女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【バイキング】温活ダイエットで痩せる!体温を上げるだけダイエット

   

女性ホルモン向上ラボ

2月25日放送のフジテレビ『バイキング』で紹介された、『温活ダイエット!痩せない原因は低体温だった!』について詳しくお伝えします!
ダイエットをしているのに、なかなか体重が減らない…という方も多いですよね。
それは、実は体温の低下による冷えが原因かもしれませんよ!

それを解決してくれるのが、“温活ダイエット”。
では、さっそく温活ダイエットについて詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



温活ダイエットってなに?効果はあるの?

女性ホルモン向上ラボ

温活ダイエットとは…

今回、温活ダイエットについて詳しく解説してくださったのは、冷え解消に精通しているイシハラクリニック副院長の石原新菜医師。
石原先生によると、今体温が低くて身体が冷えやすいという人が増えているのだそう。
身体が冷えてしまうことで、全身の血管が収縮してしまい、痩せにくい体になってしまうのだとか。

 

石原先生が推奨している“温活ダイエット”では、痩せにくい体となる冷えを防ぎ、体温をあげて痩せやすいダイエット向きの体質に変化させることが目的になります。
石原先生によると、普段の生活習慣をほんの少し変えてあげるだけで、体温をアップさせることは可能なのだそう。
温活ダイエット、チャレンジしてみる価値はありそうですね!

 

理想の体温を目標にしよう!

女性ホルモン向上ラボ

まず、目指すべき体温を知っておく必要がありますよね。
温活ダイエットで理想的な体温は、36.5℃~37.2℃

 

むむ…。個人的にはけっこう高めな温度に感じました。
それだけ、私も体温が低いということですよね。
37.2℃なんて、私微熱でダルダルになっちゃいます。

 

この体温が痩せる温度になるわけです。
その理由は、次で解説しますよ。

 

体温が1℃上昇すると代謝が13%も上昇!

女性ホルモン向上ラボ

体温は、高くなるほど身体の代謝が活発になります。
代謝がアップすることは、体内の糖分や脂肪分が燃焼されてエネルギーに変換されるようになります。
つまり、体温が高くなればなるほど、代謝が活発になり痩せやすい体になるのです。

 

厚生労働省のデータによると、体温が1℃上昇すると代謝が13%上昇するのだそう。
13%てどのくらい?と思いますよね。少し具体例を見てみましょう。

 

  • 男性…約195kcal
  • 女性…約150kcal

これが、代謝が13%上がった時の消費カロリー増加分です。
体温が1℃あがるだけで、これだけの消費カロリーが自然と増えることになります。
これは、ウォーキング約1時間分の運動量に匹敵するカロリーですよ。
とてもお得ですよね。

 

 

女性ホルモンの分泌も活発に!美肌にもなれる

女性ホルモン向上ラボ

女性にとって見逃せない美容効果も、温活ダイエットにはあるようです。
それが、“女性ホルモン”の分泌が増加すること!
女性ホルモンには、女性の肌のツヤやキメ、ハリを整えてくれる働きがあります。

 

石原先生によると、体温が上昇することで女性ホルモンの分泌が活発化し、美肌効果が期待できるようになるのだとか。
さらに、血行も促進されることにもなるので、肌にハリも出てくるので、女性には特におすすめのダイエット方法ですね。

 

 

 

腹巻で効率的に体温アップ!

シルク 97% 腹巻 ほかほか温泉気分 男女兼用【05P09Jan77】

 腹巻でいつでも温活ダイエットを!

石原先生のオススメ温活ダイエットアイテムは『腹巻き』。
腹巻きをすることで体感温度が約1℃上がるという実験データがあるのだそう。
そのため、上に1枚服を多く着るよりも、腹巻きをしたほうが身体が温まりやすいのです。

 

どうして腹巻きで身体が温まるの?

私たちのお腹には、多くの血管が集まり血液が多い場所になっています。
そのため、その血管を温め血液も温まることで、全身に温かい血液が循環してポカポカしてくるのです。

 

また、大切なのが腹巻きをする季節。
腹巻き=冬というイメージですが、石原先生は1年中24時間365日腹巻きを続けてほしいと言います。
これから暖かくなっても、寝冷えや冷房による冷えも起こりやすいので、腹巻きを常にしてもらうのが温活ダイエットにはオススメだそう。
腹巻きの素材としては、薄手のシルク素材が吸湿保温性に優れているので、オススメですよ。

 

 

 

身体を冷やす食品は加熱・塩を加えて調理!

女性ホルモン向上ラボ

 体を冷やす食品とは?

体を冷やす食品は、以下のものになります。

  • トマト
  • ナス
  • もやし
  • キュウリ
  • 大根
  • 豆腐
  • こんにゃく など

 

これらの食材は、ヘルシー&低カロリーでダイエット向け食材だと思われがちですよね。
ですが、そこが落とし穴です。
これらの食材を摂り過ぎてしまうと、体が冷えてしまい代謝が落ち、痩せいにくい体になってしまうのです。
避けれればいいですが、なかなか難しいですよね。
そんな時に、体を冷やさない調理法があるそうですよ。

 

塩は身体を冷やす作用を弱める!

女性ホルモン向上ラボ

石原先生によると、塩には新陳代謝をあげる働きがあるのだそう。
そのため、塩を体を冷やす食材にかけることで水分が抜け、体を冷やす作用を弱めてくれるようになります。
加熱調理をすることも、それと同じ働きがあるので、ひと手間加えてみてくださいね。

 

 

 

グリーンスムージーは温活ダイエットにはNG!

女性ホルモン向上ラボ

身体を冷やすためダイエット効果が低下!

近年、ダイエットアイテムとして注目されているグリーンスムージー。
頑張って飲んでいる方も多いかと思います。
実は、このグリーンスムージー、温活ダイエットの天敵とも言えるものなのです。

 

グリーンスムージーの材料として使われる、小松菜やほうれん草などの葉物野菜、バナナやキウイ、レモンなどの南国のフルーツは体を冷やしてしまう性質を持っています。
酵素やビタミン、ミネラルなどを摂取するには理想的な飲み物ではあるものの、代謝を下げて痩せにくくする飲み物であることを覚えておいたほうが良いでしょう。

 

それでもグリーンスムージーダイエットがしたい!

それでも、グリーンスムージーダイエットを続けたい!という方には、塩を入れるのがオススメだと石原先生はおっしゃっていましたよ。
私も、たまにグリーンスムージーを自作してるんですが、冷えます(笑)
冬場は、スープクレンズに切り替えているので、そちらに切り替えるほうが温活ダイエットにはいいかもしれませんね…。

 

 

 

スポンサーリンク



 

温活ダイエットは普段のNG行動を自覚して!

 ビールをガンガン飲むと冷え性に!

女性ホルモン向上ラボ

番組にゲストとしてやってきた芸人の大久保佳代子さんは、毎晩キンキンに冷えたビールを飲んでいるのだそう。
特に冬場に冷え切ったビールを飲むと、内臓の冷えを加速させてしまうため、やはり控えた法がよさそうです。

 

 シャワーではなく湯船に入って!

女性ホルモン向上ラボ

シャワーだけで入浴を済ませている方も多いですよね。
これは、やはり温活ダイエットにはNG行動です。
シャワーだけでは体の芯から温まることが出来ないため、低体温を加速させてしまいます。
季節に関係なく、しっかり湯船に浸かって温めるように意識しましょう!

 

 

石原先生おすすめの温活食材!

女性ホルモン向上ラボ

最後に、石原先生がオススメしてくれた食材はこちら。

このように、北で採れる食材は体を温めてくれる作用があるそうです。
温活ダイエット中には、これらの食材を積極的に摂るのがオススメだそうですよ。

 

 

 

もっと手軽に温活ダイエットをしたい!



飲む黒生姜ダイエット「発酵ブラックジンジャー」

 

もっと手軽に温活ダイエットしたい、継続できるか心配という方向けのドリンクがこちら。
飲む黒生姜「発酵ブラックジンジャー」は、番組でも紹介された現代人の体温低下に着目して開発されたドリンク。

高知県産の三州生姜は一般的な生姜と比較してジンゲロールが豊富です。
この三州生姜を、特許製法で発酵することでポカポカ成分ショウガオールが大幅に増加。
発酵ブラックジンジャーは水でも溶けやすい粉末タイプなので、これから暖かくなる季節でもアイスドリンクで飲めちゃいます。
もちろんホットで飲むのもオススメです。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
まだまだ寒い日が続いていますが、春はもうすぐ!
あっという間に薄着になる季節がやってきますよね。
春や夏になってから焦ることがないよう、私も今から温活ダイエットスタートしようと思います。

 

 

スポンサーリンク


 - ダイエット特集, 生活で女性ホルモンアップ , , ,