女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【バイキング】ヒートショック予防法!心筋梗塞・脳梗塞の可能性も!

   

女性ホルモン向上ラボ12月16日放送のフジテレビ情報番組『バイキング』内のコーナー『ひるたつ』で紹介された『今が危ない!誰もがなる可能性が!ヒートショック予防法』について、詳しくお伝えします!
12月はヒートショックになりやすい危険な季節。
ヒートショックは、温度の急激な変化によって血圧が上下に大きく変動することが原因となって起こる健康被害のこと。

 

年齢に関係なく起こるもので、年間17000人もの人が、ヒートショックが原因で命を落としているのだとか。
そのヒートショックを予防する方法とは、どのようなものなのでしょうか?
では、早速詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



 

ヒートショックとは?

女性ホルモン向上ラボ

最大の要因は温度差!

今回、お話ししてくださったのは、さかい医院院長の堺浩之医師。
堺先生によると、毎年3000人もの若者がヒートショックが原因によるものでなくなっているのだとか。
ヒートショックとは、急な温度差が原因で血圧が激変し、身体に悪影響を及ぼすこと。
脳卒中や心筋梗塞などが起こり、最悪の場合死に至る場合もあるそう。

 

暖かいリビングから、寒い廊下に出た時、温度差を感じますよね。
この温度差で血圧が激変します。
この時、死に至ってしまう人もいるのだそう。

 

 

ヒートショックは誰にでも起こる現象

ヒートショックが原因で死亡したと思われる死亡者数は、年間17000人とも言われています。
堺先生によると、若くても、健康でも、ヒートショックは誰にでも起こりえる現象なのだとか。
実際、年間3000人以上の若者が、ヒートショックと思われる原因で死亡しているのだそう。
今晩、あなたもヒートショックを起こしてもおかしくないかも知れません。

 

 

 

ヒートショックが起きやすい場所は?

女性ホルモン向上ラボ

 最も危険なのは“お風呂場”!

暖かい部屋から、寒い部屋へ移動すると、血圧が急激に変動するために起こるヒートショック。
このヒートショックが起こりやすいのがお風呂場。
暖房のない脱衣場で衣服を脱ぐと、急激に体が冷やされ、ヒートショックになるリスクが高まってしまいます。

 

脱衣所にはカーボンヒーターを!

堺先生によると、脱衣所でのヒートショックの予防には、カーボンヒーターがおすすめ。
脱衣所は狭く、置く場所が限られていますよね。
そこで、便利なのが電球と一体型になっているカーボンヒーター。
天井に付けるタイプなので、水がかかることも防げます。

 

バイキングで紹介『ヒーター内蔵型天井照明ポカピカⅡ』

[パアグ正規品1年保証付き]☆ヒートショック防止に、お手軽♪簡単取り付け♪新しくなったポカピ…

『ホームクオリティ ヒーター内蔵型天井照明ポカピカⅡ』
価格 24,840円(税込/送料込)

 

 一番風呂は最も危険!

女性ホルモン向上ラボ

一番風呂は、浴室が温まっていないので、最も危険。
この場合、脱衣所に暖房器具を置いても、ヒートショックの危険性があります。
そこで、予防法としては、お風呂の蓋を開けて、浴室を温めておくこと。
また、熱めのシャワーで浴室内を温めることも効果的です。

 

入浴前のアルコールも避けて

お風呂前にお酒を飲んでしまう人はいませんか?
その後、酔いを冷ますためにお風呂へ…。
これは、大変危険なこと!
お酒を飲んだ後は血圧が下がり、そのまま脱衣所へ行くと血圧が上がります。
その後、湯船に入ってまた血圧が低下。
この血圧の激変では、ヒートショックになってしまっても当たり前です。

 

ヒートショック予防に効果的な飲み物は麦茶!

入浴前に、常温の麦茶をコップ1杯飲むと予防になるそうです。
麦茶は、血圧の上昇を抑えるのに、ミネラルが含まれており、一番効果的だそうです。

 

 

 

普段の生活でもヒートショック対策!

 

寝起きはストレッチをしてから布団を出て!

女性ホルモン向上ラボ

寝起きに、お部屋をタイマーで暖めておくことも大切ですが、その前に大切なのは寝起きに行うストレッチ。
暖かい布団から寒い部屋に急激に出ることで、ヒートショックになってしまうことも。
これを予防するために、以下のストレッチを実践してみましょう。

  1. 仰向けになって全身をしっかり伸ばす
  2. 足の指をグーパーと繰り返す
  3. 片膝ずつ胸につけ、太もも裏を伸ばす
  4. 片膝をあげて逆サイドに倒し、ウエストをひねる

各部分を布団の中で暖めることが大切になります。
このストレッチを2~5分ほどやって、体を温めてから布団から出るようにしましょう。

 

ゴミ出しは“オネェ歩き”!

バタバタしている朝、薄着のままゴミ出しに行っている方はいませんか?
それでは、血圧の急激な変化でヒートショックを起こしてしまいます。
それを防ぐには、【オネエ歩き】!
思わず笑いました(笑)

 

脇を摩りながら体をクネクネして歩きましょう。
筋肉を動かすことで、血液を温める効果があるそうです。
もちろん、暖かい服装で外に出ることも大切ですよ。

 

 

トイレにも注意!

女性ホルモン向上ラボ

トイレも、温度差があるため、ヒートショックになりやすい場所。
堺先生によると、トイレには人感センサー付きのセラミックファンヒーターがおすすめだそうです。

 

バイキングで紹介された人感センサー付きセラミックファンヒーター

足元をしっかり暖めます【送料無料】アイリスオーヤマ 人感センサー付きセラミックファンヒータ…

『アイリスオーヤマ 人感センサー付きセラミックファンヒーター』
価格 6,458円(税込/送料込)

 

 

今年は特にヒートショックに要注意!

女性ホルモン向上ラボ

暖冬は特にヒートショックに注意!

暖冬は寒暖差が大きくなりやすいため、ヒートショックに注意が必要なのだそう。
今年は、暖冬と言われていますよね。
そこで油断していると、命の危険が高くなるかも知れないのです。
日中暖かい日は、夜に冷え込みやすいため、ヒートショックが起こりやすいとのこと。
油断していると、夜に冷え込んでいることに気づくのが遅れ、ヒートショックになってしまう人が多いのだとか。

 

 

マフラーでヒートショックのリスクを減らす!

女性ホルモンと冷え

首には、太い血管があり、熱が逃げやすいのだそう。
首を温めると全身が温まるために、ヒートショックのリスクを避けられるそうです。
カイロは、部分的に温めるものなので、マフラーが特に効果的なのだそう。

 

 

寒い部屋には観葉植物を

女性ホルモン向上ラボ

寒い部屋には、観葉植物を置くと保温効果が高くなるのだそう。
観葉植物に使っている土から、適度な水分が蒸発することで、部屋の保温を促進してくれます。
加湿器よりも、エコで経済的なのでオススメだそうです。

 

 

 

スポンサーリンク



 

さいごに

いかがでしたか?
個人的には、オネェ歩きが衝撃的でした。
若くてもヒートショックになるリスクはあるとのことなので、我が家も実践してみたいと思います。
トイレにヒーターは置いてあるので、次は脱衣所ですね!
みなさんも、ヒートショック対策してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 ,