女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【女性ホルモンと肌状態】生理の周期で肌は変化!スキンケアも3パターンに

   

女性ホルモン向上ラボ

生理前になると、『イライラする』『気分が落ち込んでどうしようもない』『むくみやすくなる』…といった体や心の変化を感じる人は多いですよね。
私も、生理前はムダに眠くなるという、困った症状があらわれます。

 

女性なら、誰でも大なり小なりの生理にまつわる悩みがあるもの。
その一つとして、生理前の肌トラブルもあげられます。
『生理前になると、いくら気をつけていても吹き出物が出来てしまう』といった人も多いようです。

 

これは、私たち女性がもつ女性ホルモンの働きが大きく関係しています。
ここでは、女性ホルモンと肌の関係、そして生理周期に合わせたベストなスキンケア方法についてご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク



肌はエストロゲンで美しさを保っている

女性ホルモン向上ラボ

2つの女性ホルモンが生理に関係している

生理前後の身体や心の変化は、女性ホルモンの働きによるもの。
女性ホルモンには、主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というふたつのホルモンがあります。
なんとなく聞いたことがある…という人も多いかと思います。

 

このふたつのホルモンが、分泌量が変化することで生理周期を繰り返しています。
女性の肌や身体は、この生理サイクル=ホルモンの分泌量の変化に影響され、ずっと一定ではありません。

 

肌の変化に合わせたケア方法を知るためには、まずこのふたつのホルモンの働きや、肌への影響を知っておくことがポイントになります。

 

美のホルモン“エストロゲン”

女性ホルモンのうちの一つ、エストロゲンは別名『美のホルモン』とも呼ばれています。
それは、エストロゲンには肌の潤いやハリを増したり、白さを保ったりする働きがあるためです。

 

一方、もう一つの女性ホルモンプロゲステロンは、皮脂の分泌を増やしたり、シミの素となるメラニンを活性化させる働きがあります。
こう聞くと、プロゲステロンはいらないじゃない!と思いがちですが、これも大切なホルモンです。

 

プロゲステロンは別名『母なるホルモン』とも呼ばれます。
これは、子宮内膜を厚くしたり、乳腺の発達を促すなど、妊娠・出産・育児に役立つホルモンのため。
エストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスが整うことで、規則正しい生理がきます。

 

 

生理周期による肌の変化とは

女性ホルモン向上ラボ

上の画像は、生理周期における女性ホルモンの変化を表しています。
ピンク色の曲線がエストロゲン、紫色の曲線がプロゲステロンです。
縦に走っている点線は、排卵を示しています。

 

エストロゲン(ピンク)は、生理後~排卵までの間に分泌が高まります。
これは、肌にとっては良好な状態です。
みなさんも、この期間は肌もきれいで、ほとんど肌トラブルが起きていないのでは?

 

反対に、排卵を境にしてその後生理前までは、プロゲステロンの分泌が多くなるため、肌は荒れやすくなります。
また、紫外線の影響を普段よりも受けやすくなっている時期でもあります。
人によっては、この時期だけ敏感肌になってしまう人もいます。

 

スキンケアを行うときは、このような肌の変化に対応した方法を取ることが大切です。
そうすることで、肌トラブルを避けられるだけでなく、さらに美肌へ導くことも可能になります。

 

 

生理周期に合わせたスキンケア方法とは

女性ホルモン向上ラボ

生理中は基本アイテムのみ

生理中は、エストロゲンもプロゲステロンも分泌が少なくなるので、肌は安定し始めます。
ですが、まだまだ絶好調とは言えない状態のため、過度のスキンケアは控えたほうが無難。

 

スキンケアは、今まで使用してきた化粧水・乳液など、基本的なケアのみで終了しておきましょう。
乾燥が気になる場合は、使用したことのある美容液、クリームのみを使うようにしてください。

 

生理終了~排卵までは積極的なスキンケアを

女性ホルモン向上ラボ

この時期は、肌がもっとも調子が良い時期。
そのため、普段のスキンケアにプラスαの美容を取り入れるのがオススメ。

 

普段のケアに加えて、美白やアンチエイジングを取り入れてみましょう。
ピーリングやイオン導入なども効果が最も現れやすい時期です。

 

また、新しい化粧品を試してみたいときには、この時期にチャレンジするようにしましょう。
自分の肌に合わない場合でも、悪化することなく冷静に見極められます。

 

排卵後~生理前には紫外線対策を重視!

女性ホルモン向上ラボ

この時期は、皮脂が増えるのと同時に、肌が敏感になりやすくなっています。
それによって、紫外線に弱くなっているのもこの時期。

 

ニキビや吹き出物、シミなどが出来やすくなるので注意しましょう。
肌が敏感になる時期なので、スキンケアは極力シンプルにし、紫外線対策を万全にしておきましょう。

 

また、ムダ毛の処理もこの時期は避けるのがベター。
余計な肌トラブルを起こしかねないので、生理終了後に行いましょう。

 

スポンサーリンク



 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

今回、生理周期に合わせたスキンケア方法についてお話ししてきました。
本当に、女性って大変ですよね~。
生理前の情緒不安定さにプラスして肌荒れなんて、ますます私の心を乱さないで!とよく思います。

 

でも、それもしっかり女性ホルモンが働いてくれているおかげ…。
生理明けのあのすがすがしい気持ちを思い出しながら、生理期間はただただじっとしています^^;

 

ちょっとしたコツをしると、生理前の肌トラブルは軽減できますから、みなさんも意識してスキンケアを変えてみてくださいね。
意外と嬉しい発見もあったりするものですよ!

 

スポンサーリンク



 - 生理前・生理中の不調改善, 美容特集 , , , , , ,