女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

バイキング|健康新常識5選!食物繊維・ストレッチ・コレステロール

   

女性ホルモン向上ラボ

2月8日放送のフジテレビ『バイキング』内のコーナー『ひるたつ』で紹介された、『ここ1年で分かった!健康の新常識ベスト5』について詳しくお伝えします!

これまで、健康やダイエットの常識だと信じられてきたことが、間違いだった!ということが近年増えてきています。
今回、新常識を解説していただいたのは、大竹真一郎先生と森田豊先生のお二人。

新常識を知っておかないと、効果がないことを繰り返してしまうということにもなりかねませんよね。
まさに、時間のムダ!
そんなムダを省くために、しっかりマスターしちゃいましょう。

では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



食物繊維の摂り過ぎは便秘になる!

女性ホルモン向上ラボ

不溶性食物繊維で便秘が悪化

じつは、食物繊維の中には2種類があるということはご存知でしたか?
それは、“不溶性食物繊維”と“水溶性食物繊維”。
このうちの不溶性食物繊維を、便秘改善のためにと大量に摂取してすぎると、逆に悪化してしまうことが。

 

不溶性食物繊維とは、水に溶けにくい性質を持つ食物繊維の事。
不溶性食物繊維は、腸の動きを活発化してくれる働きがあります。
ですが、水に溶けない性質のため、摂れば摂るほど便のかさを増やし、人によってはさらに便が詰まってしまうことに。
悪循環ですよね。

 

不溶性食物繊維は、比較的どの食材にも含まれているものです。
そのため、便秘改善のために、キャベツやレタスを一生懸命摂ると余計に便秘になってしまうのです。
この不溶性食物繊維を含む食品には、このようなものがあります。

  • 切り干し大根
  • アーモンド
  • えのき

これまで、食物繊維が豊富!と女性たちが飛びついてきた食材ですよね。
これらは、とくに不溶性食物繊維が多いので、これらを集中的に摂取すると便秘になってしまうので注意が必要です。

 

便秘改善には“水溶性食物繊維”を

女性ホルモン向上ラボ

水溶性食物繊維は、水を含むとゼリー状になる特徴があります。
その性質により、水溶性食物繊維には腸の中を滑らせる働きがあります。
そのため、お腹の中に溜まったものをキレイに排出してくれるんですね。

 

もちろん、不溶性・水溶性どちらか一方だけ摂取すればいいものではありません。
バランスよく摂取することが、大切になってきます。

 

不溶性:水溶性=2:1で!

女性ホルモン向上ラボ

大竹先生によると、不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=2:1のバランスで摂取することが便秘解消に効果的とのこと。
ですが、毎回うまくこのバランスをキープするのは難しそうです。
そこで、そのバランス性に優れている食品を積極的に摂取するのが望ましいそうです。

 

バランスが優れているのが、こちらの食品になります。

  • アボカド
  • サニーレタス
  • トマト
  • 海藻

 

大竹先生オススメは、アボカドとトマトとワカメのサラダ。
水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維のバランスが取れたものばかりなので、便秘改善に効果的です。

 

 

紅茶を多く飲むと骨折のリスクが低下!

女性ホルモン向上ラボ

インフルエンザウイルスの感染力を低下!

紅茶は、インフルエンザの予防にもその効果を発揮します。
インフルエンザ菌は、紅茶の働きで増殖できず、死滅する研究結果もあるのだとか。
森田先生によると、インフルエンザ予防には、紅茶がオススメだそうです。

 

口臭予防にも効果アリ!

女性ホルモン向上ラボ

キリンビバレッジ紅茶と暮らし研究所の研究によると、紅茶による臭い成分の消臭効果は水ですすいだ場合に比べて10倍の効果があると判明したそうです。
また、消臭効果があるとされている緑茶よりも、強い口臭効果が期待できるのだそう。

 

骨折のリスク低減!

昨年、アメリカの学会で、以下のような研究結果が発表されたそうです。
1日3杯以上紅茶を飲むグループは、ほとんど飲まないグループよりも、骨折のリスクが30%も低下したのだそう。

 

その理由は詳細に分かってはいないものの、紅茶に含まれるフラボノイドという成分が関わっているのではと考えられているそうです。

 

会話力もアップ!

女性ホルモン向上ラボ

森田先生によると、紅茶を飲むことで、前頭葉が活性化するという研究データもあるのだそう。
紅茶と緑茶、コーヒーを比較したところ、紅茶が最も活性化するという結果だったそうです。
森田先生曰く、前頭葉が活性化すると、コミニュケーションがスムーズになり、会話も上手になるのでは、ということです。

 

 

食事によるコレステロール制限は意味がない!

女性ホルモン向上ラボ

コレステロールは肝臓で8割作られる

コレステロールが気になるから…と、卵やイクラなどのコレステロールが含まれる食品を避けている人も多いですよね。
ですが、それが実は意味がないことだと、判明したのだそう。(動脈硬化学会発表)

 

本来、コレステロールは肝臓で80~90%作られています。
つまり、食事から摂取するコレステロールは、10~20%程度なのです。
そのため、食事によるコレステロール制限を頑張っていても、あまり意味がなということなんですね。

 

コレステロールには2種類!

ただし!何でも気にせず食べてもいい、というわけではないんです。
血液中のコレステロールには、以下の2種類があります。

  • HDL…善玉コレステロール
  • LDL…悪玉コレステロール

この悪玉コレステロールが、油の摂りずぎなどで増えてしまうったり、逆に善玉コレステロールが減ってしまうと血管の病気を引き起こしやすくなります。

 

大竹先生おすすめの肝臓に良い油はコレ!

肝臓は、油を材料にしてコレステロールを作り出します。
ここで注意してほしいのが、油=コレステロールではないということです。
コレステロールだけを気にするのではなく、油を気にするようにしましょう。

 

“オリーブオイル”

世界のオリーブオイル品評会にて数々の賞を受賞!ギリシャ カラマタ産 100% プレミアム エク…

オメガ3系 アマニ油

日本製粉(ニップン) アマニ油 186g×2本

 

オメガ3系 エゴマ油

えごま油2本セット 荏胡麻 TVで話題 健康食材 エゴマ油  200ml えごま油(100%)…

DHA&EPA



【やわたのDHA&EPA】


大竹先生によると、オリーブオイル、オメガ3系のアマニ油やえごま油、DHA・EPAは肝臓の悪玉コレステロール値を下げても、善玉コレステロール値は下げない働きがあるそうです。
良い油を摂ることで、コレステロールや細胞が安定し、心筋梗塞や脳卒中などの血管の病気リスクを低減することが出来ます。

 

 

青魚を食べると寝つきが良くなる

女性ホルモンと睡眠

DHAに秘められた凄いパワー!

先ほどの出てきたDHAですが、青魚に含まれるDHAには凄いパワーがあるそうです。

  • 中性脂肪を減らす
  • 認知症予防

これらの、パワーは今までにも、知られてきたものでした。
それ以外にも、昨年オックスフォード大学の研究でまた新たなDHAの効果が分かったそうです。

 

DHAでぐっすり眠れる!

毎日DHA600mgを毎日摂取した児童グループは、摂取していない児童グループよりも、1時間長く眠ることができた、という研究結果が出たそうです。
さらに、夜中に目がさめる回数も少なくなったとの報告も。
つまり、DHAを摂取することで、より深い睡眠を得られるようになった、ということですね。

 

マイワシのお刺身3枚だけで、DHA600mgを摂取することが可能だそう。
睡眠不足に悩んでいる方は、一度試してみるといいかもしれませんね。

 

なぜ青魚を食べると寝つきが良くなるの?

女性ホルモン向上ラボ

DHAがなぜ睡眠に良い影響を与えるのかは、まだ細かく解明されていない段階なのだとか。
ですが、森田先生によると、DHAが睡眠ホルモンの“メラトニン”の元となる物質の働きを高めてくれるからでは、と考えられているのだそう。

 

 

スポンサーリンク



 

運動前のストレッチはケガをしやすくなる!

 運動前のストレッチはNG!?

女性ホルモン向上ラボ

2013年のスポーツ科学誌に、45秒以上の静かなストレッチによる筋力の変化のデータを計測したものが載ったのだそう。
それによると、ゆっくり筋肉を伸ばす運動をした後は、下半身の筋力が低下するのだそう。
ストレッチを行うことで、関節周りの筋肉や膝が緩み、けがを起こしやすくなる可能性があるのだとか。

 

ウォーミングアップは大切!

運動前のウォーミングアップはとても大切です。
運動前に軽いジョギングをしたり、運動に出てくる動きをするなどして、ウォーミングアップをするようにしましょう。

 

運動後はストレッチを!

ストレッチは、運動後にすることで、効果を発揮します。
運動後のストレッチは、筋肉の疲労回復を促す働きがあります。
また、筋肉痛の予防にも非常に効果的なので、しっかりやりましょう。

 

 

さいごに

パソコン ピンク 手

いかがでしたか?
なんかもう…今までの私の努力はなんだったの、というレベルですね。
特にコレステロール!
やはり、良い油を摂ることがもはや常識なのかもしれません。

 

スポンサーリンク



 - ダイエット特集, 女性の健康【その他】 , , ,