女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【バイキング】長生きできる快眠方法!時間・枕・姿勢を改善して熟睡

   

女性ホルモン向上ラボ

2月3日放送のフジテレビ『バイキング』内のコーナー『ひるたつ』で紹介された、『快眠SP!睡眠の質が悪いと長生きできない!正しい睡眠方法とは』について詳しくお伝えします!
6人に1人が睡眠障害に悩んでいるという現代の日本人。
生活様式の変化、多様化が進み、睡眠リズムの乱れを起こしている人が多いのです。

 

実は、この睡眠を甘く見ていると病気の原因になったり、太ってしまったり…。
熟睡できないと、寿命が短くなってしまう恐れもあるそうです。
その原因と、改善方法が紹介されていましたので、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



あなたは睡眠障害?

女性ホルモン向上ラボ

睡眠障害チェック!

厚生労働省の調べによると、睡眠障害や、それが疑わる人は約2000万人以上いるのだそう。
実に、国民の約6人に1人が睡眠の悩みを持っているのです。

 

今回、睡眠について詳しく解説してくださったのは、東京睡眠代謝クリニック新宿の田中俊一院長。
田中先生によると、朝起きてから爽快感が得られない場合は睡眠障害の可能性があるのだそう。

 

え…結構、そういう人って多いですよね。
私も、爽快感がある日の方が少ないかもしれません…。

 

睡眠に大切な5つのポイントをマスターせよ!

田中先生によると、適切な睡眠をとるために必要な5つの項目があるのだそう。

  • 睡眠時間
  • 寝る環境
  • ベッド
  • 寝る姿勢

これらの項目をしっかり改善することで、深い眠りを得ることが出来るようになるのだそう。

 

 

正しい睡眠時間は7時間半

女性ホルモン向上ラボ

 

なぜ7時間半睡眠がいいの?

田中先生によると、理想の睡眠時間は7時間半なのだそう。
厚生労働省が発表している8時間というものは、正味7時間半のことのようです。

 

年を重ねると、眠りが浅くなると言いますが、それは都市伝説だと田中先生は断言していました。
お年寄りなどの高齢者も、適切な睡眠方法をとっていれば、しっかり7時間半寝れるようになるのだとか。

 

以前から言われている、レム睡眠(浅い睡眠状態)とノンレム睡眠(深い睡眠状態)の感覚は90分というもの。
これは、確かに当たっているのですが、実際は明け方になるにつれ感覚が短くなっているそうです。
そのため、明け方は浅い睡眠状態が続くことになります。
その浅い睡眠になるタイミングが、7時間半なんですね。

 

また、アメリカで行われた実験では、7時間半を最低点として、それより短くても長くても死亡危険率があがるというデータがあります。
7時間半が、人間の寿命を延ばすベストタイミングの睡眠時間ということいなるのです。

 

昼寝の回復力は凄い!

女性ホルモン向上ラボ

夜に眠りが浅くて昼間に眠気が起きる方は、昼寝をしても大丈夫です。
昼寝は、体力回復効果が非常に高く、回復力が通常の3倍もあるのだそう。

 

ですが、昼寝する場合は15分~30分程度を目安に起きるようにしましょう。
寝すぎてしまうと、夜に熟睡できなくなりますからね。
私は、昼寝をする前にコーヒーを1杯飲んでから寝ています。
カフェインが効き始めるころに起きることになるので、幾分かスッキリ起きれるのでおすすめですよ!

 

睡眠が浅い人はベッドの中から起きないで!

『いやいや、そんな7時間半も眠れられないよ!』という方もいますよね。
そんな方でも、出来るだけ7時間半はベッドの中にいるようにしましょう。

 

起きるべき時間から逆算して、その時間の7時間半前には眠るようにします。
起きる時間より前に目が覚めてしまった場合でも、起き上がらずにベッドの中にいましょう。
それを繰り返すうちに、身体がリズムになれ、眠れるようになるそうです。

 

 

寝室の環境が悪いと糖尿病に!

暗い部屋で寝ないと太る!?

女性ホルモン向上ラボ

田中先生によると、明るい部屋で寝ている人は、暗い部屋で寝ている人よりも体重が増えてしまうリスクが2倍も増えるという研究データがあるそうです。
豆電球レベルの暗めの光であっても、光が目に刺激になります。
それによって、脳に昼間に近い情報量が目から入ってきてしまいます。
そのため、眠りが浅くなり、深い睡眠をとれなくなります。

 

睡眠が十分にとれなくなってくると、脳内から神経物質が分泌され、その物質は食欲にも作用してしまいます。
そのため睡眠不足=体重増加、という流れが出来上がってしまうのです。

 

暗い部屋に不安を感じるタイプの方は、足元にフットランプなどの光源を置くのもいいでしょう。
その際は、目に直接その光が入らないように注意してくださいね。
アイマスクをつけるのもいいそうですよ。

 

スマホやパソコンを直前までしているのはNG

 

女性ホルモン向上ラボ

就寝前、ベッドの中でスマホをいじっている人も多いですよね。
これは、かなり脳に負担になる行動なんです。
スマホやパソコンの画面から出る光は、昼間の太陽光レベルの光になっています。
その強い光を寝る直前まで見ていると、脳が興奮状態のままになり、寝つきが悪くなってしまいます。

 

就寝2時間前には、スマートフォンやパソコンをいじるのをストップするようにしましょう。
最低でも1時間前にはやめられるようになりましょう。

 

 

寝る時の姿勢が悪いと腰痛・身体に歪みが!

女性ホルモン向上ラボ

 

うつ伏せは眠りが浅くなる

田中先生によると、眠るときの姿勢は長時間続くもののため、寝姿勢が悪いと腰痛を起こしたりするなど、骨格系に大きなストレスがかかってしまうのだそう。

 

まずは、うつ伏せで寝ている方!
うつ伏せは胸部に長時間強い圧迫を与えるため、血流が悪化する恐れがあるそうです。

 

また、半うつ伏せ状態で足を上げた状態で寝ている人はいませんか?
はい、これ私です。
この状態では、疲れを溜めこんでしまう可能性が高いのだそう。
基本的に、横向きはよろしくないようです。

 

仰向けが一番理想的な寝姿勢

あお向けで寝てから、90分後にちょっと態勢を変える(寝返りをする)ことが、最も理想的な寝方になります。
仰向けは、手足の力が抜けて、呼吸もスムーズな状態になります。
仰向け状態のまま、微調整を繰り返すのが本来の寝方のようです。
思いっきり寝返らずとも、仰向け状態のまま、少しずれるというとが一番理想的とのこと。

 

 

 

枕を選ぶ時のポイントは?

女性ホルモンと睡眠

枕を選ぶときにチェックすべきポイント3つ

  1. 寝心地が良い
  2. 通気性が良い
  3. 高さが合っているもの

枕を選ぶときに大切なのは、この3つのポイントです。
通気性は、蒸れてしまうと不快に感じて眠りが浅くなってしまうため、重要なポイントです。
自分の体型や首に合っている高さの枕を選ぶことも、快眠につながります。

 

スポンサーリンク



今日から実践!すぐできる快眠方法

女性ホルモン向上ラボ

明日の朝から、スッキリ気持ちよく起きれるために、すぐ出来る快眠術がこちら!
さっそく実践して、質の高い眠りをゲットしちゃいましょう。

  • 衣類は締め付けのないものを着る。裸で寝てもOK!
  • 枕は低いドーナツ型のものがベスト。高さはタオルなどで調節しましょう
  • 寝る時の姿勢は、仰向けの大の字で。手足を伸ばした状態で寝ましょう
  • 部屋の明かりは消しましょう。暗くできない場合は、アイマスクなどで対応を
  • 室温は24℃で。室温キープのためにエアコンをつけっぱなしにしてもOK
  • 乾燥を防ぐためにも、加湿器を使用しましょう
  • 7時間半眠る

 

これを実践すると、快眠でき、寿命も延びるかもしれませんよ!

 

 

メディアでも紹介された快眠グッズ

※画像をクリックすると、通販サイト(メーカーHP内)のページが開きます。

睡眠時の呼吸、寝返りをサポートしてくれる枕



睡眠の専門家も絶賛!【スリーパードクターズピロー】

『スリーパードクターズピロー』
体圧分散枕
価格 29,800円(税込/送料無料)

 

こちらは、日本テレビ『しゃべくり007』でも紹介された枕です。
睡眠の専門家たちが開発した、快眠を追及した枕になっています。
寝返りがスムーズに出来る形状と、通気性に優れているのが特徴です。

 

スッキリ目覚める“光目覚まし時計”



81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)

 

『inti SQUARE(インティスクエア)』 
光目覚まし時計
価格 24,800円(税込/送料無料)

 

音ではなく、光だけで起きれるのがインティスクエアの特徴。
冬うつ対策にも効果的と言われる、朝日と同等の明るさの中、スッキリと自然に起床できます。
日テレ『スッキリ!!』でも紹介された光目覚まし時計です。
【スッキリ!!】冬は冬季うつ病に注意!その原因は光不足?予防法はコレ!

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
たかが睡眠、されど睡眠…なんですね。
私は快眠派なんですが、やはり眠りの質が悪いと感じる日もあります。
今回紹介された快眠方法、さっそく実践してみたいと思います。
不規則な仕事をしている夫にも、すすめてみようと思います!
まだまだ、長生きしてもらわないとですからね(笑)

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , , , , ,