女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【サタデープラス】蒸し生姜で体温UP!ダイエット・健康効果が凄い

      2016/09/07

女性ホルモン向上ラボ

3月5日放送のTBS『サタデープラス』内のコーナー『ドクタープラス』で紹介された、『蒸し生姜で冷えを改善して健康に!名医が薦める万能調味料』について詳しくお伝えします。

 

※2016年9月6日フジテレビ『腸を知って身体のお悩み解決SP』で紹介された蒸ししょうがについては、こちらの記事【蒸し生姜でむくみ解消!腸温活で菊地亜美も足が細く!】にまとめてあります。

 

サタデープラスでは以前、酢しょうがの血管の若返り効果や高血圧の改善、血糖値の減少、ダイエット効果など様々な驚くべき効果が紹介されました。
当ブログでも、『酢しょうがで老化を防ぐ!若返り・ダイエット効果も凄い!』で、まとめ記事を紹介しました。
多くの読者の方から反響があり、酢しょうがの注目度の高さに私も驚きました^^;

 

今回のサタデープラスでは、低体温を改善し、冷え性やダイエットにまで効果的な“蒸しショウガ”が紹介されましたよ。
こじるりちゃんこと、小島瑠璃子ちゃんも蒸し生姜パワーで体質改善に成功したようです。
蒸しショウガ以外にも、手軽に体温アップが期待できる食材もあるそうですよ。
では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



蒸し生姜を毎日小さじ1杯摂って健康に!

蒸しショウガのかんたん健康レシピ食べて病気を治す&やせる!【電子書籍】[ 石原新菜 ]

酢しょうがの産みの親、石原新菜先生推薦!

今回、蒸し生姜の健康効果について詳しく解説してくださったのは、イシハラクリニック副院長の石原新菜医師。
石原先生は、親子2代にわたって冷えを研究している低体温のエキスパート。
今話題になっている酢しょうがも、石原先生が考案した健康調味料です。

 

石原先生によると、蒸し生姜には酢しょうがの血管若返りパワーとは別の健康パワーがあるのだとか。
それが、“体温アップ効果”!
蒸し生姜とは生のしょうがを加熱し、乾燥させたうえで粉末状に加工したもの。
この蒸し生姜には低体温改善に絶大な効果を発揮してくれるのです。

 

石原新菜先生は腹巻もプラス

石原新菜先生は、365日24時間お風呂に入っている時に手離さないのが“腹巻き”。
お腹周りには太い血管が密集してあり、そこを保温することで全身に温かい血を送り出すことが出来ます。

 

そんな石原先生の平熱は、なんと36.9℃!
これ、微熱でもなんでもないんです。
蒸し生姜にプラスして、腹巻きもすることで低体温の防止にもなるようです。

 

蒸し生姜のあたため効果は酢しょうがの10倍!

しょうがは加熱することで、ジンゲロールと呼ばれる成分がショウガオールへと変化します。
このショウガオールが、身体をより温めてくれる成分なのです。

 

ショウガオールは、胃腸を直接刺激することで、身体の中から熱を生産してくれます。
石原先生によると、生のしょうがや酢ショウガと比較して、蒸し生姜の温め効果は“10倍”にも!
これは、ぜひ試してみたいですよね。

 

 

低体温は免疫力低下&万病の元!

女性ホルモン向上ラボ

日本人の体温が下がっている

あなたの平熱は何度でしょうか?
平熱が36℃未満は“低体温”と呼ばれる部類に入ります。

 

実は、日本人の平均体温は年々下がり続けている傾向があるのだとか。
東京大学の研究によると、1957年は36.9℃だった平均体温が、2012年には36.2℃まで下がっていることが分かりました。
実に、0.7℃も体温が下がっているのです。

 

低体温のために、1年中冷え性に悩む人も多くなってきています。
自覚症状がなくとも、気が付かないうちにあなたの体も冷えているかもしれません。

 

体温が1℃下がると免疫力が30%低下する!

石原先生によると、体温が下がれば下がるほど、免疫力が低下してしまうのだそう。
体温が1℃下がると、免疫力は約30%も低下すると言われています。
体温の低下に伴って、風邪をひきやすくなるばかりか、臓器の不調を招いたり、ガン細胞の増殖まで引き起こしてしまうのです。

 

体温が下がることで、私たちの身体は熱を逃がさないように血管をぎゅっと縮めるようになります。
血行が悪くなることで、それにともない臓器の不調を招きやすくなってしまいます。
体温が低下することで、病気にかかるリスクが高くなってしまうのです。

 

そこで、石原先生がオススメするのが、酢しょうがにプラスして“蒸し生姜”を毎日摂取すること。
蒸し生姜を毎日小さじ1杯食べ続けることで、体温を高くする効果が期待できるのだそう。

 

子供も安心して食べられる

石原先生は、自分のお子さんにも蒸し生姜を日ごろから食べさせているそうです。
そんなお子さんたちの平熱もやはり高め。上のお子さんは36.9℃、下のお子さんは37.1℃もの平熱がありました。
お子さんや家族の風邪予防に使ってもいいですよね。

 

 

万能調味料、蒸し生姜の作り方!

女性ホルモン向上ラボ

自宅で簡単に出来る蒸し生姜レシピ

石原先生がオススメする蒸し生姜ですが、これは蒸し器など面倒な道具は不要です!
簡単に作れちゃうので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

【材料】

  • 生のしょうが

 

【作り方】

  1. 生のしょうがを、皮付きのまま薄切りにしていく
  2. トレーの上に、スライスした生姜を重ならないように並べる
  3. 100℃で約1時間、オーブンで加熱する(電子レンジのオーブン機能でもOK)
  4. カラカラになった蒸ししょうがを、ミキサーやすり鉢で粉末状にする
  5. 清潔なビン等にいれて完成!

 

【作り方のポイント】

  • しょうがをスライスするときは、出来るだけ薄くすることで乾燥を早めることが出来ます。
  • 発火の可能性があるため、電子レンジでの加熱は避けてください

 

オーブンが放っておくだけで加熱と乾燥をしてくれる楽ちんさです!
石原先生は、この蒸し生姜粉末を、味噌汁やそば、うどん、鍋などに入れて食べているそうです。
まさに万能調味料ですね。

 

 

蒸し生姜の保存期間は3カ月!

女性ホルモン向上ラボ

出来上がった蒸し生姜は、常温で3カ月間保存が可能です。
冷蔵庫での保存は出し入れの際に結露が発生しやすくなるので避けましょう。

 

スポンサーリンク



 

こじるりの10日間蒸し生姜生活の結果は?

 

低体温がNK細胞の低下を起こしていた

小島瑠璃子さんは実年齢22歳なのですが、血管年齢は41歳。
疲労度は正常値の4倍以上との結果も出てしまうほど。お世辞にも健康的とは言えない状態…。
中高生の頃から、冷え性にも悩んでいるのだそう。

 

そんな彼女が、起床後・午前・午後・夜に4回体温を計測したところ、平均体温は35.9℃でした。
まさに、低体温の状態です。

 

また、検査の結果、NK細胞(ニューキラー細胞)の数値が少ないことも判明。
NK細胞とは、ウィルスやガン細胞を退治する重要な免疫細胞のことで、これが少ないことは病気を引き起こすリスクが高いと言えます。
小島さんは、このNK細胞数が正常値(290/μl~)以下の248μlという数値でした。
ちょっとヤバイですね…。
実際、自覚症状もあるようで、2カ月に1回の頻度で風邪もひいているようです。

 

免疫細胞を活性化するには、体温を上げることが必須です。
そんな小島瑠璃子さんが、10日間の蒸し生姜生活を実践した様子が紹介されていました。
その結果はどうだったのでしょうか?

 

小島瑠璃子さんは0.9℃体温が上昇!

女性ホルモン向上ラボ

小島さんは、10日間1日小さじ1杯の蒸し生姜を食べ続けました。
普段通りの食事に、蒸し生姜粉末を振りかけるだけのお手軽方法です。

 

小島瑠璃子さんは、蒸し生姜生活前の平均体温は35.9℃。
それが、10日間の蒸し生姜生活で、“36.8℃”にまでアップ!
実に、0.9℃も体温が上昇していました。

 

ここまで上がると、微熱?と感じてしまいそうですが、小島さん本人はいたって快調に感じているようです。
スッキリして、心なしか指先の冷えも改善したと言います。
その後も体温を測ったところ、平均の体温は36.5℃でした。
低体温が完全に改善されたと言えますね。

 

体温の上昇でNK細胞数もアップ

蒸し生姜生活後、小島瑠璃子さんのNK細胞数も正常値にまで回復しました。
蒸し生姜生活を実践したことで、免疫力の活性化が起こったことになります。
石原先生によると、1~2カ月間この蒸し生姜生活を続けると、体温1℃アップも可能だということです。

 

3日の女性も蒸し生姜生活にチャレンジ!

女性ホルモン向上ラボ

小島さんと同様に蒸し生姜生活を低体温に悩む30代、40代、50代の女性も実践しました。

蒸し生姜生活前の体温

  • 30代女性…35.9℃
  • 40代女性…35.8℃
  • 50代女性…35.4℃

 

蒸し生姜生活後の体温

  • 30代女性…36.4℃(+0.5℃)
  • 40代女性…36.4℃(+0.6℃)
  • 50代女性…36.2℃(+0.8℃)

 

なんと3人全員が平均体温が36℃台にまでアップ!
10日間でこれだけの結果が出たのは驚きですね。

 

 

蒸し生姜生活実践中にも、早くも蒸し生姜の効果を実感することが多くなるようです。
身体がなんとなくポカポカする、靴下を履かずに就寝できる、階段の昇り降りの際に汗をかくようになった…などの乾燥が上がりました。

 

 

蒸し生姜粉末の使い方は?

女性ホルモン向上ラボ

番組内で蒸し生姜生活にチャレンジした方々の使い方をまとめました。
レパートリーに入れてみてくださいね。

  • 炒め物にスパイスとして入れる
  • 紅茶にいれて生姜紅茶にする
  • ごはんのふりかけ
  • ドレッシングに混ぜてサラダにかける
  • カレーライスふりかける
  • パスタにふりかける
  • ラーメンにトッピング
  • コーンスープに混ぜる

 

小さいビンに入れて持ち歩くことで、外食先でもパパッと蒸し生姜生活を実践することが出来るのもいいですね。

 

 

ショウガオールがダイエット効果をアップ!

女性ホルモン向上ラボ

ショウガを加熱することで生み出されるショウガオールは、体温アップにともなうダイエットにも効果を発揮します。
ショウガオールによって体温が上がると、体の代謝があがることで、ダイエット効果が期待できるようになるのです。

 

体温が1℃上がると、体の代謝は約13%もアップすると言われています。
若い頃と比べて体重が減らなくなった、同じ量を摂っているのに太り始めた…という方は年齢による代謝の低下が原因かもしれません。
蒸し生姜生活を実践することで体温を上げることが出来れば、健康効果だけでなく、ダイエット効果も手に入れられるようになりますよ。

 

もっと手軽にショウガ効果を試したい!

番組で紹介された蒸し生姜ですが、『継続するのが難しそう』『ちょっと面倒くさいな…』と感じる方は、蒸し生姜の成分に着目したアイテムを利用するのも手です。
手軽に利用できる通販商品を探してみましたので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

 蒸し生姜粉末を手軽に利用しよう

国産黒蒸し生姜粉末 3個セット【ウルトラ蒸し生姜】60g【当日発送可】※送料無料

すでに出来上がっている国産蒸し生姜の粉末タイプです。
作る手間がいらないのですぐに蒸し生姜生活を実践することができますよ。

 

 

 酢しょうがサプリメントで簡単!



“無理をしないダイエッターサポート”【1日2粒】やわたの黒香醋しょうが

こちらは、テレビCMでもお馴染みの『やわたの黒香醋しょうが』です。
番組でも紹介されたように、しょうがと相性の良い黒酢がさらに健康効果をアップしてくれます。
私も実際に飲んでいます。
>>>【やわたの黒香醋しょうが体験レポ】1カ月でダイエット・健康効果はある?

 

香醋は中国で作られる香りの高い黒酢のことです。
そのため、ダイエットや健康効果に期待の出来るアミノ酸が豊富に含まれています。

 

また、生姜を加熱・乾燥させることでジンゲロールがポカポカ成分ショウガオールに。
冬場だけでなく、冷房などの冷えで悩む女性にも向いているサプリメントです。
酢しょうがの手作りも良いですが、手軽に簡単に…という方には、サプリメントが手軽です。

 

やわたの黒香醋しょうがについては、メーカー公式ホームページをチェックしてみてくださいね。
>>>やわたの【黒香醋しょうが】

 

オリーブオイルで体温アップ!

女性ホルモン向上ラボ

オリーブオイルの保温効果が凄い!

オリーブオイルの温め効果について詳しく解説してくださったのは、松生クリニック院長の松生恒夫医師。
腸のスペシャリストでもある松生先生は、腸の冷えが病気を引き起こすと警鐘を鳴らしています。

 

松生先生によると、体の冷えは腸の機能を落とす原因にもなるのだそう。
その結果、免疫機能が低下することにもつながるため、長生きしたければ腸を冷やさないことが重要だとのこと。

 

そこで松生先生がオススメするのが、“オリーブオイル”。
オリーブオイルは、最強の温め調味料だと言います。
その理由は、オリーブオイルの保温持続効果です。
温かいものと一緒にオリーブオイルを摂取することで、ポカポカ効果が持続できます。

 

油には、油膜を作る性質があり、とくにオリーブオイルはその油膜が薄く均一に広がる特徴があります。
その油膜により、フタがされたような状況になり、保温持続効果が生まれます。
サラダ油は、広がる範囲が狭くなるので、やはりオリーブオイルがオススメだそう。

 

オリーブバナナの作り方

松生先生が、特におすすめするオリーブオイルレシピをご紹介します。
それが、オリーブオイルとバナナを組み合わせた“オリバナナ”。

 

【材料】

  • バナナ1本
  • オリーブオイル大さじ1

【作り方】

  1. バナナを食べやすい大きさに斜め切りにする
  2. フライパンにオリーブオイルをひき、熱する
  3. フライパンの中にバナナを入れて約3分間炒める
  4. 両面に焦げ目がついたら完成!

 

食物繊維が豊富なバナナは腸内環境を整えるのにも役立つので、一石二鳥のデザートになります。
免疫力アップの健康的メニューです。

 

 

体温を上げるには筋肉増加もポイント

女性ホルモン向上ラボ

体温を上げるのに、有効なのは筋肉もあります。
筋肉は熱を生み出す働きもあるので、適度な運動をすることも体温を上げるのに効果的な方法です。
さまざまな方法を併用しながら、体温アップを狙いましょう!

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
酢しょうがに続いて蒸し生姜が来ましたね~。
石原先生もおっしゃっていたように、酢ショウガと蒸し生姜それぞれの利点があるので、両方ともうまく取り入れながら健康やダイエットに役立てるのがいいかもしれません。
さっそく、生生姜を買ってきて蒸しショウガ作りにチャレンジしてみたいと思います!

 

サタデープラスの酢しょうが特集はこちらからどうぞ
>>>酢しょうがで冬の老化を防ぐ!若返り・ダイエット効果も

 

 

スポンサーリンク



 - ダイエット特集 , , , , , ,