ダイエット特集

【漢方薬ダイエット】4種類の漢方薬から自分に効果のあるものを探そう!

投稿日:

女性ホルモン向上ラボ

それほど食べているわけではないのに太りやすい、いくら運動をしてもダイエットを成功できない…。こんな悩みを持っている女性は多いはず。

そんな人はダイエットに漢方薬を取り入れるのがおすすめ。もちろん漢方薬はやせ薬でもダイエットサプリでもありません。ですが、『痩せにくい』と感じている女性を強力にバックアップしてくれるアイテムなんです。

そこで今回は、漢方薬がなぜダイエットに効果的なのか、そして数ある漢方薬の中から自分にピッタリ合うものを探す方法についてご紹介していきます。

漢方を味方にして、スリムボディを手に入れちゃいましょう!

 

スポンサーリンク

 

漢方ダイエットは“代謝アップ”を狙うのが目的

女性ホルモン向上ラボ

痩せている人と太っている人…その違いは代謝にあり!

『あの人はいくら食べても太らなくて羨ましい』『食べる量は変わらないのに最近体重が増えてきた…』こんなセリフをよく聞きませんか?

この言葉の裏に実は隠されているのが代謝エネルギーなんです。人は一人一人体質が違うように、代謝も違ってきます。そのため、同じ量を食べても太る人・太らない人がいますし、同じ人物でも年齢によって代謝量は変化していきます。

 

通常は、摂取するエネルギーと代謝するエネルギー(消費エネルギー)のバランスがつりあっています。ですが、これが代謝するエネルギーが減ってしまうことで、摂取エネルギー>代謝エネルギーとなり、結果として太ってしまうのです。

この代謝エネルギーを増やして摂取エネルギーとバランスをとることが、漢方薬ダイエットの目的となります。

 

漢方薬ダイエットはリバウンドなし!?

女性ホルモン向上ラボ

漢方薬ダイエットは、自分の体質を知って太る原因を突き止めることから始まります。その原因に応じて漢方薬をチョイスすることで、身体を整えながら代謝をアップさせることができるのです。

漢方薬ダイエットを実践してムリなく脂肪をそぎ落とした後は、摂取するエネルギーと消化するエネルギーを同じにするようにコントロールをしていきます。

漢方薬ダイエットは、体力をキープしながら代謝をあげていくので、効率よく健康的に痩せていくことができます。そのため、ダイエットにつきもののリバウンドの心配がほとんどないというメリットもあるのです。

 

 

あなたの体質はどれ?ピッタリの漢方薬をみつけよう

漢方薬ダイエットでは、体質を大きく4つに分けます。自分の体質どれかチェックしていくことで、自分に合った漢方薬を見つけることが出来ますよ。

 

お腹まわりに脂肪がつきやすい人には“防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)”

女性ホルモン向上ラボ

以下の項目に当てはまる人は、食べ過ぎが原因で代謝低下を引き起こしていると考えられます。

  • お腹周りに脂肪が多い
  • すぐお腹が減って、ついつい食べ過ぎてしまう
  • 食べることが大好き
  • 冷たいドリンクをよく飲む
  • ニキビができやすい
  • 揚げ物や味の濃い食べ物が好き
  • 便秘がち
  • スイーツに目がない

このタイプの人は、いわゆる『胃熱』と呼ばれます。これは脂っぽい食べ物や味の濃いもの、甘いものの食べ過ぎで胃が活発に動いている状態。食べ過ぎることでお腹周りに脂肪がつき、腸のぜん動運動を邪魔してしまい、便秘→代謝低下へとつながっています。

 

 

 

そんな人にオススメの漢方薬は『防風通聖散』です。防風通聖散は過剰な食欲を抑え、老廃物の排出を促してくれます。脂質代謝を活性化させてくれる働きもあるので、燃やす代謝コントロールが必要な人にはピッタリです。

 

下半身太りの人には“防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)”

以下の項目に当てはまる人は、消化器系の働きが弱まっていることが原因で代謝低下を引き起こしていると考えられます。

  • 上半身に比べて下半身に脂肪がつきやすい
  • 小食なのに太りやすい
  • 疲れやすい
  • 動くのがおっくう
  • 汗をかきやすい
  • むくみやすい
  • 筋肉がしまっていない
  • 便がゆるい、もしくは下痢をしやすい

このタイプの人の特徴として、筋肉が弱く、お尻や太ももが垂れさがったりむくんだりしているのが見られます。また、体力が少ないゆえに運動量も少ないため、小食であっても太りやすくなってしまいます。

 

 

 

こんな女性にオススメの漢方薬は『防己黄耆湯』です。防己黄耆湯は弱った胃腸の働きを正常に戻し、食べたものをエネルギーに変換してくれます。それによって代謝が活性化し、筋肉にしまりのなかった体も引き締めてくれるようになります。

 

ストレス太りの人には“大柴胡湯(だいさいことう)”

女性ホルモン向上ラボ

以下の項目に当てはまる人は、ストレスが原因で代謝低下を引き起こしていると考えられます。

  • 二の腕に脂肪がつきやすい
  • わき腹に脂肪が多い
  • ストレスを感じると食欲が出てしまう
  • イライラしやすい
  • 緊張しやすい
  • 便秘ぎみ
  • 生活が不規則になりがち

このタイプの人は、ストレスが原因となって代謝低下を引き起こしています。それによって胃熱が高まってしまい、ムダに食欲が増してしまったり、イライラをコントロールすることが難しくなります。ひどい場合はホルモンバランスを乱す原因にもなります。

 

 

 

このタイプの女性にオススメしたいのが、『大柴胡湯』です。大柴胡湯は自律神経を安定させ、ストレスによるエネルギーの停滞を改善してくれる働きがあります。それによって脂質代謝を活性化させてくれますよ。大柴胡湯で整える代謝コントロールをしてみましょう。

 

むくみ体質・冷え体質の人には“当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)”

女性ホルモン向上ラボ

以下の項目に当てはまる人は、体内の水分排出がうまくいかないことが原因で代謝低下を引き起こしていると考えられます。

  • 靴下のあとがつきやすい
  • 夕方以降に靴がきつく感じる
  • 月経痛・月経不順などのトラブルがある
  • 貧血気味
  • 夏場も手足の先が冷えている
  • 疲れやすくすぐ横になってしまう
  • 水分を多くとる
  • 夏場でも汗をかかない

このタイプの人は、からだの中の水分がだぶついて排出されていない状態です。体温を逃さないように血管が収縮して血行が悪くなり、むくみが進んで体重よりも太って見えてしまいます。

 

 

 

そんな女性にオススメの漢方薬は『当帰芍薬散』です。当帰芍薬散は体を温めて利尿を促してくれる働きがあります。水分代謝を活性化させることで代謝アップ、ダイエット効果を期待できるようになります。当帰芍薬散で栄養をつけながら冷えを改善していきましょう。

 

 

漢方薬ダイエットは自分のタイプを見極めるのがカギ

女性ホルモン向上ラボ

ひとりひとりの体質が違うように、代謝も違って当たりまえ。意外とこの違いを分からない女性が多いのも現実です。

まずは自分は何が原因で代謝がダウンしているのかをしっかり見極め、その欠点を補ってくれる漢方薬を見つけることから始めましょう。代謝を整えながら、摂取エネルギーも再度見直すことで、スムーズに体重もコントロールすることができるようになるはずです。

漢方薬はすぐに効果が出てくるものではありませんが、まずは最低1~2か月間続けてみてください。体質を改善していくものなので、根気強く続けることが大切ですよ。

 

スポンサーリンク

 

あなたにオススメの記事

-ダイエット特集
-, ,

Copyright© 女性ホルモン向上ラボ , 2017 All Rights Reserved.