美容特集

浅い呼吸・口呼吸が老けの原因に!?呼吸法で美人度を上げる3つの方法

投稿日:

女性ホルモン向上ラボ

私はこの半年ヨガを続けているのですが、色々な本やヨガの先生がよく語るのが呼吸の大切さ。

呼吸、息を吸って吐くとは、私たちが生きるために無意識で行うものですが、ヨガでは意識的に呼吸を行うことが重視されています。

これは、心を鎮めて落ち着かせることで、心身の緊張を解くため。

 

大舞台を前に緊張している人に、「深呼吸して」と声をかけますよね。呼吸には、リラックスして物事のパフォーマンスを向上させる力があるのです。

集中力アップ、血液循環の促進、自律神経の乱れを整えるなど、呼吸を意識的に行うことで得られる効果についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

呼吸を意識するだけで毎日が変わる?

女性ホルモン向上ラボ

ストレスフルな今の時代。気がつくと呼吸が浅くなっていることありませんか?

私もヨガをやるまでは、呼吸を意識したことはありませんでした。

ヨガを始めてからは、仕事中にPCを長時間見ている時や、緊張している時に呼吸が浅くなっていることに気づくようになりました。

 

呼吸が浅い状態が続くと、イライラや不安が増したり、体がコリやすくなるのです。

忙しい現代女性は、きっと呼吸が浅くなりがちなはず。一度自分の呼吸法やクセをチェックして、呼吸を意識してみてください。

 

 

あなたは何呼吸?呼吸法セルフチェック

女性ホルモン向上ラボ

  • デスクワークで書類、PCを長時間見ることが多い
  • 日々ストレスを感じることが多い

→知らず知らずに呼吸が浅くなりやすい!

 

  • 気がつくと口がぽかんと開いている
  • 朝起きた時に喉が乾燥している
  • いびきをかく
  • 口臭が気になる
  • 食事の時にクチャクチャ音がする

口呼吸が癖になっているかも

 

 

口呼吸が体に与える影響

女性ホルモン向上ラボ

口呼吸は鼻呼吸に比べ、取り込める空気が少なく、体内の酸素が不足しやすくなります。

酸素は細胞のエネルギー源の一つ。酸素が不足すると、細胞の働きが弱くなり、新陳代謝が悪くなったり、肌の細胞の生まれ変わりにも影響を与えます。

 

また、口呼吸は口内の乾燥を引き起こし、唾液の分泌が抑えられて口臭が悪化

口呼吸の癖がついている方は、鼻呼吸を意識して行いましょう。

 

 

鼻呼吸が美容にいい5つの理由

女性ホルモン向上ラボ

清浄な酸素を体内に取り込める

鼻呼吸は、鼻を通して酸素を体内に取り込みます。

鼻には、鼻毛がフィルターとなって空気中のホコリや雑菌を抑える働きがあります。

口呼吸では、鼻毛のようにフィルターとなるものが働かないので、ホコリや雑菌がそのまま体内に入り込み、細胞を傷つけてしまうのです。

 

多くの酸素を取り込み、細胞を活性化

鼻呼吸は口呼吸よりも多くの酸素を取り込めます。

酸素が十分に体内に行き渡ると、細胞が活性化して肌のターンオーバーを促進したり、老廃物の排出をスムーズにさせます。

 

自律神経を刺激して乱れを防ぐ

女性ホルモン向上ラボ

鼻呼吸で息を吸うと交感神経が、吐く時に副交感神経が刺激されます。

ストレスで乱れやすい自律神経が刺激され、正常なバランスを取り戻すことが可能です。

リラックスしたい時は、息をできるだけ長く口から吐くと良いですよ。

 

ほうれい線、フェイスラインのたるみを防ぐ

鼻呼吸をする際に、わずかですが表情筋が動きます。

呼吸は1日におよそ2万回行われると言われているので、わずかな動きでも塵も積もれば山となる。

知らず知らずのうちに表情筋エクササイズが行われるのです。

 

ハッピーホルモン「セロトニン」の分泌が促進

女性ホルモン向上ラボ

深く鼻呼吸をすると、セロトニンの分泌が促され、心がリラックスします。

セロトニンは、心を安定させる作用や、痛みを抑える作用があるホルモンです。

また、緊張状態になった筋肉や臓器をゆるめ、血行を促進させます。

 

 

おすすめ呼吸法&呼吸力をアップさせる方法

女性ホルモン向上ラボ

だるい時に気合いを入れる「火の呼吸」

ヨガの呼吸法の一つで、神経系、内分泌系を高め、脳を活性化させる呼吸法です。

また、自律神経が集中する横隔膜を刺激し、自律神経を整える効果も期待できます。

 

ホルモンバランスが乱れて気持ちが不安定になったり、ストレスでイライラを感じやすくなった時に、喝を入れる感じで行ってみてください。

シャキッとしますよ!

 

  1. 鼻から息を深く吸いながら、お腹を膨らませる
  2. お腹を背骨に向かって勢いよくへこませ、鼻から息を吐く
  3. へこませたお腹を緩め、鼻から自然に息を吸う

 

結構気合いのこもった状態に見えるので、人目が気にならない場所で行いましょう…。

 

 

カチカチになった喉をほぐす喉ストレッチ

女性ホルモン向上ラボ

私のお気に入りのヨガ&ストレッチ本、自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ 自律神経どこでもリセット! [ 崎田ミナ ]から。

喉はストレスがたまるとカチカチに固まってしまうため、定期的にストレッチでほぐすと、呼吸がスムーズになるそうです。

 

  1. 背筋を伸ばして鎖骨の中心で両手を重ねる
  2. 両手で鎖骨を下側に押さえながら、ゆっくり上を向いて喉を伸ばし、深呼吸(20秒)
  3. 2の状態で斜め上に頭を傾け、喉を伸ばし、呼吸をしながらキープ

 

このストレッチは、喉や首筋を思いっきり伸ばせてかなり気持ちいいです!

ストレッチ後に鼻呼吸をすると、ストレッチ前より取り込める空気の量が増えるように感じます。首のコリをほぐす効果もあり!

 

 

肺を広げて全身に酸素を届ける!おうぎのポーズ

女性ホルモン向上ラボ

肺の周りの筋肉を伸ばし、コリを取ると肺が広がりやすくなり、呼吸が深く行えます。

血流も促進されるので、頭がぼーっとしてやる気が起きない時に行うと、気持ちがシャキッとしますよ。

 

  1. 机に座った状態で、背筋を伸ばして片手を斜め上にあげる
  2. 片手を上げたまま、真横に倒れて5回呼吸する。下ろした手は机に置き、横にずらしていくとやりやすい。
  3. 上げた腕の肘を内側に曲げ、目線を上に、胸を上に向かって開くようにして3回呼吸する。

 

このポーズは、脳に酸素がしっかり行き渡るので、寝起きの酸素不足の脳が目覚めやすくなります。

血流が促進されて体が温まるので、代謝の促進にも効果的!

デスク上でできるので、長時間のデスクワークの合間に行うのもおすすめです。

 

 

 

 

まとめ

呼吸で自律神経を整えたり、全身に酸素をしっかり送って細胞を活性化!

内側から体を整えることで、毎日行なっているスキンケアの効果も最大限に発揮されるはず。

毎日無意識に行なっている呼吸を意識して行うと、心身ともにスッキリとした状態で過ごせる日が多くなっていきますよ!

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

-美容特集
-, ,

Copyright© 女性ホルモン向上ラボ , 2017 All Rights Reserved.