女性の健康【その他】

舌の裏が黒い!?血管の色や舌の形…3つのチェックで体の危険信号が分かる!

更新日:

 

女性ホルモン向上ラボ

普段はほとんど気に止めることがない自分の舌。しかし、東洋医学では、舌はその人の体質や内臓の状態を映し出す鏡と言われてきました。つまり、舌を見ることが、自分の健康バロメーターになるんですね。

そこで今回はTBS『サタデープラス』内のコーナー『ドクタープラス』で紹介された、『舌でわかる病のリスク!3大舌チェック!』をもとに、舌の健康チェック方法をご紹介していきます!

では、手鏡を見ながら舌チェックをしていきましょう!ぜひ、ご自分の健康管理にお役立てください。

 

スポンサーリンク

 

舌の裏の血管・色・形で健康チェックをしてみよう!

女性ホルモン向上ラボ

健康的な舌はどんな舌?

今回、舌と病気リスクの関係性について解説してくださったのは、北里大学東洋医学総合研究所の伊藤剛医師。伊藤先生はこれまで10万人の下を見てきたというスーパードクターで、専門は漢方医学です。

まずは、健康的な舌はどのようなものかを知ることからスタートしましょう。

 

  • 淡い紅色
  • 口の幅と同じくらいの大きさ
  • 舌の中央に苔が白く薄く広がっている

 

この3つのポイントが当てはまっている舌が、理想的な舌になります。

 

舌で健康チェックするときの注意点

女性ホルモン向上ラボ

自分の舌をチェックするときには、正しい判断ができるように、いくつかの注意点があります。

まず、コーヒーなど色の濃いものを食べたり飲んだりした直後は避けましょう。3時間以内に飲んでいる場合は、その影響がなくなってから舌チェックをしてくださいね。

 

また、舌は思い切り伸ばしてチェックしましょう。出しにくいと感じる場合は、あっかんべーの状態を何度か繰り返すと伸ばしやすくなります。

 

 

舌の裏に黒ずんだ血管があるのは、血液ドロドロ信号!

 

 

舌の裏側にある静脈をチェック

ではさっそく、舌の裏をチェックしてみましょう。

舌の裏には静脈が流れていますが、黒く太い静脈がみえる人は注意が必要です。

 

伊藤先生によると、これは血液がドロドロの状態と考えられるのだそう。血液がサラサラ流れずに、血管が詰まっている可能性があるのだとか。

 

黒ずんだ静脈は瘀血(おけつ)の状態

 

舌の裏側に黒ずんだ太い静脈が見えているのは、東洋医学では瘀血(おけつ)の状態と呼ばれます。瘀血は、血液が固まり滞ることで、舌深静脈という2本の静脈が広げられている状態です。

裏側は大丈夫そう!という人も、舌の表面もチェックしてみてください。舌の表面に黒い斑点が見えませんか?

これもまた瘀血の症状なんです。血管が詰まったことで、舌の表面にある赤血球が変色したものなのだそう。

 

血液がドロドロの状態を放っておくと、最終的には血管がつまってしまいます。最悪の場合、脳梗塞などのリスクも高まってしまいます。

 

ぶらんぶらんウォーキングで血液ドロドロを改善!

女性ホルモン向上ラボ

血液ドロドロ…ちょっと怖いですよね。伊藤先生によると、これを簡単に改善できる運動方法があるのだそう。それが、ぶらんぶらんウォーキングです。

 

  1. 背筋を伸ばし、目線はまっすぐ前に、肩・腕の力を抜く
  2. 足を強くけり出すのをイメージしながら、大股で歩く
  3. 肘を伸ばし、上半身の動きに合わせて、腕が自然にぶらんぶらん振られるように歩く

 

このぶらんぶらんウォーキングは、背中やおしりの筋肉を意識して使うことで、血流がアップします。あまり腕をぶらんぶらんさせることを意識しすぎないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

舌の色で血の巡りの状態が分かる!

舌の裏側にある血管の状態をチェックするだけでなく、舌表面の色や舌そのものの形でも健康状態をチェックすることができます。

 

舌の色は何色?

伊藤先生によると、舌の色をみることで、血の巡りや身体の熱、冷えの状態が分かるのだそう。

  • 色が薄い(白に近いピンク色)…貧血気味
  • 色が濃い(暗い赤)…うっ血状態

 

舌苔(ぜったい)の色にも注意!

舌の中央部分にある、苔のようなものは舌苔(ぜったい)と呼ばれます。この舌苔の色も、体の様々なサインを表していると考えられています。

 

そもそも、舌の苔は舌の粘膜が角化したものです。皮膚で言えば、角質(あか)にあたります。舌苔は、食べ物で舌が傷つかないように守る働きがあり、大切なものです。

本来は食事などで自然と剥がれ、適度な舌苔のみが残っている状態になります。

 

舌苔の色によって、注意するポイントが変わってきます。

  • 白く厚い舌苔がある…胃の調子が悪い、食事のバランスが取れていない
  • 乾燥して黄色っぽい…体の中に熱がこもっている、便秘を起こしている

 

青・紫色の舌は冷えのサイン!

女性ホルモン向上ラボ

これからの季節、特に要注意な舌の色が青っぽくなっている人です。舌の色が青や紫がかった色の人は、体が冷えているサインと考えられています。

 

プールなどで、紫色の唇の人を見たことありませんか?舌の色は血液の色ですから、赤は動脈、青は静脈になります。

そのため、青く見えると言うのは、動脈の血流が停滞しているというサインになるのです。

 

ツボ押しで冷え・頭痛を改善

体の血流を悪くさせているのが、体の冷えです。体の冷えは、頭痛などの痛みを増強し、コリなども発生させます。

さらに慢性的に長引くことで免疫力が低下し、風邪や膀胱炎といった感染症を引き起こしやすくしてしまうのです。放っておくことで、脳卒中や高血圧のリスクを高めてしまうと言われています。

 

伊藤先生によると、そんな時はツボ押しが効果的なのだそう。

後頭部にある風池(ふうち)、上天柱というふたつのツボ。これらのツボは、肩や後頭部のコリが原因となる緊張性頭痛が悪化した場合に痛みを感じます。

これらのツボを押すことで、冷えや頭痛の改善につながるのだそう。

 

ソフトボールで自宅でも手軽にツボ押し!

先ほどのツボは、なかなか自宅で押すのは難しいものです。伊藤先生がオススメするのが、ボールでツボ押しをすること。用意するものは、軟式の野球ボールもしくはソフトボール1つのみ。

 

  1. 横になった状態で、ボールを後頭部に押し当てる
  2. 痛みを感じる場所がツボになります
  3. そのまま、ゆっくりと頭を左右に動かす
  4. 1日1回1分を目安に

 

あまり長くしたり、何度もやってしまうと揉み返しが起こるので注意しましょう。

早い人では3日目くらいから実感ができるようになるようです。また、このツボはドライアイにも効果的なツボだそうですよ。

 

シナモンパウダーが冷えにはオススメ!

女性ホルモン向上ラボ

冷えの改善にオススメの食材がシナモンです。シナモンには、血行促進をさせて身体の末端まで血を巡らせて冷え性を改善させる効果が期待できます。

そのため、美肌効果もあることでも注目されています。

 

オススメの食べ方が、シナモンハニートーストのアーモンドがけ。ハチミツには抗酸化作用で血管の老化を予防してくれる働きがあります。

また、アーモンドにはビタミンEが豊富なので、血流を改善する効果が期待できます。それぞれの相乗効果を狙って、冷え性を改善していきましょう!

 

※シナモンは成分の薬効が強いため、過剰な摂取は控えましょう。

 

 

舌の形が凸凹している人は夏バテに注意!

舌の側面のデコボコは水分調節がうまくできていない

舌の側面がデコボコがある人は、要注意です!伊藤先生によると、このように舌の側面がデコボコしてしまう大きな原因として考えられるのが、舌がむくみ状態になっているためなのだそう。

つまり、体全体の水分調整がうまくできていないと考えられます。舌の側面の凸凹は、体内の水分調整がうまくできていないというサインになります。

体内にある余分な水分を上手に出すことが出来ないと、舌がむくんだように大きくなり、歯に当たることで舌に歯形がつくのです。

 

夏バテ、むくみ…体の不調を引き起こす!

 

舌の形が凸凹している人は、体内の水分調整がうまくできていないため、発汗・体温調整にも支障をきたしやすいのです。外の暑さや冷たい飲み物、冷房などの温度変化に体力が奪われ、夏バテになりやすいので注意が必要になります。

体内の水分調整がうまくいかないと、むくみや頭痛、めまいといった症状を引き起こす可能性があります。

 

2ステップ全身浴で水分調節障害を改善!

女性ホルモン向上ラボ

 

自宅でも簡単にできる水分調節障害の改善方法が紹介されました。それが、2ステップ全身浴です。

下記の流れで入浴することで、体内の水分調整機能が改善されますよ。

 

  1. 前半5分は首まで浸かる⇒身体の表面や筋肉を温める
  2. 後半5分は胸の高さでつかり、足の指のマッサージをする⇒温められた血液により身体の中が温まる

 

合計10分以内であれば、体への負担が少なく、血流改善発汗機能の回復につながる効果が期待できます。2ステップ全身浴を行うことで、水圧で体内の余分な水分が血管に集められ、体外に排出されやすくなります。

 

夏場は、5分程度でも効果は期待できるそうです。また、高齢の方、心臓病がある方などは医師に相談のうえでくれぐれも注意して行いましょう。

 

 

舌チェックで健康状態が分かる!?

女性ホルモン向上ラボ

 “舌は胃の鏡”

漢方医学と聞くと、漢方薬のイメージがありますよね。漢方医学は、漢方薬の他に鍼灸やマッサージなども含める身近な医学でもあります。

昔から、漢方医学では舌は人の内臓や心身の状態をうつす鏡として考えられてきました。診断では、舌をみて体の状態を判断することもあるのだとか。

 

東洋医学ではなぜ舌で病気が分かるの?

伊藤先生によると、東洋医学は西洋医学とくらべて歴史が10倍ほど長いのだそう。西洋医学では診断名がつかないと治療が出来ません。

ですが、東洋医学では豊富な経験則から、舌の色苔の色などから、その人の体に何が起きているのかを診断できます。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?私も鏡を見ながら舌をチェックしてみました。たしかに、体調によって下の色が変わるのは自覚していたので納得でした。

私はまず、血液ドロドロが疑われるので、改善にチャレンジしてみようと思います!

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

-女性の健康【その他】
-, , ,

Copyright© 女性ホルモン向上ラボ , 2017 All Rights Reserved.