女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【バイキング】コーヒー健康法!1日3杯で心臓病予防【ダイエット効果も】

   

女性ホルモン向上ラボ

11月30日放送のフジテレビ情報番組『バイキング』内のコーナー『ひるたつ』で紹介された『コーヒー健康法!国立がん研究センターが発表!1日3杯のコーヒーで長寿!?』について、詳しくお伝えします!

 

私たちにとって身近な飲み物であるコーヒー。
毎日飲んでいる人も多いのではないでしょうか?
私自身も、コーヒーは大好きです!

 

そのコーヒーに、健康効果やダイエット効果があるそうなので、早速詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

コーヒーの健康効果とは?

 

今回紹介された健康法のコーヒー1杯とは、コーヒー豆10gで150mlでいれたコーヒーを1杯としてカウントしています。

1日3杯のコーヒーで心臓病死のリスクが4割減!

病院

 

東京薬科大学教授の岡希太郎先生によると、1日に3~4杯ほどのコーヒーを飲むのが一番効果的だそう。
逆に、5杯以上になってしまうと、心臓病のリスクが上がってしまいます。
1日3杯が適切だとのことです。

 

心臓病は、血液がドロドロの状態で起きてしまう病気です。
コーヒーには血液をサラサラにする効果があり、心臓病のリスクを4割減らす効果があると、先日国立がん研究センターから発表されました。

 

コーヒーに含まれるニコチン酸、アロマ成分の二つが、ドロドロの血液をサラサラに改善する効果があります。
なんと、この二つを含む食べ物はコーヒーのみだそう!

 

※ちなみに、たばこに含まれるニコチンと、このニコチン酸は全くの別物です。

 

 

 

ガン予防にも効果あり

女性ホルモン向上ラボ

コーヒーには、他にも、カフェインとNMPという有効成分が含まれています。
NMPには、発がん性物質を排除する働きがあり、そのNMPの働きを活性化する働きがあるのがカフェインだそうです。

 

番組では、コーヒーを摂取した場合のがんリスクの低下の関係性がグラフで紹介されていました。(写真参考)
肝臓がん、子宮体がん、大腸がんが、それぞれコーヒーを摂取しなかった場合のリスクを1とした時、それぞれグラフの位置までリスクが低下したというデータがあります。

 

また、このカフェインとNMPが同時に摂取できるのはコーヒーのみだそうです。

 

 

 

効果的なコーヒーの飲み方は?

 

 

コーヒーを飲むタイミングは食前!

女性ホルモン向上ラボ

効果を出すには、飲むタイミングも大切。
食前または食事中に飲むのが効果的だそう。

 

食事後、血液がドロドロになりやすいため、食前に飲むと血液がサラサラに。
どうしても食後に飲みたい場合は、『食直後』がいいとのことでした。

 

コーヒーを飲む方法は自分に合わせてOK!

女性ホルモン向上ラボ

岡先生によると、ブラック、ミルク、砂糖入りでもいいそうです。
砂糖やミルクを入れても、コーヒーの有効成分に変化はありません。

ですが、ミルクや砂糖を入れ過ぎると、糖分や脂肪分の摂りすぎになることも。
ブラックが苦手な方は、1日3杯のコーヒーのうち2杯をミルク・砂糖入り、もう1杯をブラックにするなどした方が健康にもいいようです。

 

岡先生がおすすめするコーヒーの作り方

女性ホルモン向上ラボ

岡先生がオススメするのは、ドリップタイプのコーヒー。
フィルターの中に10gのコーヒー粉を入れます。
そこに、お湯50mlを注ぎ入れて完成です!

 

この方法でコーヒーを入れると、コーヒーの有効成分のうち90%が抽出できるため、効率よくコーヒーの健康効果を取り入れることが出来るそうですよ。
また、これ以上のお湯を入れてしまうと、有効成分や香りが薄まってしまうそうです。

 

 

コーヒー3杯は分けて飲むのが効果的

朝、昼、夕と分けて飲むのが一番効果的な飲み方だそうです。
1日3杯と言っても、一気に3杯飲むと、効果が持続しません。

 

分けてコーヒーを飲んだ方が、常に体がコーヒーの有効成分の影響を受け続けられるそうですよ。

 

胃がむかむか、頭が痛くなるのは安いコーヒーだから!?

岡先生によると、コーヒーは発見された時から胃の薬として用いられていたものだそう。
『コーヒーを飲むと胃が痛くなる…』などの症状が出る場合は、安いコーヒーのせいか、もしくは自分に合ってないコーヒーであることが原因だとおっしゃっていました。
自分に合うコーヒーを探す、というのも面白いかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コーヒーにはダイエット効果も!

こちらは、番組内で紹介されませんでしたが、コーヒーには他にもダイエット効果があるんですよ。

コーヒーの脂肪燃焼効果

女性ホルモン向上ラボ

コーヒーには、クロロゲン酸とカフェインという有効成分が含まれています。
これらの成分には、脂肪の燃焼を促進してくれる嬉しい効果が!
コーヒーを飲むだけでいいなんて、手軽でありがたいですよね。

 

 

コーヒーのむくみの改善効果

女性ホルモン向上ラボ

 

コーヒーを飲むとトイレが近くなった経験がある人もいるのでは?
それは、コーヒーに含まれるカフェインの働きによるもの。
カフェインには利尿作用があるのは有名かも知れませんね。

 

しかも、カフェインは血行をアップしてくれる働きもあるため、けっこうの循環が良くなり、体の代謝が高まります。
この利尿作用と血行促進によって、むくみが改善されたり、冷えや肩こりの解消にも効果が期待できるそうです。
デスクワークや立ち仕事で脚がむくみやすい女性は、仕事の合間にコーヒーを飲むと浮腫みが改善されますよ。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?
コーヒーにここまでの健康効果があるとは、私も驚きでした。
コーヒー好きには、嬉しい情報でしたね。
これからも、コーヒータイムを楽しんじゃいましょう!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 - ダイエット特集, 女性の健康【その他】, 美容特集 , , , ,