女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

【バイキング】大根&長ネギでインフル・ガン予防!冬の2大健康食材

   

女性ホルモン向上ラボ

2月1日放送のフジテレビ『バイキング』内のコーナー『ひるたつ』で紹介された、『名医オススメ!冬の2大健康食材!大根&長ネギ』について詳しくお伝えします!
今が旬の冬野菜“大根&長ネギ”で、インフルエンザ予防とガン予防が出来ちゃうらしいのです。

 

番組で紹介された、名医イチオシの健康レシピや、大根あめの作り方もまとめましたよ!
では、さっそく詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



大根・長ネギの栄養価対決!

女性ホルモン向上ラボ

今回、大根の健康効果について解説してくださったのは、東京大学医学部附属病院の伊藤明子医師。
対して、長ネギの健康効果について解説してくださったのは、今津嘉宏医師。
大根と長ネギ、それぞれ特徴のある効果がありましたよ!

 

大根には、ミネラル・ビタミンがたっぷり!

1,000名のお医者さんへのアンケートで、『冬の健康のために摂りたい野菜ランキング』で1位を取ったのが大根。
お医者さんが選んだということは、説得力がありますね~。

 

伊藤先生によると、大根の栄養価はとても優れているとのこと。
ニンジンとの栄養比較を見てみましょう。

  • 鉄分…ニンジン0.2、大根1.4
  • カルシウム…ニンジン28、大根170
  • ビタミンC…ニンジン4、大根49
  • マグネシウム…ニンジン10、大根25
  • カリウム…ニンジン280、大根340

(ニンジン/葉なし・大根/葉あり)

 

これだけの栄養差があるんですね。
特に、日本人に不足しがちだと言われているミネラル類(カルシウム・マグネシウム・カリウム)なども豊富に含んでいます。
また、冬の時期は時に摂取を心がけたいビタミンCが、旬のこの時期は特に豊富です。

 

大根に含まれるイソチオシオネードがガン予防に!

女性ホルモン向上ラボ

大根には、『ジアスターゼ』と『イソチオシアネート』と呼ばれる健康成分が含まれています。
それぞれの成分の働きを見てみましょう。

 

ジアスターゼ

  • 胃腸の働きを良くする
  • 胃もたれ・胸やけの予防

食べ過ぎてしまったときや、食欲のない時に、このジアスターゼの出番です!
このジアスターゼをダントツで多く含んでいるのが大根。
キャベツと比較すると、その含有量は4倍以上にもなるんです。

 

イソチオシアネート

  • ガン予防
  • 動脈硬化予防
  • 殺菌作用

ここで注目すべきは、ガンの予防効果ですね。
大根全体に含まれる成分イソチオシアネートは、発がん性物質アセトアルデヒドの働きを抑制するのに非常に効果があると、研究で分かってきたそうです。
国立がん研究センターでは、大根などのアブラナ科の野菜をあまり摂っていない人と、日常的に摂っている人を調査。
そのデータによると、日常的にアブラナ科の野菜を摂っている人の食道がんの発症リスクが約2/3にまで減るそうです。
これは、凄い研究データですよね。

 

長ネギにはインフルエンザ予防効果が!

女性ホルモン向上ラボ

長ネギに含まれる健康成分は、以下の3つです。

  • アリシン
    …辛味成分。疲労回復の働きがあるビタミンB1の吸収を促進し、その作用を高める働きがある。強力な殺菌効果がある。
  • フルクタン
    …長ネギの透明のネバネバ部分。甘み成分。上の青い部分(葉っぱ)は、インフルエンザウイルスの侵入・増殖を抑える。
  • テストステロン
    …男性ホルモンの一種。女性にも大切なホルモンで、テストステロンが増えるほど女性ホルモンも同時にアップ!

 

テストステロンの健康効果に注目!

テストステロンが体内に多い人は、病気のリスクが減ることが分かっているそうです。
心筋梗塞リスクは5割減、ガンの死亡リスクは3割減になるのだそう。

 

テストステロンのチェック方法!

女性ホルモン向上ラボ

自分はテストステロンが多いのか、簡単にチェックすることが出来ます。

 

まず、利き手を出しましょう。
そこで、薬指と人差し指の長さを比較してみてください。
この時、薬指が人差し指よりも長ければ、体内のテストステロンが多い傾向にあるのが分かります。

 

テストステロンが少ないかも…と思った方は、長ネギを積極的に摂るようにしましょう!

 

 

スポンサーリンク



 名医がおすすめ!大根&長ネギ健康レシピ

大根葉と豚肉炒めのおろしがけ

女性ホルモン向上ラボ

【材料】

  • 大根
  • 豚バラ肉
  • 調味料類

【作り方】

  1. 大根の葉を食べやすい大きさにカット
  2. 1を豚バラと一緒に炒めて、お好みの味付けをする
  3. お皿に盛り、大根おろしをのせる
  4. 香りづけに柚子・七味唐辛子をちらしてもOK

 

大根の葉に多く含まれるビタミンA、豚肉に含まれるビタミンBを油で炒めることで、より効率的に摂取ることができるようになります。
大根おろしは、出来るだけ皮ごとおろすようにしましょう。
皮にも、栄養がたっぷりですからね。
大根に含まれるジアスターゼとイソチオシアネートは熱に弱い性質のため、大根おろしで取り入れるのおススメの調理法になります。

 

 

 長ネギ&長芋シチュー

女性ホルモン向上ラボ

【材料】

  • 長ネギ
  • ニンジン
  • 豚肉
  • 長芋

【作り方】

  1. 普段のシチューの材料を変更するだけでOKの簡単シチューです!
  2. じゃがいも→長いも、玉ねぎ→長ネギに変更して、普段通りに作りましょう。

 

長ネギに含まれるクルクタンは、焼くよりも煮ることで吸収率が高まる成分。
また、アリシンが豚肉に含まれる疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を促進してくれる働きがあります。

 

シチューを作る際の注意点として、長ネギは最初の段階で油で炒めておきましょう。
アリシンは熱に弱い性質がありますが、油で炒めることでアリシンの減少を抑えることができます。

 

 

大根&長ネギ活用法!

メープルシロップde大根あめの作り方

女性ホルモン向上ラボ

風邪やインフルエンザの予防に効果的な大根あめが、伊藤先生のおすすめだそう。
では、さっそく作り方をチェックしましょう!

【作り方】

  1. 大根を一口大のサイズにカットする
  2. 1をビンなどの容器にいれる
  3. 2にメープルシロップをいれ、大根の約半分が浸るくらいまで注ぐ
  4. 一晩冷蔵庫で寝かせれば完成!

 

出来た大根あめは、シロップの方を舐めるようにしましょう。
お湯割りにしてもいいかもしれませんね。

 

メープルシロップには、殺菌作用や抗炎症作用、肝臓保護作用もあります。
ハチミツを使った大根あめもありますが、メープルシロップを使うことで血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので、健康や美容が気になる方にはこちらのほうがオススメですよ。

 

長ネギ×わかめはNG!豆腐と一緒に!

女性ホルモン向上ラボ

長ネギは、味噌汁に入れると毎日継続して食べやすいですよね。
ですが、この時に一緒に入れる具に注意が必要です。

 

一緒に入れてしまいがちな、ワカメは長ネギの時は避けるようにしましょう。
今津先生によると、長ネギに含まれる硫化アリルという成分が、ワカメのカルシウムの吸収妨げる作用があるそうです。

 

ネギは、豆腐と一緒に食べることでテストステロンを増やすのに、さらに効果的になります。

 

 

さいごに

女性ホルモン向上ラボ

いかがでしたか?
長ネギと大根、万能野菜ですし、今の時期外せない食材ですよね~。
お鍋にいれたり、炒め物にしたりと、我が家でも積極的に摂っていきたい食材です。
みなさんも、上手に食卓で取り入れて、健康的に冬を乗り切りましょう!

 

 

スポンサーリンク



 - 女性の健康【その他】 , , , , ,