女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【世界一受けたい授業】熱中症にならない体!インターバル速歩+牛乳

   

女性ホルモン向上ラボ

7月9日放送の日本テレビ『世界一受けたい授業』で紹介された、『熱中症の新常識2016!10日間で暑さに負けない体になる方法!』について詳しくお伝えします!

この夏は例年にも増して猛暑日が増えると警告されています。
そこで心配になるのが熱中症。
毎年運ばれたり、死亡してしまったりする方も出ていますよね。

今回番組では、たった10日間で熱中症に負けない体になる方法が紹介されましたよ。
では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



熱中症ってどんな症状なの?

女性ホルモン向上ラボ

今の時期から熱中症患者が増加!

熱中症と聞くと、真夏の8月頃のイメージですが、実は梅雨があける今の時期から患者数が増加し始めます。
急に気温が高くなるため、体が暑さに適応できずに熱中症になりやすくなるのです。

 

今年の夏は猛暑の可能性が高いと気象庁が発表しています。
記録的な猛暑となった2010年は、1700人以上の死者数でした。
今年は例年にも増して対策を考える必要があるようです。

 

熱中症患者が出やすい場所は住宅!

女性ホルモン向上ラボ

熱中症に気をつけなければいけない場所というと、屋外をイメージしますよね。
ですが、もっとも熱中症患者を出している場所は住宅なのです。

 

昨年の熱中症患者の約4割は自宅で発生していました。
次いで、道路・駐車場、公衆出入場所(駅など)、作業中、運動中、学校の順になっています。

 

冷房をかけている住宅であれば熱中症にならないのでは?と思いますよね。
実は、窓ガラス付近は冷房をつけていても家の外と同じくらいの温度になっています。

 

他にも意外な場所として挙げられるのがプールです。
冷たい水の中に入っていれば大丈夫と思っていても、泳ぐことで気が付かないうちに大量の汗をかいています。
それによって脱水状態となり、熱中症になりやすいのです。
プールでは、30分おきに日陰で休憩し、水分補給を必ずしましょう。

 

熱中症になると起こるのが熱失神

女性ホルモン向上ラボ

今回、熱中症にならない体づくりについて教えてくださったのは、信州大学大学院教授の能勢博先生。
能勢先生によると、10日間で暑さに強い、熱中症になりにくい身体づくりが可能なのだそう。
今から始めれば、十分間に合いそうです!

 

では、熱中症になるとどのような症状になるのでしょうか?
能勢先生によると、熱中症の症状で最も軽いのが熱失神なのだそう。
熱失神になると、めまいがして倒れてしまうのだとか。

 

暑くなり、体温が上昇すると体の熱を発散しようと皮膚表面の血流量が増加します。
すると、一時的に脳への血流が減少し、ふらついてしまうのです。
この状態を熱失神と呼びます。
芸人のケンドーコバヤシさんや、一般モニターの方もサウナに長めに入ることでこの熱失神の状態になりました。

 

熱失神に脱水が加わると、ますます体温が上がります。
場合によっては40℃を超えるなど、非常に危険な状態になるのです。
水分補給をしないと、死んでしまうこともあるのだとか。
たかが熱中症と思わずに、疑わしい症状があった場合は早急に医療機関を受診しましょう。

 

 

普段の水分補給は5~15℃の水で!

女性ホルモン向上ラボ

 緑茶で夏場の水分補給はNG!

熱中症対策として、水分補給が大切だとお話ししました。
では、普段自宅や会社で水分補給として適しているのは何でしょうか?
番組では、水と緑茶の2択でした。

 

正解は、お水です。
緑茶にはカフェインが豊富に含まれています。
このカフェインには利尿作用があり、飲み過ぎてしまうと結局尿として水分が体外に出てしまいます。

 

熱中症対策の正しい水分の摂り方

女性ホルモン向上ラボ

普段の水分補給には水が適しています。
ですが、熱中症予防にはその温度も大切なのだそう。
暑い日は氷水を飲みたくなりますが、冷たすぎると胃が収縮し負担がかかります。

 

そこでオススメなのが5~15℃の水
体への吸収率も良く、クールダウンにも効果的です。

 

1回に飲む水分量は150~250mlが目安です。
がぶ飲みではなく、こまめな水分補給をしましょう。
一度に大量に水を飲んでも身体が吸収に追いつきません。

 

経口補水液を自宅で作ろう!

近年は脱水対策として、経口補水液が身近なものになりました。
ペットボトルタイプの他にも、下のような粉末タイプも登場し、積極的に脱水対策がとれるようにもなりました。

 

 

 

番組では、自宅でも作れる経口補水液の作り方が紹介されました。
作り方を覚えておけば、いざという時に助かるかと思います。

 

経口補水液の作り方

女性ホルモン向上ラボ

【材料】

  • 水…1ℓ
  • 砂糖…20~40g
  • 塩…3g

 

※分量は間違えないように気をつけてください!

 

【作り方】

  1. 材料を全て混ぜ合わせれば完成!
  2. レモン1/2個分の果汁をプラスすると、飲みやすくなりカリウム摂取も出来るのでオススメ

 

能勢先生によると、経口補水液は汗を大量にかいて脱水状態の時に飲むものなので、脱水状態でない人は美味しく感じないのだそう。
美味しいと感じてしまう人は、気が付かないうちに脱水気味なのです。
味覚は体の状態を反映するため、そのようなことが起きるのだそう。

 

スポンサーリンク



 

熱中症に負けない体づくりの方法

汗をかきやすい身体をつくる

汗 女性 タオル

では、熱中症に負けない体づくりをする方法を具体的に見ていきましょう。
まずは、汗をかきやすい身体にすることが大切です。

 

能勢先生によると、ヒトは本来汗をかくことで暑さに強くなる動物なのだそう。
ですが、クーラーなどの技術が発達するにしたがい、暑さに体を慣れさせなくなりました

 

そこで、熱中症にならないための体の作り方で必要になってくるのが、以下の内容です。

 

  1. インターバル速歩
  2. 牛乳を飲む

 

それぞれのやり方や効果について、詳しく見ていきましょう。

 

インターバル速歩

ウォーキング スポーツ 運動

インターバル速歩とは早歩きゆっくり歩きを、交互に3分ずつ行う運動のことです。
インターバル速歩をすることで、足の筋肉を増やしたり、血液量を増やして体をみずみずしくすることが出来ます。
それによって、血液を全身、脳にまで戻してあげることが出来ます。

 

早歩きは、息がはずむ程度の速度で、大股で歩くのがポイントです。
ゆっくり歩きは、周りを眺めながら散歩するくらいの速度です。

 

能勢先生によると、1日30分くらい続けて欲しいそうです。
ちょっときつめの運動をすることで、筋肉が太くなり、血液量が増加します。

 

インターバル速歩の直後に牛乳を飲む

女性ホルモン向上ラボ

 

インターバル速歩をしたあとには、牛乳を飲むのがオススメ。
牛乳に含まれるたんぱく質や糖質には、肝機能を高め血液量を増やす働きがあります。

 

血液量が増加すると、汗をかきやすくなります。
それによって熱中症が防げるのだそう。

 

牛乳を飲むタイミングは、インターバル速歩をした後、1時間以内にコップ1杯程度(約200ml)。
運動後に飲むことにより、傷んだ筋肉を修復して筋肉量をアップさせる効果が期待できます。

 

インターバル速歩+牛乳の習慣で、10日間ほどで血液量はアップするのだそう。
ですが、炎天下での運動は危険なので、気温が低い夕方に行いましょう。

 

自宅でのスクワットでも

気温が高い日や、天候が悪い日は無理をして外に出る必要はありません。
その場合は室内でスクワットを行うだけでもOKです。

 

 

能勢博先生 著書

 

 

 

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
熱中症はあまり自覚症状がないうちに進行している場合が多いようです。
こまめな水分補給、休憩をとるように心がけましょう。
夏こそ、自分を労わってあげるようにしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , ,