女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

白ワインでダイエット・赤ワインでアンチエイジング【美容・デトックス】

      2015/11/29

女性ホルモン向上ラボ

いまや、私たちの中では、『和食=ヘルシー』『洋食=高カロリー・高脂質』なイメージが定着していますよね。
ですが、実はそうも言いきれない部分もあります。

 

中でも、洋食のおともに定番の『ワイン』。
このワインには、美容効果、はたまたダイエットの助けにもなる働きがあるんですよ。

 

ビールのように苦くもなく、カクテルほど甘くない。
そして、ウィスキーや日本酒ほどアルコールも強くないワイン。
食事の邪魔をしない、女性向きのお酒とも言えます。

今回の記事では、赤ワイン・白ワインの美容効果、ダイエット効果についてお話ししていきたいと思います。
お酒が飲める女性であれば、このワイン効果を利用しない手はないですよ。

 

 

スポンサーリンク

赤ワインの美容効果とは?

 

赤ワインにはアンチエイジング効果あり

女性ホルモン向上ラボ

赤ワインは、果皮や種子を取り除かずに一次発酵させて作られます。
この果皮には、強力な抗酸化力を持つ『アントシアニン』が含まれています。
また、種子にも『カテキン』という物質が含まれ、赤ワインには天然の抗酸化物質である『ポリフェノール』類が大量に含まれています。

 

この抗酸化物質には、わたしたちの身体をサビ(酸化)から守ってくれる働きがあります。
このサビがあることによって、私たちの老化現象が加速します。
つまり、赤ワインの強力な抗酸化作用で、老化の原因となるサビが防止できるということなのです。

 

また、ワインの原料となるブドウの実にも、たくさんの栄養素が含まれているんですよ。
ワインの原料となるブドウは、長い年月をかけて土中深くに根をはり、地下から水をくみあげて成長しています。
その地下水には、ミネラルやビタミン類、有機酸、タンパク質、ブドウ糖などが多く含まれています。
そのため、ブドウには様々な栄養素が含まれており、このブドウを原料とするワインには、およそ250種類以上もの成分が含まれていると言われています。

 

 

赤ワインは骨粗鬆症、貧血の予防にも効果的

女性ホルモン向上ラボ

年齢を重ねるごとに減少していく女性ホルモン。
この女性ホルモンの減少が原因となって引き起こされるもののひとつに、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)があります。

 

これを予防、改善するためには、カルシウムの摂取が必要となってきます。
このカルシウムは、それ単独の摂取ではなく、マグネシウムと一緒に摂取することで体内に効果的に吸収できます。

ここで、赤ワインの出番。
赤ワインには、先ほどお話しした成分以外にも、マグネシウムやカルシウム、カリウム、ナトリウム、そして鉄などの様々な必須ミネラルやビタミン類が豊富に含まれています。
赤ワインには、カルシウムとマグネシウムがほぼ同じ割合でバランスよく含まれているため、効率よくカルシウムの吸収ができるのです。

また、女性にとってうれしい赤ワイン効果が貧血の予防効果です。
日本人女性のおよそ7割弱が慢性的な貧血状態で、鉄不足であると言われています。

 

鉄不足と言うと、レバーや貝類などを思い浮かべますが、これらは毎日食べることは難しいですよね。
赤ワインであれば、ほぼ毎日飲むことが出来ます。
楽しく赤ワインを飲みながら、アンチエイジングと貧血防止で、健康的な美しさを手に入れることができるようになります。

 

スポンサーリンク

白ワインのダイエット効果とは?

 

赤ワインの美容効果についてお話ししてきましたが、では白ワインはどうでしょうか?
先ほど、赤ワインで出てきたポリフェノールですが、残念ながら白ワインには、その10分の1程度しか含まれていません。
白ワインは、緑の皮のブドウをつぶして、皮と種のない果液だけで発酵させます。
そのため、ポリフェノールの含有量が赤ワインより少なくなるのです。

 

白ワインでデトックスダイエット!

女性ホルモン向上ラボ

 

ですが、白ワインには赤ワインよりも優れている点があるんですよ。
それは、『デトックス(解毒)作用』です!

 

白ワインには、赤ワインにくらべ利尿作用が強く、それによって身体に害を及ぼす老廃物や毒素の排出が促されます。
利尿作用で、手足や身体全体のむくみ改善にもつながり、スッキリすることが出来ます。
デトックス作用の結果、皮膚の新陳代謝も活性化し、肌荒れやシミ、シワ、ニキビなどの肌トラブルも改善してくれるのです。

 

また日本には、生の魚介類をお刺身で食べる習慣もありますよね。
この時に、白ワインを飲むことも解毒作用の点で効果的です。

 

 

 

1日のワイン摂取量の目安は?

女性ホルモン向上ラボ

個人差はありますが、平均的には1日コップ1~2杯が目安となります。
量にすると、1日100~200mlがいいでしょう。
ワイングラスだと、ちょうど1杯というところでしょうか。

 

大量に飲むことで効果がすぐに出るわけではありません。
飲みすぎによって、逆に健康を損ねたり、太ってしまったら意味がないですからね。
1日の自分の頑張りをねぎらいながら、夕飯の時にゆっくり飲むのが理想的です。

 

 

赤ワインも白ワインもそれぞれ特徴があるので、それぞれをバランスよく飲む習慣をつけることをおすすめします。

 

 

 

スポンサーリンク

 - ダイエット特集, 美容特集 , , ,