女性の健康【その他】

【ゲンキの時間】春の体調不良…その原因は寒暖差疲労!3つの解消方法

投稿日:




春になると「なんだか体のだるさを感じる」「めまいがする」「関節が痛みだす」…など、体調不良に悩んでいませんか?

なぜか体調不良になりやすい春、その原因として最も可能性があるのが寒暖差疲労です。

3月18日放送のTBS系「健康カプセル!ゲンキの時間」ではこの寒暖差疲労による春の体調不良や、その対策法が特集されました。

 

春は1日のうちで寒暖差が激しく、昼はポカポカ、夜はグッと冷え込むことも珍しくないですよね。

この寒暖差に体がついていけなくなり、体調を崩しやすくなっているのです。実はこの寒暖差疲労、病の引き金になることも。

 

専門家によると、この時期の寒暖差疲労を放っておくと、うつ病や夏バテのきっかけになる可能性もあるのだそう。

春は体調管理をしっかりと!そのために、今回は番組で放送された寒暖差疲労対策をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

なぜ春になると体調を崩しやすいの?

女性ホルモン向上ラボ

寒暖差で自律神経が乱れやすい

今回番組では、寒暖差疲労に詳しい専門家として、東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科教授の医学博士 川嶋朗先生が詳しく解説してくださいました。

 

川嶋先生によると、春の寒暖差疲労の主な原因は活性酸素(※)なのだそう。

この活性酸素の発生は、自律神経(※)の働きが大きくかかわっていると川嶋先生は指摘します。

 

自律神経には緊張状態の時に優位になる交感神経と、リラックス状態の時に優位になる副交感神経があります。

つまり、寒い場所では交感神経が優位になり、暖かい場所では副交感神経が優位になるとも言えます。

 

この寒暖差が大きくなるとストレスがかかり、交感神経が優位になりっぱなし=自律神経が乱れることになります。

寒暖差が大きい春は、自律神経が乱れる影響で体内の活性酸素が増え、結果的に体調不良を引き起こしやすくなるのです。

 

 

活性酸素とは

殺菌力が強く、細菌などを撃退する役目がある体内物質。増えすぎると正常な細胞を攻撃し、人体を酸化(老化)させ害を及ぼしてしまう物質でもある。

自律神経とは

身体の機能を無意識のうちに、自然に調整している神経のこと。内臓が勝手に動いて働いているのも、この自律神経の働きによるもの。

 

 

寒暖差以外にも春は体調を崩す原因がたくさん!

体調を崩す要因が自律神経の乱れということが分かりましたね。

しかし川嶋先生によると、春は寒暖差以外にも自律神経が乱れる要因がいくつかあるのだそう。

 

  • 気圧の変化
  • 異動や転勤

 

これらも自律神経の乱れを引き起こしやすいもの。寒暖差以外にも自律神経を乱してしまう要因があることも知っておきましょう。

 

 

「春の寒暖差疲労」こんな症状ありませんか?

花粉症でもないのに鼻水がダラダラ…春の体調不良に悩む男性

実際に川嶋先生が診断した患者さんで、春の体調不良を起こした男性のケースが紹介されました。

 

Kさん(男性・53歳)

 

Kさんに最初に症状が出たのが2年前の4月。

朝起きてみると、鼻水が止まらなくなる。前日の夜が冷え込んだため、風邪をひいたと思い、熱を測ると平熱だった。

しかしその後、時々ではあったものの、昼夜を問わず鼻水が止まらなくなる。

 

「これはおかしい」と感じたKさんは、花粉の症状を抑える市販薬を服用。

しかし、その症状が治まることはなかった。

 

このKさんは川嶋先生を受診したところ、「血管運動性鼻炎」と診断されました。

通常、鼻の毛細血管は寒いと交感神経の働きで縮み、温かいと副交感神経の働きで広がります。

 

ところが、早朝など急激な寒暖差を感じると自律神経が乱れ、機能しなくなります。

それによって鼻の機能がおかしくなり、鼻水が出るなどの症状を引き起こすのです。これが血管運動性鼻炎です。

 

血管運動性鼻炎の主な症状

女性ホルモン向上ラボ

診断名が出るほどではなくとも、似たような症状の方も多いのではないでしょうか?

血管運動性鼻炎には、以下のような特徴があります。

 

  • 冷え込んだ夜の翌朝に症状が出る
  • 発熱がない
  • 目がかゆかったり、充血しない

 

花粉症と違い、目がかゆかったり充血しないなど、症状に特徴があるのが血管運動性鼻炎です。

気になるという方は、病院を受診してみましょう。

 

寒暖差疲労は「うつ病」を引き起こすことも

女性ホルモン向上ラボ

川嶋先生によると、自律神経の乱れは様々な病気の元になるので注意が必要なのだとか。

自律神経の乱れが原因で起こる病気には以下のようなものがあります。

 

  • 気管支ぜんそく
  • アトピー性皮膚炎などのアレルギー系の病気
  • うつ病

 

たかが寒暖差…とあなどってはいけないのが分かりますよね。

 

緊張やストレスがかかり交感神経が優位になると、脳を活性化させるドーパミンセロトニンが分泌され、活動状態になります。

そんな時に寒暖差の影響でストレスが加わり限界を超えると、いきなりスイッチが切り替わることがあります。

 

異常に張りつめていた交感神経が副交感神経に急速に傾き、元に戻らなくなってしまうのです。

副交感神経が優位の状態はやる気を起こさせるようなドーパミンやセロトニンが減って、うつ病と同じ状態になると川嶋先生は指摘します。

 

 

寒暖差疲労になりやすい人はこんな人!

女性ホルモン向上ラボ

寒暖差に弱い人の特徴

寒暖差に弱いというのは体質もありますが、生活習慣が影響していることが多いと川嶋先生は言います。

下記は寒暖差に弱い人の特徴です。あなたにも当てはまる部分がないか、チェックしてみてくださいね。

 

  1. 手足が冷たく感じることが多い
  2. 熱中症にかかったことがある
  3. 普段の生活が不規則
  4. お酒を週2回以上で飲む量が多い
  5. ストレスや心配事を抱えている

 

どうでしたか?

私の場合は①くらいですかね。…というか、旦那が②以外すべて当てはまっています(笑)

 

飲酒量が多い

女性ホルモン向上ラボ

飲酒量が多いと、アルコールを分解するために余分なエネルギーを消費します。

その影響で寒暖差の影響を受けやすい体になってしまいます。

 

冷え性や熱中症の経験がある

冷え性や熱中症になった経験がある人は、体質的に寒暖差に弱い傾向があります。

人一倍の注意が必要であることを自覚しましょう。

 

生活リズムが不規則

不規則な生活習慣を繰り返すと、自律神経が整いにくくなります。

 

川嶋先生によると、ストレスは交感神経を優位にさせるため、寒暖差に弱くなってしまいます。

とにかく寒暖差に負けないためには、ストレスを軽減して自律神経を整えるということが重要なポイントということですね。

 

では、次の項で自律神経を整える方法を実践していきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

寒暖差を撃退!自律神経を整える3つの方法

春の体調不良を防ぐ、解消するためには自律神経を整えることが大切になります。

そのための方法として川嶋先生がオススメするケア方法が3つ紹介されました。どれも簡単なものなので、ぜひ実践してみてくださいね!

 

1.目元温め法

目の奥にある動眼神経という脳神経を刺激することで、自律神経を整えることができます。

そのために実践してほしいのが「目元温め法」です。

 

  1. タオルを水で濡らす
  2. 500Wの電子レンジで40秒間温める
  3. タオルは人肌より少し暖かい程度まで温める(約40℃)
  4. 目の上に2分間のせる

 

これだけで、高ぶった交感神経が副交感神経に切り替わります。

女性であればこれを眠る前にすることで、翌日のお化粧ノリが良くなるそうですよ!

 

2.指先揉み法

自律神経を整えるツボ 井穴(せいけつ)の位置

2つめの自律神経の整え方は、指先を揉むこと。

指の爪の生え際にある井穴(せいけつ)というツボを揉みましょう。

 

  1. 爪の両側を指で挟み、左右にクリクリと軽くひねる
  2. 指1本に対し、10~20秒行う

 

この井穴のツボは、薬指を除く4本の指は交感神経、薬指だけは交感神経のスイッチになっています。

自律神経を整えるツボ 井穴(せいけつ)の位置

そのため、シャキッとしたい時は薬指を揉んでみましょう!

 

体の末端である指先は、動脈から静脈へ血管が切り替わる場所です。ここにあるツボを揉むことで、心臓へ戻る血流を促進することができます。

それによって身体全体が温まり、リラックスすることができます。

 

3.腹式呼吸

深い息を吐くことによって、副交感神経を優位にするスイッチを入れることができます。

腹式呼吸でそれができますので、ぜひチャレンジしてみましょう!

 

  1. 両手をお腹の上に置く
  2. 息を3秒で吸う
  3. 息を6秒かけてはく

 

姿勢が良い状態で行い、10回ほど繰り返すと効果が期待できます。

正しい姿勢であれば、寝た状態でもOKです。

 

適度な運動も自律神経の乱れを整える

女性ホルモン向上ラボ

川嶋先生によると、根本的に体質を寒暖差に対して改善するためには、適度な運動がオススメだそう。

この「適度な運動」とは、その人にとって少しだけキツイ運動のことをいいます。

 

  • 1.5倍のスピードで歩く
  • 階段を使う
  • 電車などでは座らない

 

このくらいのレベルで大丈夫です。

適度な運動を普段の生活の中で取り入れていくようにし、春の体調不良を撃退していきましょう!

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

-女性の健康【その他】
-,

Copyright© 女性ホルモン向上ラボ , 2018 All Rights Reserved.