女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【スッキリ!!】脳梗塞の最新治療情報!セルフチェックで未然に防ぐ

   

女性ホルモン向上ラボ

11月30日に日テレ情報番組『スッキリ!!』内のコーナー『週刊からだニュース』で放送された『脳梗塞の最新情報』について、詳しくご紹介していきます。

 

これから寒さが増す時期。
それとともに脳梗塞の発症リスクも高まります。

 

病魔は突然やってくる!
脳梗塞の最新情報について、見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

脳梗塞(のうこうそく)とは?

 

脳内の血管が詰まることで起こる病気

女性ホルモン向上ラボ

 

最近では、歌手の西条秀樹さんや、タレントの麻木久仁子さん、磯野貴理子さんも発症したことでも有名になってしまった脳梗塞。
脳梗塞は、脳内の血管が詰まることによって起こる障害の病気のこと。
この脳梗塞を発症してしまうと、麻痺や言語障害などの後遺症が残ってしまうことも多いのだとか。

 

近年、介護が必要になった原因の第1位が脳梗塞などの脳血管疾患によるもの。
次いで、認知症や高齢による衰弱が続きます。
認知症よりも多い原因なのは、意外ですよね。
それだけ、怖い病気ともいえると思います。

 

脳梗塞は年間20万人が発症!

 

脳梗塞は年間20万人の人に発症し、そのうち40%の人が5年以内に命を落としているそう。
さらに、40歳代の3人に1人、50歳代の2人に1人、さらに60歳代の約80%の人が脳梗塞予備軍だそう。
もしかすると、あなたやあなたの周りの人も、すでに脳梗塞予備軍かも知れません。

 

 

 

脳梗塞の治療は?

女性ホルモン向上ラボ

これに答えていただいたのは、虎の門病院脳神経血管内治療科の松丸祐司先生。
脳梗塞の治療には、血栓を溶かす薬を点滴から注射すること。
また、カテーテルという細い管を使い、脳の血管に詰まった血管を掃除してあげる、という二つの治療法のみが存在するそうです。
脳梗塞の2つの治療法について、詳しく見ていきましょう。

 

脳梗塞に有効なカテーテル治療

カテーテル治療とは、直径0.6ミリのワイヤーで血管の詰まりを取り除く治療方法のこと。
カテーテルは、血管の中で編み状に広げることができ、この網に血栓を引っ掛けて取り除きます。

 

 

脳梗塞の特効薬“t-PA”

女性ホルモン向上ラボ

カテーテル治療は手術が必要であることに対して、こちらの治療法は手術が必要がないことから、患者への負担が減らせる利点があります。
脳梗塞の特効薬『t-PA』という薬で、脳に詰まった血栓を溶かして治療する方法。
t-PAは、2005年に認可された薬で、血栓を溶かす唯一の特効薬です。

 

 

特効薬“t-PA”の使用には発症からの制限時間がある!

女性ホルモン向上ラボ

特効薬があれば、もっと簡単に治ると思ってしまいますよね。
ですが、この特効薬は脳梗塞の全ての患者さんに投与できるわけではないそうです。

 

t-PAは非常に効果の高い特効薬ですが、全脳梗塞患者の5%未満しかt-PAによる治療を受けていないそうです。
じつは、この特効薬の使用には、制限時間があります。

 

少なくとも、脳梗塞を発症してから4時間半以内の患者に投与しないと、血栓を溶かす薬のため、逆に出血を起こしてしまう原因になるそう。
そのため、4時間半以上たってから病院へ行っても、このt-PAを投与してもらえなくなってしまいます。
例えば、夜に発症して『おかしいな…』と感じ、朝一に病院へ行っても遅いということです。
その場合、カテーテル治療になるそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

違和感を覚える前に病院に行こう

女性ホルモン向上ラボ

脳梗塞は、早期発見が治療のカギとなります。
東京脳神経センター高倉公朋医師によると、自分でセルフチェックして、異常に早く気づくことが脳梗塞や後遺症で倒れないためにも大切だそうです。

『FAST』で脳梗塞を疑え!

『もしかして脳梗塞かも?』と感じたら、以下の点を注意してみましょう。

  • Face…顔の片側が下がる
  • Arm…腕に力が入らない
  • Speech…ろれつが回らない
  • Time…すぐに119番

それぞれの頭文字をとって『FAST』。
脳梗塞かも!と思ったら、これを思い出しましょう。

 

渦巻きで脳梗塞チェック

女性ホルモン向上ラボ

出典:ぐるぐる渦巻きなぞり

このような渦巻きの中に、自分で中から外に向かって渦巻きを描きます。
10秒以内に行い、黒の渦巻きにぶつからなかったら脳梗塞の心配はなさそうです。
もし、2か所以上渦巻きの線が接触してしまったら、早めに診断をしてもらいましょう。

 

足踏みで脳梗塞チェック

その場で目を閉じて足踏みをします。
30秒間行い、元いた場所から大きくずれていると、脳梗塞の可能性がでてくるそうです。
不安がある方は、こちらも早めに診断をしてもらいましょう。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
自分は関係ないと感じている人も、もしかして脳梗塞予備軍の可能性が高いということが分かっていただけたかと思います。
セルフチェックもそうですが、定期的な健康診断を面倒くさがってはいけないなと、改めて感じました…。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 - 女性の健康【その他】, 更年期症状とその改善法 , , , , ,