女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【サタデープラス】糖尿病を予防!赤味噌・あさり・朝食で肥満・血糖値を改善

   

女性ホルモン向上ラボ

10月21日放送のTBS『サタデープラス』で紹介された、『糖尿病になりにくいランキング!他県のフリ見て我がフリ直せ』について詳しくお伝えします!

今回、番組では47都道府県の糖尿病のランキングが特集されました。
ワースト1位の県、ベスト1位の県の人たちがどのような生活習慣・食習慣を送っているのかを知ることで、糖尿病を予防できるのではないでしょうか?

糖尿病予防に効果的な食べ物も紹介されましたよ!
では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



糖尿病は国民病になっている!

女性ホルモン向上ラボ

成人の5人に1人が糖尿病患者もしくは予備軍

厚生労働省の調査によると、日本の糖尿病患者とその予備軍は2050万人にものぼります。
これは成人の約5人に1人の割合に。
もはや、国民病と言っても過言ではありません。

 

糖尿病は早期の対応で改善する

糖尿病になると、毎日インスリン注射が欠かせなくなり、一生治らない病気…というイメージがありますよね。
ですが、生活習慣を改めて血糖値を安定させるようにすることで、注射が必要にならなくなるという人もいるんです。
もちろん、それには早期に手を打つことが重要です。

 

 

そもそも糖尿病ってなに?

糖尿病は炭水化物の食べ過ぎが原因!

女性ホルモン向上ラボ

糖尿病と言えば、甘いものの食べ過ぎが原因…というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?
甘いもの=糖類の摂取はもちろん糖尿病の原因になりますが、最も多い原因が糖質=炭水化物の過剰摂取。

 

お米やパン、麺類などの炭水化物ばかりを3食食べていると、なぜ糖尿病のリスクが高まるのでしょうか。
実は、炭水化物は摂取後、体内で糖類(ブドウ糖)へと分解されます。

 

糖類が血液中にどのくらいの濃度で存在しているのかを表す数値が血糖値です。
この血糖値が上がると、すい臓がインスリンを分泌します。
インスリンの力を借りて、血液中の糖類が私たちのエネルギーとして使用されます。

 

ですが、炭水化物を過剰に摂取すると、血中の糖類ももちろん過剰の状態になります。
それによってたくさんインスリンを出そうとして、すい臓が疲弊し、インスリンの分泌が悪化してしまいます。

 

エネルギーに変化できなかった糖類が血液中に溜まってしまうと、常に高血糖状態になってしまいます。
これが、糖尿病の正体です。

 

糖尿病が引き起こす合併症は20種類も!

女性ホルモン向上ラボ

糖尿病の本当の怖さは、全身のあらゆる場所に合併症を引き起こしてしまう事です。
その合併症には、以下のようなものがあります。

  • 認知症
  • 白内障
  • がん
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 肺炎
  • 難聴
  • 排尿障害

 

これは、糖尿病が引き起こす合併症のほんの一部。
糖尿病の合併症には、20種類以上もあると言われています。
まさに、万病の元とも言えますよね。

 

 

糖尿病死亡率ワースト1位は青森県!

女性ホルモン向上ラボ

ワースト5位の県はどこ?

糖尿病になりやすい傾向がある県は、以下の5県です。
あなたの住んでいるところは入っていますか?

 

  • ワースト5位…福井県
  • ワースト4位…山梨県
  • ワースト3位…鳥取県
  • ワースト2位…秋田県
  • ワースト1位…青森県

 

ワースト1位の青森県は、平均寿命もワースト1位になっています。
糖尿病と平均寿命もワースト1位とは…それにも関係があるのでしょうか?

 

青森県民はラーメンが好きすぎる!?

女性ホルモン向上ラボ

今回、糖尿病と生活習慣の関係性について解説してくださったのは、弘前大学大学院医学研究科の中路重之先生。
中路先生によると、青森県民の食生活や生活習慣が糖尿病ワースト1位を招いているのだそう。

 

青森県民の食生活に代表されるのが、ラーメン
朝ラーという、朝からラーメンを提供している飲食店が多いことでも有名です。

 

また、スーパーでもカップラーメンの種類が他県に比べて多く販売されています。
実は、青森県はカップラーメンの消費量が日本一!

 

ラーメン自体は悪くないのですが、やはり食べ過ぎはNG。
ラーメンの食べ過ぎは炭水化物の過剰摂取が問題になるだけでなく、脂質も過剰に摂取してしまうことに。
この脂質の摂りすぎも、糖尿病の原因になってしまうのです。

 

脂質の食べ過ぎも糖尿病を招く!

女性ホルモン向上ラボ

脂質は糖類ではないのに、なぜ糖尿病になってしまうのでしょうか?
脂質を取りすぎると、もちろん体重が増えて肥満になってしまいますよね。

 

この肥満は、糖尿病を大きく引き寄せてしまうのです。
太っている肥満体型になると、脂肪細胞も肥大化してしまいます。
太った脂肪細胞は、結果的にインスリンの効き目を悪くさせる物質、インスリン抵抗因子を多く出してしまいます。

 

インスリン抵抗因子は、インスリンが血糖値を下げることが出来ずに、血糖値が高い状態を維持してしまうのです。
肥満を予防・改善するためにも、血糖値のコントロールが重要になってくるんです。

 

 

大皿料理が糖尿病の原因に!

女性ホルモン向上ラボ

青森県民の食卓では、大皿料理が出ることが多いのだとか。
とても素晴らしい習慣ですが、これも糖尿病を招く要因になってしまいます。

 

大皿料理では、知らず知らずのうちに、食べ過ぎてしまう危険性が高くなります。
1人1人個別の料理であれば、食べた量は一目瞭然ですよね。
大皿料理では、自分が食べた量が分かりずらく、食べた量を把握しにくいデメリットがあるんです。

 

また、自分の好きなものばかり食べてしまうのも、大皿料理での欠点です。
そうすると栄養が偏ってしまい、健康にはNGなのです。

 

青森県の赤飯・茶碗蒸しは甘い!?

女性ホルモン向上ラボ

青森県の赤飯や茶わん蒸しは、甘いことでも有名です。
砂糖や甘納豆を加えることで、甘みを加えることが一般的になっています。

 

甘いものも、もちろん摂り過ぎは糖尿病の要因になります。
かといって、糖質を全くとらないといったことも危険ですから、量に注意をしましょう。

 

青森県民は健康意識が低い!?

女性ホルモン向上ラボ

糖尿病を招くもう一つの要因としてポイントとなるのが、運動量の少なさだと中路先生は指摘します。
青森県は、スポーツする人の割合が49.4%と47都道府県中で最下位。
46位の秋田県53.9%とも大きく引き離されている状況です。

 

同じ雪国の県よりも運動量が低いのは、青森県民の健康意識が低いことが要因にあると中路先生は考えているそうです。
これを裏付けるように、青森県の健康診断受診率は全国40位と下の方に。
やはり、日ごろの健康意識がものをいうのかもしれません。

 

 

 

食後30分後のウォーキングで血糖値を下げる!

ウォーキング スポーツ 運動

中路先生が血糖値を簡単に下げる運動としてオススメするのが、食後30分後のウォーキング
食後は、血糖値があがり続け、60分すぎる前頃に血糖値が下がり始めるのが一般的です。

 

血糖値は食事後30分~60分の間にピークを迎えます。
食後30分後くらいからウォーキングなどの軽い運動をすると、血糖値の急激な上昇を避けられます。
それによって、インスリンを分泌するすい臓の負担を減らすこともできるようになります。

 

 

スポンサーリンク



 

糖尿病になりにくい県ベスト1位は愛知県!

ベスト3位の県はどこ?

糖尿病になりにくい都道府県ランキングの上位3県はこちら。
みなさんの住んでいる場所は入っていますか?

  • ベスト3位…滋賀県
  • ベスト2位…神奈川県
  • ベスト1位…愛知県

 

糖尿病になりにくい傾向がある県として1位となったのは、愛知県でした。
愛知県は、ガンの死亡率もベスト2位、心疾患による死亡率もベスト3位と非常に健康的な県。
その健康の秘密を見ていきましょう!

 

味噌が糖尿予防に効果がある?

女性ホルモン向上ラボ

愛知県と言えば、味噌文化。
自宅ではもちろん、外食先でも味噌を頻繁に摂取している県民が多いようです。

 

この味噌にも、実は糖尿予防の効果があるのだとか。
愛知県民の糖尿病率の低さの理由を教えてくださったのは、東京医科大学大学病院の小田原雅人先生。

 

小田原先生によると、発酵食品である味噌の中には、メラノイジンという抗酸化物質が豊富に含まれているのだそう。
このメラノイジンは味噌を作る過程で生まれる成分なのですが、糖尿病予防にはどのような効果があるのでしょうか。

 

メラノイジンは、糖類の消化吸収を阻害してくれる働きがあります。
つまり、糖の吸収を遅くする作用があるのです。

 

メラノイジンがない小腸内では、糖の分解がどんどん進み、多くの糖が体内に吸収されます。
ですが、メラノイジンが小腸に存在していると、糖の分解を邪魔してくれるので、吸収される糖が少なくなります。
それによって、結果的には食後の血糖値上昇を抑えることが出来るのです。

 

メライノイジンが多く含まれる味噌は赤みそ!

女性ホルモン向上ラボ

味噌に含まれるメラノイジンですが、味噌の種類によってその含有量は変わってきます。
小田原先生によると、味噌の色が濃いほど、メラノイジンが多く含まれているのだそう。

 

愛知県では、味噌と言えば赤味噌ですよね。
この赤味噌は最もメラノイジンを多く含んでいます。

 

赤味噌は、大豆を高温で蒸して製造されています。
この工程で大豆の糖とアミノ酸が結合して、メラノイジンが作りだされるのです。

 

また、長期熟成された赤味噌は、さらにメラノイジンが増加していきます。
赤味噌は健康効果が高い食材だったんですね。

 

創業180年の味噌屋さん。無添加で長期熟成された赤味噌が人気。国産原料使用なのも嬉しいポイント。

 

 

アサリが糖尿病予防に効果的!

女性ホルモン向上ラボ

愛知県は、アサリの漁獲量が全国で1位。
しかも12年間も連続なのだとか。
愛知県民はアサリの消費も多いようです。

 

貝類は低糖質・低脂肪で、血糖値の上昇が緩やかな優良食材です。
中でもアサリは、マグネシウムが豊富なため、糖尿病予防に最も適している貝なのだそう。

 

小田原先生によると、マグネシウムの摂取量が少ない人は、糖尿病の発症率が高いという研究報告があるのだとか。
また、マグネシウムを補充することで、糖尿病の原因に関係する、食後の高血糖の改善インスリンの効きの改善が見られるということも判明しています。

 

愛知名物“モーニング”が糖尿予防に効果アリ?

女性ホルモン向上ラボ

愛知県の糖尿病にならない最後のカギが、朝の習慣にあります。
愛知県の朝食と言えば、モーニングですよね。
テレビでもよく特集されているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

愛知県では、朝ごはんを喫茶店で安く食べられるモーニングという文化が根付いています。
この朝食をしっかり食べることが、糖尿病予防にも効果があると小田原先生は言います。

 

その理由が、セカンドミール効果です。
セカンドミール効果とは、朝食(ファーストミール)を食べることで、昼食以降(セカンドミール)の食後高血糖が是正されるというものです。

 

3食を食べた場合、食後に血糖値はあがるものの、比較的安定した数値の変動になります。
ですが、朝食を抜いていしまうと、前日の夜から何も食べていない状態が長時間続くことになります。

 

女性ホルモン向上ラボ

 

それによって、小腸が糖を積極的に吸収してしまうのです。
そのため、昼食後に急激な血糖値の上昇が起こります。
もちろん、朝食・昼食を抜いて夕飯だけ食べると、血糖値の上昇はさらに急激なものに。

 

規則正しく3食食べることが、糖尿病予防に最も効果的な方法になります。

 

 

糖尿予防に効果的な朝食はシリアル!

女性ホルモン向上ラボ

朝は忙しくて、朝食を食べている暇なんてない!という人もいるかもしれませんね。
そんな人に血糖値に優しい朝食としてオススメなのが、シリアル

 

シリアルにはもちろん糖質が含まれているのですが、食物繊維が豊富なので空腹時に食べても血糖値が上がりにくいというメリットがあります。
果物や野菜ジュースはビタミンなども入っているので健康にもよいのですが、吸収率が非常に高いため、血糖値が高めの人は注意をしてくださいね。

 

 

血糖値をチェックしてみよう!

 

 

血糖値をセルフチェックできるオススメのアイテムが、尿糖試験紙。
紙の先端に尿をかけるだけで、自分の血糖値をチェックすることが出来ます。

 

リトマス試験紙のようなもので、色の変化によって血糖値の目安が分かるようになっています。
通信販売の他、全国のドラッグストアや薬局でも販売されているます。
30本入りで約880円ほどで購入できるそうですよ。

 

 

小林製薬のトクホサプリで血糖値をコントロール!

 

サラシア

番組内でも紹介されたように、血糖値をコントロールするためには糖の吸収を穏やかにすることが重要。
低糖質の食事も大切ですが、やはり美味しいものも食べたい!でも、糖質量が気になって…。という人も多いですよね。

 

こちらのサプリメントは、小林製薬から発売されている『サラシア100』。
サラシア100には、サラシアエキスに含まれるネオコタラノールが配合されています。

 

このネオコタラノールには、糖の吸収をおだやかにする働きがあることが、小林製薬と近畿大学の共同研究で認められました。
そのことから、特定保健用食品として消費者庁からトクホの許可を取得したという経緯があるんです。

 

女性ホルモン向上ラボ

 

実際に、私もサラシア100 定期購入をして、家族と一緒に飲んでいます。
サラシア100は食後の血糖値が気になる人はもちろん、ダイエットや健康のために食事の糖質が気になる!という人にも向いているサプリです。
私は、外食時などの糖質が高めで気になるときに、お守り代わりとして愛飲しています。

 

小さな1粒を食事の時に飲むだけととても手軽ですし、無味・無臭なので食事の邪魔にもならないところがいいなと感じています。
このおかげで血糖値の急上昇&急降下が少なくなったのか、糖質をたくさん摂取した後の眠気や急激な空腹感も少なくなったように思います。(もちろん、これは個人の意見なのですが…)

 

サラシア100については、小林製薬の公式ホームページをチェックしてみてくださいね!
>>>サラシア100 定期購入

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

今回は、糖尿病の予防法についてお話ししてきましたが、いかがでしたか?
私も最近血糖値の上昇がもたらす不調を改善しよう!と思って、色々と工夫した食生活を送るようになりました。

 

もちろん、糖質を一切カットすることは危険を伴うので、適度にしておきましょう。
病院で血糖値を指摘される前に、みなさんもぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , , , ,