、気道が狭くなったところに空気が通ると、振動していびきが発生します。
ナステントは、その空気の通り道を確保するためのチューブなのです。

 

ナステントの使い方・売っている場所は?




ナステントは、寝る前に鼻の穴に入れるだけ。
苦しさも感じず、3日ほどで違和感には慣れるそうです。

 

長さや硬さなど、自分にあったものを試してから購入することも可能です。
メーカー公式ホームページや、街の調剤薬局などで購入することが出来ます。

 

いびきをかきやすい人の特徴は?

女性ホルモン向上ラボ

いびきをかきやすい人の特徴としてあげられるのが、太った人ですよね。
それ以外にも、大きな特徴があるんです。

 

  • 太っている
  • あごが細い
  • 小顔

 

太っているだけでなく、あごが細い人や小顔の人も要注意です。
このような特徴のある人は、気道が狭い傾向があるので、いびきをかきやすいと言われています。

 

ナステントは通信販売でお試し出来る!



とっても簡単!だけど、本格的ないびき対策《今ならお試しセットが半額》


サタデープラス番組内で紹介されたナステントを、実際に試してみたい!という方は半額でお試しセットが試せます。
いびき、無呼吸症候群の症状を緩和できるように作られた医療機器ナステントで、本格的ないびき対策してみませんか?

 

メーカー公式ホームページでは、今なら、6本セットが半額の1800円で試せるキャンペーン実施中です。
長さの異なる6本すべてを試せるので、自分にあったナステントが探せます。
しかも次回の購入に使える1000円クーポンもついているのでありがたいですね。

 

メーカー公式ホームページはこちらから。
>>>200以上の病院・クリックで採用されているいびき対策商品「ナステント」

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
最新医療が4つ紹介されましたが、どれも凄い技術でしたね。
個人的には、NMNが早く実用化されて欲しいと切に願っています^^;
日本の未来は明るい!と感じました。

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , , , , , , ,