女性の健康【その他】 美容特集

肌のゴールデンタイムに寝なくていい?深い睡眠と美肌づくりを叶える3つの方法

投稿日:

女性ホルモン向上ラボ

皆さん、毎日十分な睡眠をとっていますか?もし、夜中によく目が覚める、ちゃんと寝ているのに疲れがとれないという方は、睡眠の質が良くないのかもしれません。

質の良い睡眠は、美肌づくりには欠かせない要素です。浅い眠り習慣がついてしまうと、肌のターンオーバーの乱れを起こし、様々な肌トラブルの原因になります。

今回は、睡眠と肌の関係性、そして毎日ぐっすり眠る方法をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク



私たちが眠っている間、肌には何が起きているの?

私たちが眠っている間は、身体の各器官も機能をゆるやかにして休んでいます。

一方、肌では内部で細胞の生まれ変わりが行われているのです。これを、肌のターンオーバーといいます。古い細胞や角質は、新しいものに押されるようにして肌から剥がれ落ちるのです。

このサイクルが正常に働いていると、トラブルのない美肌がキープされます。

 

ターンオーバーを促す成長ホルモンと眠りの関係

眠っているときに体内で分泌されるのが、成長ホルモンです。成長ホルモンが分泌され、血液によって身体の隅々まで運ばれます。

成長ホルモンは肌のターンオーバーを促す大切な存在です。つまり、成長ホルモンが足りないと、ターンオーバーが少しずつ乱れてしまいます。

 

女性ホルモン向上ラボ

成長ホルモンの分泌は夜10時~2時に盛んになる

「肌のゴールデンタイム」という言葉をご存知でしょうか。これは、成長ホルモンが最も多く分泌する時間帯を指します。夜10時~2時の間に睡眠をとって身体を休ませていると、成長ホルモンが無駄なく身体全体に運ばれ、体調を整えたり、疲労を回復させるのです。

日中に受けた紫外線や外気によるダメージも、ゴールデンタイムにしっかりと眠ることで修復されます。

 

 

大事なのはゴールデンタイムじゃなくて眠ってからの3時間!

夜10時までに眠るのが理想とされていますが、仕事や家事に追われる現代の女性には難しいことですよね。でも、ゴールデンタイムに睡眠を取れなくても、成長ホルモンがしっかりと分泌されることがあります。それは、眠りに入ってからの3時間です。

 

女性ホルモン向上ラボ

最初の深い睡眠で成長ホルモンが分泌されやすくなる

人間は、睡眠中に深い睡眠と浅い睡眠を繰り返しています。最初に深い睡眠に入り、朝方になるとすぐに目が覚める浅い眠りになっているのが理想的です。

成長ホルモンは、ゴールデンタイムだけではなく、最初の深い睡眠中にも分泌されます。つまり、無理にゴールデンタイムに眠ろうとしなくてもいいのです。そのかわりに、質の良い深い睡眠がとれるようにしましょう。

 

睡眠中の肌の修復作業に合わせてスキンケアをしよう

眠っている間に成長ホルモンが作用して、肌のターンオーバーやダメージを修復する。このメカニズムを利用して、夜に美容成分がたっぷり含まれた化粧品を使うことで、より効果の高いスキンケアが期待できます。

特に夏は、日中に受けた紫外線や冷房で肌が疲れやすくなっています。夜用のナイトクリームを眠る前につけて、睡眠中の肌の修復作業の効果をアップさせると良いでしょう。

 

スポンサーリンク




 

睡眠の質を上げるためにできること

美肌づくりにはゴールデンタイムも大事ですが、最初の深い眠りをしている3時間も同じような効果がある、と解説しました。では、次はぐっすりと深い眠りをとるための方法に注目してみましょう。

 

女性ホルモン向上ラボ

テレビ、PC、スマートフォンの使用は寝る1時間前まで

睡眠の直前までに強い光を受けていると、交感神経が刺激されてリラックスするための副交感神経の働きが鈍くなってしまいます。脳がハッキリと起きている状況では、深い睡眠に入りにくくなるので、寝る前のテレビなどの使用は制限しましょう。

 

リラックスできる環境で過ごす

寝室をゆったりリラックスできる環境にしましょう。具体的には、明かりは暗くして、リラックス効果のある香りで部屋を満たしたり、音楽をかけるなど。

アロマの中でも鎮静作用があると言われているラベンダーの香りがオススメです。寝る前にラベンダーオイル配合のボディクリームでマッサージすると、香りでリラックスしながらむくみの解消も期待できます。

 

睡眠を促すものを摂取する

晩ご飯にリラックス効果の高い食材を使ったり、寝る前にホットドリンクを飲みましょう。リラックス作用のある代表的な食材は、チーズ・アーモンド・サバ・サーモン。ホットドリンクでは、ハーブティーが良いでしょう。

私はここ2ヶ月ほど、寝る前にカモミールティーを飲むようにしているのですが、布団に入ってから数分でストンと眠りに入れるようになりました。カモミールには、神経を落ち着かせて眠りを誘う効果があるそうです。また、暖かいドリンクを飲むことで内臓が温まり、血行も良くなって朝むくみにくくなった気がします。

 

もう一度寝る前の過ごし方をチェックしてみて

あちこちで聞く「肌のゴールデンタイム」は、確かに美肌作りに大切ですが、忙しいときは無理にゴールデンタイムに眠ろうとしなくていいのです。

大事なのは、眠り始めてからの最初の3時間で深い睡眠をとること。そのために、寝る前の時間の過ごし方を見直して、リラックスしてから眠るようにしましょう。それが、美肌のために必要な睡眠のとり方です。

 

スポンサーリンク



あなたにオススメの記事

-女性の健康【その他】, 美容特集
-, , ,

Copyright© 女性ホルモン向上ラボ , 2017 AllRights Reserved.