女性の健康【その他】 美容特集

熱中症・冷房病・紫外線…3つのポイントをしっかり押されば夏は怖くない!

更新日:

女性ホルモン向上ラボ

毎年どんどん気温が上がっていき、夏の暑さ対策が必要になっています。熱中症だけでなく冷房病・紫外線…夏には気を付けるべきことがたくさん!

今回は、そんな夏に注意すべき3つのポイントをご紹介します。熱中症・冷房病・紫外線から身を守るための基礎知識をチェックしていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

熱中症にならないために

女性ホルモン向上ラボ

私たちの日常生活の中で増加しているのが熱中症です。重症化すると命の危険さえもある恐ろしい病気です。正しい知識と適切な処理をすることで予防することができます。

 

熱中症とは

私たち人間の身体は自律神経の働きによって、体温調節機能を正常に保たれています。しかし、気温や湿度が高い、風があまり吹かない、日差しが強いなどの厳しい環境で私たちの体温調節機能に乱れが生じてしまいます。

それにより体内における水分やナトリウムのバランスが崩れ、それによって様々な障害が起きることがあります。これが熱中症です。

 

体が感じる危険信号にはいくつかありますが、めまい・吐き気 ・頭痛 ・皮膚が赤くなったり、乾いている状態で汗をかかないなどがあります。

この様な症状は水分と塩分が失われることで血液循環が低下してしまい脱水症状になるこ とで現れてきます。そして進行すると多機能不全を起こし死に至ることもあります。

そんな事が起こってしまわないようにしっかりとした予防対策が必要になります。

 

熱中症の予防

女性ホルモン向上ラボ

夏の厳しい暑さを避けるのが予防につながります。それが室外あるいは室内であっても同じことです。

よく言われている熱中症の予防対策として、喉が渇いたなと感じる前に電解質の入ったスポーツドリンクなどをこまめに飲む、水分補給でしょう。汗をかくことによって体内の塩分も失われます。そのため水やお茶などよりもスポーツドリンクが良いとされています。

 

当然のことながら体調や体質・生活習慣といったものにも気を付けてないといけません。スポーツを行う場合には、責任者が全員の健康状態を確認し定期的に水分補給を行うように指導する必要があります。

熱中症を起こしやすい場所といえば、野外と思いがちですが屋内でも暑さを我慢していると、気が付かないうちに熱中症を起こしてしまう事があります。エアコンや扇風機、日陰などを利用して涼しい環境で日頃から十分気をつけて 無理のないように心掛けましょう。

 

熱中症になってしまった場合の応急処置

熱中症には3段階があります。熱痙攣や熱湿疹など軽度の段階であれば、涼しい所で休みスポーツドリンクを飲ませることで回復します。

 

意識がはっきりしない場合

熱中症により気を失う、呼びかけや刺激に対して反応がおかしい、応答がないなどかなり状態が深刻である場合は、すぐに救急車を呼んでください。

その後、到着までの間に身体に水をかけてうちわで扇いだり、首の周辺の大動脈に氷を当てるなど、ともかく体を冷やす処置をすることが大切です。

また倒れて意識がない場合や嘔吐などしている場合は水を飲ませてはいけません。

 

高齢者、子供の場合は特に注意

また健康な成人に比べると高齢者は普段の日常生活でも脱水症状になりやすいので注意が必要です。小さなお子様も元気に遊んでいても脱水症状になりやすいので熱中症を起こしやすいといえます。家族や周りの人の注意が必要でしょう。

朝食をしっかりとること、スポーツ前と途中の水分補給は特に重要です。

 

スポンサーリンク

 

現代病の代表格…冷房病にも注意!

女性ホルモン向上ラボ

熱中症とは逆に身体を冷やしすぎてしまう事が原因の冷房病というのがあります。

人間は5℃以内であれば温度が急激に変化しても適応できると言われていますが、冷房による冷気を長時間浴びたりすると毛細血管の収縮や血行不良を起こします。これが私たちの体温調節機能に乱れを生じさせ、様々な症状を引き起こします。

 

冷房病の症状

冷房病の症状にはいろいろあります。

体の冷えやだるさ・しびれ・むくみ・頭痛・肩こり・神経痛・下痢・便秘・腹痛・食欲不振などです。

 

冷房病を予防するには

薄着や肌を露出する服装が多い女性については体を冷やしやすい傾向にあります。冷え性だという方も少なくありません。

 

外との温度差は5度以内

室外との気温差を5度以下にしてください。室内温度は27度から28度が理想です。

 

安心アイテムを活用

女性ホルモン向上ラボ

また定期を直接肌に当てない注意が必要です。家の室内以外の場所での冷房、例えばオフィスや百貨店など、自分でエアコンの温度調節をすることが不可能な場合もあります。

オフィスなどの冷房の効いた場所ではひざ掛けやカーディガンまたは大きめのスカーフなどを一枚用意して温度に合わせて脱ぎ着できるようにするのがよいでしょう。

 

湯船につかって体温リセット

女性ホルモン向上ラボ

夏は暑いため、シャワーだけで済ませてしまいがちすが、お湯に浸かることで体を温めることができますので、毎日お風呂につかることをお勧めします。血行の回復には足湯や半身浴なども効果的です。

夏は暑いので冷えたジュースなどの飲み物やアイスクリームなど冷たいものを食べがちですが、暑い時にこそ栄養のある温かいものを食べましょう。冷えた体を内側から温め夏バテ予防にもつながります。

 

 

夏に欠かせない紫外線対策

女性ホルモン向上ラボ

紫外線は浴びることで骨を形成するビタミンDを作り出し、布団や洗濯物の殺菌効果、カビの予防効果などがあります。

しかし人間に悪影響を及ぼすものがたくさんあります。皮膚がんや白内障、シミやそばかす・しわなど、また皮膚の老化なども紫外線の影響を受けます。

 

外出する時の紫外線対策

洋服は透けていないしっかりとしている生地を選びましょう。木綿やポリエステルなどが適しています。

七分袖や襟付きのシャツなど体を覆う部分が多いほどよく、淡い色より濃い目の色の方がより紫外線をシャットアウトする効果があります。外に出るときだけ軽く羽織れるカーディガンなどがオススメです。

 

つばの広い帽子

女性ホルモン向上ラボ

また帽子をかぶるのも効果があります。麦わら帽子のような 幅の広いつばのある帽子ほど効果があります。できれば7cm以上つばのあるものが良いでしょう。

 

日傘

それから日差しが強い時、日陰のない場所では積極的に日傘を利用するのがよいでしょう。 白より黒っぽい色の方がより紫外線を防いでくれます。 購入の際に紫外線カット率が記載されていますのでそちらをご覧ください。

 

日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームなどはSPF・PAなどの記載を確かめて、日に当たる時間や付け心地などによって選びましょう。また、汗をかいて流れてしまったり、つけてから時間が経つなどした場合は、もう一度塗り直しが必要となります。

できるだけ直射日光を浴びないように、帽子や日傘などを活用したり、日陰を歩くように心がければ反射率も下がりますのでUV対策に効果的です。

 

 

これから先の自分のために

夏の日差しは毎年ごとに強くなっています。それによる病気なども増えるでしょうが、正しく理解して予防していきましょう。また、今のこの季節を楽しむとともに、これから先の10年後20年後の美容と健康のためにUV対策にも気を付けたいところです。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

-女性の健康【その他】, 美容特集
-, , ,

Copyright© 女性ホルモン向上ラボ , 2017 AllRights Reserved.