女性ホルモン向上ラボ

女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。

*

ヨガの効果は痩せるだけじゃない!ホルモンバランスも整えてくれる

      2015/11/29

ヨガと聞いてイメージするのは、すらっとした体型、程よくついた筋肉、美しい姿勢の女性…。
私の周りの美人さんたちのヨガ率の高いこと!

 

私も独身時代、友人に誘われてヨガスタジオに通った時期がありました。
スポーツが大の苦手だった運動音痴の私。
『いや~無理でしょ~』と思いながらも行ってみて、その爽快感に見事にはまりました。

 

今は子育てと仕事に追われ、なかなか時間が作れていませんが、もう少ししたらヨガに復帰しようと企んでおります。

 

実際、ヨガはどのようなもので、女性にとってどのような効果があるのでしょうか。
それでは、詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

ヨガとは?

 

女性ホルモン向上ラボ

ヨガは、古代インド発祥の修行法が起源だと言われています。
現代では、『アーサナ』と呼ばれる姿勢・ポーズや、呼吸法のみを重視するエクササイズ的なものから、瞑想や精神統一を重視する伝統的なスタイルを重視するものまで、実に様々なヨガがあります。

 

いずれのヨガも同じなのは、『よりよい人生を送る』という目標。身体だけでなく、心も健康にするという点が、他の運動とは違うところです。

 

 

 

 

ヨガの効果には何がある?

女性ホルモン向上ラボ

 

現代のヨガを構成しているのは、いずれもポーズ、呼吸、瞑想。この3つの要素が複合的に作用し、シェイプアップ効果やデトックス効果、リラックス効果などにつながります。

 

 

ダイエット効果 体の中からシェイプアップ!

女性ホルモン向上ラボ

体全体のインナーマッスル(体の表層部ではなく、深層部にある筋肉)が鍛えられるヨガ。インナーマッスルを鍛えることによって、基礎代謝をアップすることができます。それにより、太りにくい体質を手に入れることが可能に。
また、様々なポーズをとる中で、自分の動きのクセを客観的にみることが出来るので、姿勢の改善にもなります。

 

 

ホルモンバランスが整う 心のストレスを軽減!

女性ホルモン向上ラボ

ヨガの呼吸法と運動により、自律神経のバランスが調整されます。女性ホルモンと密接に関係している自律神経が整うことで、女性ホルモンのバランスも改善。(記事『女性ホルモンと自律神経系、免疫系の関係性』も参考にどうぞ)

 

自律神経を良好な状態にすることで、ストレスも軽減されます。暴飲暴食も減り、前向きな心でいられるようになります。

 

 

デトックス効果で体質改善!

 

女性ホルモン向上ラボ

ヨガの動きで血流が良くなると、身体中に酸素が行きわたります。
また、汗をかくことで、老廃物が体外へ排出されます。動きも良くなって便秘も改善されていきます。

また、代謝がアップすることでアンチエイジングや美肌効果も得ることができます。

 

 

 

 

 

ヨガの種類

ヨガと一言でいっても、実はさまざまな種類のヨガがあるのをご存じですか?
ここでは、そのうちのヨガをいくつかご紹介します。
自分に合うヨガのスタイルを見つけて、女性ホルモンアップ、ダイエット成功を目指しましょう!

 

ハタ・ヨガ

身体を動かすヨガの総称。基本的なポーズと呼吸を中心とした、ゆっくりとしたヨガ。
初心者さんはまずはここからスタートするのがいいかも。

 

マタニティヨガ

妊婦さんの健康と安産準備のためのヨガ。身体に大きな負荷がかからない程度の、簡単なポーズと呼吸法でリラックスする教室が多いです。

 

ルーシーダットン

ヨガとは異なるポーズをとります。身体の負担が少ないので、お年寄りにも出来ます。

 

ホットヨガ

室内を高温多湿にして、ハタ・ヨガをベースにして行うヨガ。エクササイズ効果が高くダイエットに向いています。

 

ピクラムヨガ

室温40℃、湿度55%の環境で、90分の世界共通のレッスンを行います。
ヨガの中では1番ハードとも言われています。

 

これは、ほんの一例です。
日々、新しいヨガが生まれています。
種類が多いので、自分に合ったヨガを探すことができると思います。

 

スポンサーリンク

 

ヨガQ&A

身体がかたくても、出来る?

もちろん可能です。一つ一つの動作を確認しながら、じっくりと取り組みましょう。
何度かやっているうちに、難しかったポーズでもすんなりできるようになります。
無理せず、出来る範囲で行いましょう。

 

ヨガスタジオはどうやって探せばいい?

おすすめはネット検索です。
『ヨガ ○○市』など、自宅の住所と一緒に検索すると近くのヨガスタジオが出てくるでしょう。また、ヨガの総合サイトもあるので、そこでやりたいヨガの種類を選んで、自宅近くのヨガスタジオを見つけるということも出来ます。

また、自治体の公共施設や、公民館でヨガ教室が開かれていることも多くなりました。
自宅近くの教室の方が、通う習慣づけをしやすいので、おすすめです。

 

ウェアやマット、専用のものは必要?

必ずしも必要ではありません。
ウェア自体は、自分が動きやすいものでかまいません。

ヨガマットは、その教室によって必須の所と、レンタルしてくれるところ、必要のないところ様々です。
見学時や、問い合わせの時点で聞いた方が良いでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 - 女性ホルモンについて, 生活で女性ホルモンアップ , , ,