美容特集

【テカリを抑える3つの方法】夏のテカリ対策は今の下地のままでもOK!

投稿日:

夏が近付くと、途端に気になるのがTゾーンのテカリ。元々皮脂が多めの方もそうでない方も、なぜか気温が上がってくるとTゾーンがテカりだし、ふと横鼻に指を当てたら皮脂でぬるぬる…という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

最近は、皮脂の分泌を抑えるテカリ防止機能のある化粧下地も多く発売されていますよね。ですが、少なくとも今の下地を使い切るまでは新しいものを買いたくない、と思っている方も少なくないはず。

そこで今回は、下地を変えずにできるシンプルかつ効果的なテカリ対策をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

私たちの肌はなぜテカる?予想外の原因が!?

女性ホルモン向上ラボ

そもそも私たちの肌はなぜテカるのでしょうか。テカりとは、皆さんもご存知の通り毛穴から余計な皮脂が分泌されていることが原因で起こります。

しかし、余計な皮脂が分泌される原因をご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか。単純に「私はオイリー肌だから」と思っている方、それは違うんです。

 

実は、余計な皮脂が分泌されるのは「肌の乾燥」が原因であることが多いのです。肌が乾燥しているのに皮脂が分泌?と不思議に思われる方も多いかもしれませんが、そこにはきちんとした因果関係があります。

 

肌は、乾燥している状態だと外部からの刺激に弱くなっています。そのため、肌を守るためにはある程度の水分と、水分を蒸発させないための油脂のバリアが必要です。

しかし、現代はエアコンや環境汚染などで空気が乾燥しています。その結果、水分を失った肌は、自分自身を守るために毛穴から皮脂を分泌させるのです。

 

余分な皮脂が気になって、スキンケアをさっぱり系の化粧水だけで済ませたり、皮脂をあぶらとり紙でとったり、一日に何度も洗顔をしている方はいませんか?実は、あなたのそんなスキンケアが、肌のテカリをさらに悪化させている一因となっている可能性があります。

 

テカらない肌=水分と油分が満たされている肌

テカらない肌とは、水分と油分が十分に満たされている肌です。肌のテカリを抑えるためには、まずスキンケアをしっかりと行いましょう。肌のテカらない一日のためには、前日の夜からの準備が必要です。

 

まず、前日の夜メイクを落とした後のダブル洗顔をやめてください。クレンジングでメイクと一緒にある程度の皮脂は落ちています。

その後に洗顔をすると、顔の油分が完全に落ちてしまいます。皮脂を完全に失った肌は、慌てて更に皮脂を分泌させてしまいますから、これは肌のテカリに繋がります。

 

女性ホルモン向上ラボ

クレンジングを終えたら、顔をタオルで拭かずに化粧水でパッティングを行いましょう。掌でもコットンでも構いませんが、しっかりと肌の奥まで化粧水が浸透するまで何度もパッティングを繰り返してください。

具体的には、掌やコットンに乗せた化粧水を肌がもう吸い込まなくなるまで繰り返すのが理想的です。

 

続いて、美容液を挟んで乳液で蓋をしましょう。化粧水は単なる水分ですから、そのまま蓋をせずにおくと蒸発してしまいます。化粧水が蒸発する際には、肌が本来持っている水分も一緒に蒸発してしまいます。それを防ぐためにも、乳液は必須です。

既に乳液を使っているけれど肌がテカる、という方は、乳液の上に更にクリームを追加してください。テカリを抑えるための夜のスキンケアは、とにかく保湿が肝要です。

 

スポンサーリンク

 

朝のひと工夫でテカリを抑える

朝のスキンケアは、丁寧な洗顔から始めましょう。洗顔フォームやせっけんをもこもこに泡立てて、泡で肌を擦るようにして丁寧に洗います。

汚れを落とした後は、タオルを使わずに濡れている肌に直接化粧水をオンです。たっぷりとパッティングをして、美容液→乳液→クリームの流れまでは変わらず行います。

女性ホルモン向上ラボ

クリームを塗ってからすぐにメイクをするのは、化粧崩れが起きる可能性があるため、あまりお勧めできません。メイクを厚く塗り重ねることも肌の乾燥につながり、ひいては余計な皮脂の分泌すなわちテカリにつながります。

朝のスキンケアを終えたあとは、保湿剤が乾くまで朝食の用意をするなどして時間を有効に活用してください。

 

クリームがほどほどに乾いたら、まずは「ティッシュオフ」を行いましょう。普通のティッシュは2枚重ねになっていますが、それを1枚に分離させて、パックのように顔全体に密着させます。何度か繰り返して、顔の上に残った余分な保湿剤を取ってしまいましょう。

スキンケアのあとのベースメイクは通常、日焼け止め→化粧下地→ファンデーション→フェイスパウダーの順で行っている方が多いのではないかと思います。ここでもテカリを抑えるのに、ティッシュオフが効果的です。

 

余分な保湿剤を取ったあと、顔に日焼け止めを塗ったら、その後にもティッシュオフを行ってください。ここでも日焼け止めの余計な水分と脂分を吸い取ります。

そして、化粧下地を塗った後にもティッシュオフです。ファンデーションを塗った後にもティッシュオフをしましょう。なんどもしつこいようですが、肌に何層にも重ねるメイクは、つい厚くなってしまいがちです。

 

これをティッシュで取ってナチュラルな仕上がりにすることによって、肌の乾燥を防ぎましょう。最後にフェイスパウダーを重ねたあとは、普段通りの手順でメイクをして構いません。

 

女性ホルモン向上ラボ

最後の仕上げに化粧水スプレーでテカリを完全防御

メイクを完全に終えたあとに、テカリ防止にもう一工夫があります。普段使っている化粧水をスプレーボトルに入れておいて、顔にしゅっとひと吹きします。上から軽くティッシュを当てて水分を抑えてください。このときのティッシュオフは、あまり強く行うとメイクが崩れてしまいますから、あくまで軽くで構いません。

可能なら、この化粧水スプレーは持ち歩くとさらに効果的です。日中も、肌が乾燥している感じや突っ張っている感じがしたら、すかさずスプレーをしてティッシュで簡単に水分を抑えましょう。

 

スキンケアアイテムも化粧品も何も変えずに、ティッシュとスプレーボトルだけで肌のテカリはかなり改善することができます。テカリは肌からの「水分が足りないよ!」というSOSサインです。それをしっかりと読み取って、肌が求める対策をしてあげてくださいね。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

-美容特集
-, ,

Copyright© 女性ホルモン向上ラボ , 2017 All Rights Reserved.