女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【バイキング】花粉症の疑問を名医が回答!幻の果実じゃばらの効果!

   

女性ホルモン向上ラボ

4月13日放送のフジテレビ『バイキング』内の新コーナー『ヂカギキ』で紹介された、『花粉症で絶対聞きたいことを名医が徹底解説!』について詳しくお伝えします!

今年はゴールデンウイーク明けまで続くと言われている花粉の飛散。
今まさに辛い思いをしている方も多いのでは?

今回、番組では花粉症にまつわる様々な疑問を名医たちが解説してくれましたよ。
花粉症はヨーグルトを食べると治る、10年後には花粉症はなくなるなど…。
都市伝説のような疑問を徹底検証しました。

では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



花粉症は突然発症するの?

女性ホルモン向上ラボ

 突然発症しても、その原因は不明

今や国民の約25%が花粉症患者と言われているほど、国民を悩ませている花粉。
今回、花粉の疑問を徹底解説してくださったのは、厚生労働省の花粉症ガイドラインを監修した日本医科大学教授の大久保公裕先生。
そのほかにも、おおたけ消化器内科クリニック院長の大竹真一郎先生、池袋大谷クリニック院長の大谷義夫先生も登場しました。

 

花粉症の症例の多くは、突然の発症によるものなのだそう。
ただし、アレルギーには様々な要因があるため、いつ・どのように発症するかは、原因が不明なのだとか。

 

花粉症の症状は、鼻水が出たり、咳が出たりと、風邪の症状によく似ていることから、間違われることもあります。
風邪の場合は、体内に入ったウィルスを外に出すために鼻水や咳がでます。
花粉症の場合は、それほど害ではない花粉に反応して、なんとか体外に出そうとして鼻水や咳が出るのです。

 

花粉症に遺伝は関係ある?

女性ホルモン向上ラボ

基本的には、両親ともアレルギー持ちの場合、6割の子供にアレルギー症状が出ると言われています。
また、片方の親、つまり父親のみもしくは母親のみがアレルギー持ちの場合、4割の子供にアレルギー症状がみられるのだそう。
しかし、両親ともアレルギー持ちではなくとも、子供の2割はアレルギー持ちになるのだとか。

 

花粉症になるのは、持って生まれた体質や、その人の生活環境、遺伝的要素が複雑に絡み合っているので、一概には言えないのだとか。
つまり誰もが花粉症になるリスクを持っているとも言えるのです。

 

 

ヨーグルトで花粉症は治る?

女性ホルモン向上ラボ

おぎやはぎの小木さんが、オススメしていたのが『ヨーグルト』を摂取すること。
実際、小木さんは12月くらいから飲むヨーグルトを飲んで、毎年悩まされていた花粉症が今年は軽減されたのだそう。
実際にそのようなことはあるのでしょうか?

 

ヨーグルト自身は、乳酸菌という菌でもあります。
日本人は環境的に免疫がどうしても低い状況にあります。
そこに、乳酸菌を摂取することで、免疫力があがり、花粉症に対する抵抗力も強くなることもあります。

 

ただし、これには個人差があるのだそう。
ヨーグルトを飲んで花粉症が改善される人もいれば、効果がない人もいるようです。

 

また、自分にあう菌も個人差があるものなので、様々なヨーグルトを試したほうが良いのだそう。
その場合は、最低でも2週間、数カ月単位で判断するのが大切です。

 

 

幻の果実“じゃばら”で花粉症が治る!?

紀州・熊野 じゃばらドリンク(275ml)(じゃばらジュース/熊野鼓動)

 和歌山県北山村のみで採れる果実“じゃばら”

今、花粉症に効くと注目されている果実があるのだそう。
その果実の名前は、“じゃばら”。

 

じゃばらは、柑橘類の一種です。
このじゃばらの最大の特徴は、他の柑橘類として比較して、ナリルチンと呼ばれる成分が豊富に含まれていること。

 

このナリルチンは、アレルギーを抑える成分として、今注目を集めているのだそう。
特に、じゃばらの果皮にその成分が豊富に含まれています。
カボスと比較しても、実に100倍にもなります。

 

このじゃばらは、和歌山県北山村でのみ採取される果実です。
人口500人の村で、20軒の農家でのみ生産されているため、希少価値が高いものになっています。
じゃばらを使った製品も通販などで手に入れることは可能ですが、すぐ品薄になることもあるようです。

 

じゃばらサプリで継続して花粉対策!



「北山村産のじゃばらサプリ。」

こちらは、北山村産のじゃばらの果皮を原料に使用したサプリメント。
1日3~6粒を飲むことで、花粉対策が手軽に出来るます。
サプリメントであれば、外出先にも手軽に持ち歩けますよね。

 

番組内でも紹介された、じゃばらに含まれる『ナリルチン』はフラボノイドの一種です。
花粉症などのアレルギーへの作用が期待されている成分です。
特許も取得し、日本生薬学会でも発表されている成分でもあります。

 

じゃばらサプリメントについては、公式ホームページをチェックしてみてくださいね。
>>>「北山村産のじゃばらサプリ。」

 

 

赤ちゃんも花粉症になる?

女性ホルモン向上ラボ

小さいお子さんがいる方は、子供の花粉症も気になるところですよね。
大久保先生によると、花粉症のシーズンにまだ出会っていない赤ちゃんは花粉症の心配はないそうです。
ですが、花粉症のシーズンを経験した子供の場合、2歳でもその可能性はないとは言えないのだそう。

 

免疫能力がない0歳時の場合、発症はしないものの、2~3歳になると発症の可能性があるんですね。
親御さんは少し注意して見てあげましょう。

 

 

ヨガで花粉症は治る!?

女性ホルモン向上ラボ

これは、どうなんでしょう、という疑問ですね(笑)
やはり、花粉症の改善にヨガがいいという医学的データはないようです。
番組内でも、ヨガをやっている人の100人中23人が花粉症という結果に。
日本人の花粉症患者の割合とほぼ同じになったので、あまり関係はなさそうですね…。

 

ただし、大竹先生によると、花粉症はストレスによっても発症すると言われているのだそう。
ヨガによってストレスの発散が出来るのであれば、花粉症予防も可能かも…?ということです。

 

 

スポンサーリンク



 

今注目の花粉症治療は“舌下免疫療法”

女性ホルモン向上ラボ

今、医学的に注目されている花粉症の治療法に、“舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)”があります。
これはなんと、大久保先生が開発した治療法なのだとか。

 

この治療法は、杉のエキスを1日1回、舌下に垂らします。
そうすることで、体にスギ花粉の免疫をつけていくという方法になります。
3~5年続けることで、20%の人が完治するそうです。
症状が緩和したという人を含めると、実に85%にまで増えます。

 

治療費は、ひと月1000円ほどになるそうです。
ただし、1年中垂らし続けるという必要があります。

 

 

10年後に花粉症はなくなる!?

 

LAMP(DNA)免疫療法

女性ホルモン向上ラボ

今、10年後をめどに、新しい治療法が研究されているそうです。
その方法は、DNAの段階から、花粉症を生じなくさせるようにする方法なのだとか。

 

分かりやすく言うと、遺伝子の中にスギ花粉の情報を入れる、ということだそうです。
細胞がそういった記憶を持てば、アレルギー反応がでなくなるだろうということですね。
これは、さまざまなアレルギーにも対応できると考えられているそうです。
注射での摂取になるそうです。

 

 

…ここまで自分で書いていても、わけわかりません(笑)
頭の良い人たちに、開発を期待して待ちましょう!

 

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
今年も、花粉症に私も悩まされています…。
前から舌下免疫療法には興味があるんですが、飽きやすい私が続けられるのかと、二の足を踏んでいる状態です^^;
まずは、じゃばらから始めようかなと思っています!
みなさんも、花粉対策一緒に頑張りましょう!

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , ,