女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【バイキング】ほうれん草に風邪予防・認知症予防・ダイエット効果!

      2016/08/03

女性ホルモン向上ラボ

2月15日放送のフジテレビ『バイキング』内のコーナー『ひるたつ』で紹介された、『ほうれん草の風邪・認知症予防効果が必見!』について詳しくお伝えします!

風邪が流行っているこの季節、身近な野菜で今が旬の野菜、“ほうれん草”がその風邪予防に効果的なのだそう。
しかも、認知症予防や、ブルーライト対策、ダイエット効果まで期待できちゃのだとか。

今晩のおかずはほうれん草メニューで決まりかも!
では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



認知症予防にほうれん草が効果的!

今回、ほうれん草の魅力について詳しく解説してくださったのは、管理栄養士の足立香代子先生と、今津嘉宏医師のおふたり。

冬はほうれん草のビタミンCが豊富!

女性ホルモン向上ラボ

健康食材として定番のほうれん草ですが、その栄養価は2月に最も高くなると言われています。
ビタミンCは夏場と比較して、なんと3倍にまで増加するんです!

 

ビタミンCと言えば、免疫力アップ以外にも、抗酸化作用で身体の酸化を防止してくれるビタミンですよね。
抗酸化作用で、身体の内側だけでなく、お肌の老化も防止する効果が期待できるようになります。
美容や健康にも必須の抗酸化力が強くなっている冬のほうれん草は、食べる価値ありということです。

 

認知症予防には“葉酸”がポイント

葉酸は、ほうれん草の葉から発見されたことから、その名前がついたというほど、ほうれん草に豊富に含まれている健康成分です。
アメリカのカリフォルニア大学で、この葉酸についての研究が行われました。
その研究では、1日400μgの葉酸を摂取したグループと、あまり摂取しないグループで調査を行いました。
その結果、1日400μgの葉酸を摂取しているグループの方が、認知症になるリスクが55%低下するというデータになったのだそう。

 

葉酸は熱に弱い

女性ホルモン向上ラボ

葉酸は熱に弱い特徴があるため、茹でたりすることでほうれん草の葉酸含有量が半分にまで減ってしまいます。
そのため、加熱調理の際は少し工夫が必要になります。
葉酸をしっかり残す調理方法は、このようになります。

  1. 水洗いしたほうれん草をビニール袋に入れる
  2. 500ワットの電子レンジで1分半くらい加熱をする
  3. 袋から取り出し、水でサッと軽く洗えばOK

 

この方法であれば、時短になるうえ、葉酸を必要以上に減らさずにしっかり摂取することが可能になります。
ほうれん草を生でばかり食べるのは難しいですからね。
簡単ですから、チャレンジしてみたいと思います!

 

 

ブルーライト対策にほうれん草が効果的!

女性ホルモン向上ラボ

“ルテイン”が豊富に含まれているのがほうれん草

ルテインとは、有害な光から私たちの目を守ってくれる健康成分のこと。
紫外線や、パソコン・スマートフォンの液晶から発するブルーライトなどは、現代人の私たちにとっては有害な光となっています。

 

このルテインは、体内にもともとあるものなのですが、年齢を重ねるにつれ減少していくうえ、体内で合成することができません。
そのため、目の病気が年齢を重ねるにともなって増加するのは、ルテインの減少が原因とも言われているのだそう。

 

この不足しがちなルテインを補うのに適しているのがほうれん草です。
ほうれん草は、他の野菜と比較して圧倒的にルテインの含有量が多い食材になっています。
眼病予防のために、ほうれん草を食べることでその予防効果が期待できるのです。

 

ルテインは加熱に強い!

女性ホルモン向上ラボ

ルテインの場合は、葉酸と反対で熱に強い特徴があります。
また、油との相性が良い成分ですから、油炒めにすることで、ルテインをより効率的に摂取することが出来るようになります。
茹でたり、炒めてもルテインに関しては含有量に変化は出ないので、好きな方法で食べてもOKですよ。

 

スポンサーリンク



風邪予防に効果的!ほうれん草レシピ

 ほうれん草は風邪予防に効果的

女性ホルモン向上ラボ

風邪予防に効果的と言われているビタミンは以下の3種類になります。

  • ビタミンA…粘膜を丈夫にし守る働きがあるため、ウィルスの体内への侵入を防ぐ
  • ビタミンC…免疫力を強化し、ウィルスを撃退する働きがある
  • ビタミンE…全身の血行をよくして体温を高めることで、ウィルスへの抵抗力を高める

 

風邪予防にはビタミンACE(エース)がいいと覚えておくといいかもしれません。
ビタミンACEは相互作用によって機能を高めあうため、同時に摂取することが必要です。
その点、ほうれん草はこの3種類のビタミンが含まれていることから、効率的に摂取することが可能になります。

 

 ほうれん草のしょうが炒め

女性ホルモン向上ラボ

ほうれん草を千切りした生姜と一緒に油で炒めるだけの簡単レシピです。
ビタミンA・Eは油と一緒に摂ることで、吸収力がさらにアップするので、風邪予防に効果的です。
さらに、しょうがの身体を温める働きもプラスされ、さらに効果が上がります。

 

 

ほうれん草のダイエット成分“チラコイド“に注目!

女性ホルモン向上ラボ

満腹感が持続!海外セレブもダイエットに取り入れている

番組では今回紹介されませんでしたが、最近注目されている“チラコイド”という成分はご存知ですか?
ほうれん草に豊富に含まれているチラコイドは、食欲を抑えてくれる働きがあると言われています。

 

世界的モデルのミランダ・カーや、歌手のマドンナもこの“チラコイド・ダイエット”を実践していると言われています。
日本でも、日本テレビ『あのニュースで得する人損する人』で紹介されるなど、様々なメディアで今話題のダイエット成分として注目を集めています。
近年流行りのグリーンスムージーにほうれん草を入れるのが定番なのも、この理由からであるとも言われています。



こちらは、スウェーデン初のダイエット食品【日本初、チラコイド含有商品チラコル】
ほうれん草のダイエット成分“チラコノイド”を使ったものです。
有名モデルや海外セレブも実際に愛用していることから、人気になっています。
満腹感が持続できるところが、人気の理由のようですね。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
ほうれん草、ビタミンCが豊富なのは知っていましたが、この時期に最も増えるのは初耳でした!
風邪予防、認知症予防、美肌効果、ダイエット効果など…本当に万能食材とも言えますよね。
我が家もほうれん草大好き家族なので、さっそくほうれん草料理を追加したいと思います。
みなさんも、ぜひ試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク



 - ダイエット特集, 女性の健康【その他】 , , , ,