女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

骨盤のゆがみはウォーキングで改善!【女性ホルモンも分泌アップ】

      2015/11/29

女性ホルモン向上ラボ

ウォーキングと言えば、どうしてもダイエットのイメージが強いもの。
確かに、ダイエットに効果的ではありますが、それと同時に私たち女性にとっても嬉しい効果が他にもあるのはご存じでしょうか?

 

じつは、ウォーキングには、女性ホルモンのホルモンバランスが整うという効果もあるのです。
女性ホルモンが正常に分泌されていると、私たち女性が『女性らしさ』や『本来の美しい姿』で輝いていられるのです。

 

そのメカニズムとは一体どのようなものなのでしょうか?
また、正しいウォーキング方法はどうすればいいのでしょうか?
今回の記事では、ウォーキングで女性ホルモンアップをする方法についてお話ししていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

ウォーキングは骨盤の歪みを治してくれる

キレイな人は姿勢もキレイ

女性ホルモン向上ラボ

女性は、どうしても『キレイであること=体重が少ないこと』と考えてしまいがちです。
たしかに、憧れのモデルさんや女優さんたちが痩せていてスラっとしていますよね。

 

でも、よく見てください。彼女たちが美しくキレイに見えるのは痩せているからだけではないのですよ。
彼女たちに共通しているのは、『姿勢が良い』ということ。
スタイルのいい女性たちに共通しているのは、姿勢がキレイだということです。
痩せていると言うのは、結果的に姿勢がいいことで維持されていると言ってもおかしくはありません。

 

では、どうすれば私たちも美しい姿勢を手に入れられるのでしょうか。
そこで登場するのが『ウォーキング』です。
ウォーキングは、美しい姿勢をつくるのにはもってこいの、効果的なエクササイズとも言えます。

 

 

カラダをゆがませる癖、あなたは大丈夫?

女性ホルモン向上ラボ

ウォーキングを正しい姿勢で歩いていると、身体の歪みや骨盤の歪みが解消されていきます。
骨盤や背骨が歪むのは、ちょっとした日常の動作や、仕事やスポーツで体を左右均等に使わず、どちらかにだけ偏った使い方をしていることが原因です。

 

いつも、同じ方の足ばかり組んでいませんか?
いつも同じ手でカバンを持っていませんか?
同じ足に重心を置いて立っていませんか?

 

このようなちょっとしたクセで、体の歪みが生じてくるのです。

 

また、運動不足の人も骨盤の歪みが起こります。
運動不足になると、骨盤周りの筋肉が衰えて来ます。
骨盤を正しい位置で支えていた筋肉が減ってしまうと、徐々に骨盤が歪んできてしまうのです。

 

また、運動不足による足の筋肉の低下も骨盤をゆがませてしまう原因の一つ。
足の筋肉が衰えると、足底のじん帯がゆるんできます。
それによって、偏平足になっていきます。偏平足になると、重心が不安定になってしまいます。
そうすると、徐々に骨盤の歪みが発生していきます。

 

 

 

骨盤の歪みを治すと女性ホルモンが正常に分泌される

女性ホルモン向上ラボ

骨盤の歪みと女性ホルモンは、実は密接な関係があります。

 

骨盤がゆがんでいると、卵巣の血管が圧迫された状態になります。
それによって、骨盤が歪んでいる女性は、女性ホルモンがうまく分泌されない状態になっています。
また、骨盤の歪みは、生理痛も悪化させます。

 

女性ホルモンが正常に分泌されていないと、頭痛や生理痛、冷えやむくみ、お肌トラブル、イライラや気分の落ち込みなど女性特有の症状がでてしまいます。

 

ですから、骨盤の歪みを治し、正常な位置に戻してくれるウォーキングは女性ホルモンを増やしたい、ホルモンバランスを整えたいと願う女性はもちろん、このような症状に悩む女性たちにも大変効果的な運動と言えます。

 

 

スポンサーリンク

 

正しいウォーキング方法は?

女性ホルモン向上ラボ

では、正しいウォーキング方法についてです。
ただ、ダラダラ歩くだけでは効果は半減です。むしろ逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。

 

まず、胸を張って歩きます。
さらに、体の後ろ側を意識して、軽く曲げた手を振りながら歩きます。

 

こうすると、勝手に背筋が伸びた状態になります。
そして、おへそのあたりにクッと力を入れると、腹筋と背筋の両方が鍛えられます。

 

この状態で自分のペースでウォーキングをスタートしましょう。
続けていくことで、気が付いたら姿勢美人に、スタイル美人になっているハズです。

 

 

 

ウォーキングには他にもこんなメリットが

ストレスとお別れできる

女性ホルモン向上ラボ

ウォーキングを15~20分続けると、脳内で『ベータエンドルフィン』や『ドーパミン』という神経伝達物質が分泌され始めます。
別名『快楽ホルモン』や『脳内麻薬』とも言われるこれらの物質は、ストレスのない、最高にハッピーな状態にしてくれます。

 

その後も、ウォーキングを40分以上続けていると、脳から『セロトニン』という神経伝達物質が分泌されます。
このセロトニンは、ドーパミンたちによって興奮した状態から、リラックス状態にしてくれる働きを持つホルモンです。

 

それによって、より穏やかなリラックス状態を得ることができ、ストレスでくたくたになっている脳は、元気を取り戻すことが出来るようになるのです。
ストレスから解放されると、自律神経のバランスが整い、女性ホルモンの分泌も改善されます。

 

悩み事があるとき、イライラしているとき、気分が落ち込んで誰にも会いたくない時こそ、ウォーキングの出番です。

 

 

 

ヒップアップ効果でモテスタイルに

女性ホルモン向上ラボ

ウォーキングには、ヒップアップの効果もあります。さらに、ウェストを引き締める効果まで!
お尻にある大臀筋(だいでんきん)という筋肉は、太ももの筋肉とつながっています。
ウォーキングによって太ももを動かすと、そのまま一緒に大臀筋も鍛えられるのです。

 

より効果的にヒップアップしたければ、歩くときに体の後ろ側を意識しましょう。
そして、足を強く蹴りだすようにしてください。
背筋を伸ばし、やや早足で、歩幅も少しだけ広めにします。

 

ヒップアップすると、足が長く見える効果があります。
お尻が垂れ下がったままだと、お尻と足が一体化してみえるため、足が短く見えてしまうのです。
ウォーキングで、足を長くする効果もあるのです。

 

 

 

汗をかくことでデトックス&美肌効果が

女性ホルモン向上ラボ

ウォーキングをすることによって、汗をかきますよね。これも、美容効果が高いものです。
汗は、私たち人間に有害な有機酸や過剰にとりすぎた塩分を排出してくれる働きがあります。

 

ウォーキングによって自然な汗を全身から出すことは、みずみずしいツルツルの美肌にしてくれるデトックス効果につながります。

 

 

さいごに

いかがでしたか?
自分では自覚しにくい骨盤のズレ。
このズレによって女性ホルモンがアンバランスになり、様々な不調が出てくるのは盲点でした。

 

ダイエットのためはもちろん、心身の健康のためにもウォーキングは非常に効果的なんですね。
最初から大きい目標を立てるのではなく、すこしづつ自分のペースで続けていきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 - ダイエット特集, 生活で女性ホルモンアップ, 美容特集 , ,