女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

女性ホルモンも関係!冷え性の原因と対策を知って今年の冬は快適に!

      2015/11/29

『手足が凍っているみたいに冷たい』『腰が冷えすぎて痛いくらい』と、毎年のように辛い症状がでてしまう女性はいませんか?
今回の記事では、女性を悩ませる『冷え性』の原因と、冷え性が引き起こす病気、また冷え性改善に効果的な食べ物やケア方法などをご紹介します。

 

冷え性を改善して、今年の冬は快適に過ごしましょう!

 

スポンサーリンク

冷え性の原因は自律神経と女性ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンと冷え

気温が下がり始める秋頃から冬にかけて、手足などの末端や、腰、おなかなどの『冷え』を感じる女性が多くなります。
この冷え、実際に体内の温度が低くなっているわけではないんですよ。

 

気温が下がるにしたがって体温のコントロールが難しくなり、手足や腰などの皮膚温度が下がってしまうことで、私たちは『冷え』を感じるようになります。
普段、私たちの体温を調整してくれているのは自律神経です。
この自律神経が血管を収縮し、全身に血液を送っています。

 

しかし、この自律神経のバランスが崩れると、血管の収縮がスムーズに機能しなくなり、血行障害を引き起こしてしまうのです。
自律神経のバランスが乱れる主な原因に、不規則な生活と精神的ストレスがあります。

 

また、この自律神経は女性ホルモンと密接に関係しています。
生理前や生理中など、女性ホルモンの分泌が大きく変化しているときに、自律神経も乱れることがあります。
そのため、『生理中は特に冷える』『生理の10日前頃に冷え性になってしまう』という女性がいるように、冷えが周期的に症状として出る場合もあります。

 

 

注意!冷え性が原因で病気になることも

冷え性は病気ではありません。
一度冷えを感じるとなかなか冷えから抜け出せない『冷え体質』とも言えます。

 

その病気ではない冷え性が原因で、病気になってしまうこともあるんです。
その一例が下記の病気です。

 

  • 膀胱炎
  • 腎臓病
  • 胃潰瘍
  • 関節リウマチ…など

 

また、病気ではなくとも、頭痛や肩こり、腰痛、下痢などの症状がでる場合も。

 

逆に、病気によって冷えが引き起こされることも稀にあります。
甲状腺の異常や動脈硬化などそれにあたります。

 

この女性ホルモン向上ラボ管理人の母も、いつも冷えを訴えていました。
その後、甲状腺の異常が発見されました。
幸い大事にはいたらず、手術を経て完治することができました。
それからは、以前ほど冷えを訴えることもなくなった、ということがあります。

 

たかが冷えとは言ってられないのですね。
あまりに冷え性が辛いようでしたら、内科や婦人科への受診をおすすめします。

 

スポンサーリンク

冷え性の改善方法

冷え性改善方法

冷えには体の表面だけではなく、体の内側から温めるようにするのが重要になってきます。
それには、『食事』『運動』『入浴』『温度差』の4つがキーワード。
ひとつひとつ確認していきましょう。

 

冷え性に効果がある食事・食べ物

冬はもちろんですが、夏でも熱いお茶を飲みましょう。
それがきつい時は常温で。食事でも、お蕎麦はざるそばではなく、かけそばにするなど、体が温まるメニューを選ぶことを心掛けて。

 

また、体が温まる食べ物を食べるのも冷え性の改善には効果的。
ごぼうや大根などの根菜類や、イモ類、鶏肉や羊肉、豚足、赤身肉も体を温める効果があります。

 

また、ショウガや赤トウガラシ、コショウ、わさびなどの香辛料も、血行を促進して体を温めてくれますよ。

 

 

冷え性にはかんたんな運動で血行促進を

駅まで歩く、エレベーターのは乗らずに階段でのぼるなど、普段の生活のなかでちょっとした運動を取り入れましょう。

就寝前にベッドの上で、軽くストレッチをするのも血行がよくなるのでおすすめです。

 

 

冷え性はぬるめのお湯でお風呂に入って

 

女性ホルモン冷え性

湯船の温度が熱いと、ゆっくりつかることができないため、体の表面しか温まりません。
冷え性の女性には、37~40度のぬるめのお湯にゆったりとつかってもらいたいです。

 

それにプラスして半身浴も効果的。
心臓より下の部分をおふろにつからせる半身浴は、下半身だけではなく全身をポカポカ温めてくれます。

 

これからの季節、寒さを感じる場合は肩に乾いたタオルをかけてみてください。
肩が冷えることなく、半身浴を楽しめますよ。

 

 

温度差でも起こる冷え性

冬場の暖房、夏場の冷房。
これらも冷え性を引き起こす要因になります。

 

室内温度と外気温の差を5度以内に抑えましょう。
差がありすぎると、それによって自律神経のバランスが崩れてしまうことになりかねません。

 

窓を閉めっぱなしにしないように、ときどき開けて空気の入れ替えをすることも大切です。

 

 

 

まとめ

冷え性の原因と改善方法についてみてきましたが、いかがでしたか。
冷え性と一口に言っても、色々な原因が考えられるんですね。
自律神経や女性ホルモンのバランスが崩れている自覚のある方は、そこから改善していくのが、実は一番の近道かも知れません。

 

上にあげた例の他にも、体を締め付ける下着を避ける(血行が悪くなる)、おしゃれのためと薄着になりすぎないというのも冷え性を改善する方法です。
自分に足りていない冷え対策を見極めて、この冬をみなさんに乗り越えてもらいたいと思います。

次回の記事『冷え性の原因と改善方法を症状別にご紹介』ではタイプ別に冷え性の対策、ケア方法について、さらに深く掘り下げていきます。

 

 

スポンサーリンク

 - 女性の健康【その他】 , , ,